企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

社員が笑顔で、生き生きと働くための
「キャリアカウンセリング」

法政大学キャリアデザイン学部教授・臨床心理士

宮城 まり子さん

昨今、「現場の社員に元気がない」「社員同士の関係が希薄になっている」という声がよく聞かれます。“不機嫌な職場”という言葉にも表されるように、働く現場ではさまざまな問題を抱えているにも関わらず、その解決法を見出せずに悩んでいます。このような状況下で組織が活性化し、生産性を向上していくためには、社員一人ひとりに対するしっかりとしたケアが必要です。では、コミュニケーション不全に陥っている職場や個人に対して、どのように支援していけばいいのか──。今回は臨床心理士として、またカウンセラーとしても豊富な経験を持つ、法政大学キャリアデザイン学部教授の宮城まり子先生に、社員が生き生きと働くためにどのようなアプローチが有効なのか、具体的なお話をうかがいました。

Profile

みやぎまりこ●慶応義塾大学文学部心理学科卒業、早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻修士課程修了。病院臨床(精神科、小児科)等を経て、産能大学経営情報学部助教授となる。1997年よりカリフォルニア州立大学大学院キャリアカウンセリングコースに研究留学。立正大学心理学部教授を経て、2008年4月から現職。専門は臨床心理学(産業臨床、メンタルヘルス)、生涯発達心理学、キャリア開発・キャリアカウンセリング。他方、講演活動や企業のキャリア研修などの講師としても精力的に活躍している。著書には、『キャリアカウンセリング』(駿河台出版社)『キャリアサポート』(駿河台出版社)『心理学を学ぶ人のためのキャリアデザイン』(東京図書)『成功をつかむための自己分析』(河出書房新社)などがある。

メンタルヘルスには、「キャリア」の問題が大きく関わっている

成功をつかむための自己分析

最近、職場におけるコミュニケーション不全、さらにはメンタルヘルスが大きな問題となっていますが、この点についてどのようにお考えですか。

メンタルヘルスに陥った人たちへの支援をしていると、実は「キャリア」の問題が大きく関わっていることに気づきます。仕事を通して自分が活かされている、成長していると感じられれば、たとえいま置かれている状態が厳しくても、精神的には健康です。しかし、そういうことを感じられずに目先の仕事について悩み出していくと落ち込みが激しくなり、メンタルな問題が発生してきてしまいます。

今までの施策というのは、メンタル的な部分のみの支援が中心で、一人ひとりが生き生きと働くことにあまり注力してきませんでした。昨今は、臨床心理学に加えて、キャリアカウンセリング的なアプローチを加えていくことが、働く人たちへの支援の中で欠かせないものだと私は考えています。

宮城先生は、キャリア研修などの講師もなさっていますね。

キャリア研修では、自分のキャリアについて立ち止まって考えることからスタートします。これから自分はどんなキャリアを歩みたいのか、現在の仕事の中で抱えている課題を将来の問題と結び付け、現在抱えている課題を乗り越えることによって得られるものは何かを明確化することによって、無駄なことは何もないことに気づくでしょう。

将来のキャリアを考える中で、問題を書き出し、自分の働き方を見つめ直して今をもう一度逆照射していく。「人間ドック」ではありませんが、「キャリアドック」に入ったような感じを持ってもらい、心身ともにリフレッシュした状態で、もう一度現場に戻っていける研修を心掛けています。

なるほど「キャリアドック」ですか。キャリア研修というのは、これからを展望するすごくいい機会ですね。

宮城 まり子さん Photo

ただ、自分の仕事やキャリアについて考え、気づき、変わっていくためには、一人でただ書き出しているだけではダメで、必ず仲間が必要です。

最近は、部署によっては同じ年代の人が少ないので、仲間と語り合うこともあまりないのかもしれません。人生について語り合ったり、自分は何を大切にして生きているか、働いているのか、ということなどを人に話したりしなくなりました。特に、今の若い人たちは自分の働き方を真面目に語るということをあまりしません。上司にしても、「精神論」を言わない人が多い。上司自身が自分の価値観や生き方、これまでどういう風にキャリアを積んできたかなどを、若い人たちにあまり話していないように思います。

その結果、業務情報の伝達だけで、自分を語る場、心を通わせる場、気づきの場となるような環境が職場に存在しないことが、メンタルヘルスの面でも問題となっているのではないでしょうか。

こうしたことに気づかれたのは、どのくらい前のことですか。

10年くらい前でしょうか。私は1997~98年までアメリカに留学していたのですが、その頃に感じたことです。アメリカではそれこそ幼稚園から高校まで、人生の早い段階からキャリア教育が充実しています。

子供たちに、何のために勉強するのかを問うています。将来、自分はどういう生き方をしたいのか、どんな働き方をしたいのか──その目的がないと勉強に対する動機付けができません。将来自分は社会でこういう仕事をして、世の中に貢献していきたいという目的があるからこそ、勉強しようという気持ちになるわけです。それが、ただいい高校や大学に入るために塾へ行って勉強しなさいと言っているだけでは、本当のやる気は起こりません。アメリカの子供たちがそうした将来の自分のキャリアや夢を語っているのを見て、日本との違いに驚いたものです。

宮城先生は大学院で社会人の方も教えていますが、そういう人たちはどうですか?

いま、大学院で学ぶ社会人が増えてきました。60歳の人もいれば、30代後半から40代にかけての働き盛りの人が、自分のキャリアを再設計したいということで、キャリアデザイン専攻の大学院で学んでいます。

仕事を終えて、夜6時30分から9時40分までの間、じっくりと勉強しています。皆で「キャリアって何だろう」と議論をしつつ多様な理論を学びながら、自分のこれからのキャリア設計へ組み込んでいく。まさに、キャリア理論を自ら実践しています。

「受け身」の姿勢の強い若者たち

一方、若い人たちをどのようにご覧になっていますか。

宮城 まり子さん Photo

最近の若い人たちを見ていると、相手の立場に立つことの下手な人が多いですね。少子化の中で、常に親から欲しいモノを与えられ、受け身の姿勢で人生を過ごしてきたためか、どうやったらお客様に喜んでもらえるのか、上司はこの仕事を与えるに際し、自分に何を期待しているのか。さらには、上司を喜ばせるにはどうしたらいいのか…といったことになかなか思いが至りません。

10を期待された仕事に対して、自分では15の結果を出そうと考えたら、自己啓発せざるを得ません。それなのに、与えられたものだけをやればいいと思っている若い人たちが多い。

やはり、小さい頃から受け身の姿勢で育ってきたことが原因にあって、それが思考や行動パターン特性になっている。そうした状況が、この10年くらいで顕著になってきたように思います。

あるいは、家庭や学校教育の問題、そして企業の中での問題それぞれが関係し合っているのかもしれませんね。

原点は家庭にあると思います。親の過保護・過干渉です。最近、若い人のキャリア相談を受けると、自分はこんな仕事をするためにこの会社に入ってきたのではないと言う人がいます。自我が肥大化した結果、いわゆる「オレ様」「お姫様」状態になってしまっているのです。いま、自分に与えられたものの中で、そこから何を得て、どう成長していけるのか。そういう謙虚な姿勢が皆無なのです。世の中は、自分の思い通りになると考えている人が多く、他の人の立場を思いやれない。

そんな環境で育ってきたという前提を知った上で、会社は対応していかなければならないのですね。

大学でも、メールや私語が多くて、授業が進まないことも少なくありません。自分の都合で遅刻しても、それを悪びれるふうもなく、許してもらえると思っている。周りが自分に合わせてくれるのは当然と考えています。小さな頃から自分が中心で育てられてきたために、かつては考えられなかったようなことが、今や当たり前となっています。

会社でも、「自分がやりたい仕事を与えてくれ」という若手が増える事態が頻発しています。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった1
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが参考になったでオススメしました
大阪府 商社(専門) 2020/10/14

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

尾形真実哉さん:
リアリティ・ショックの扱い方がポイントに
新入社員の組織適応を促す要素とは
この4月に、新入社員を迎えた企業は多いでしょう。昨今の労働力不足を考えると、採用した人材が組織に定着し、長きにわたって活躍するしくみを整えることは、企業にとって...
2020/07/13掲載
中川功一さん:
「ダイバーシティ」と「経営理念・ビジョンの浸透」
ぶつかりあう二つの考え方を両立させるマネジメントとは
多様性のある職場は働きやすく、イノベーションを生み出すのにも効果的。もはや、企業にとってダイバーシティが重要であることを疑う人事パーソンはいないと言ってもいいで...
2020/07/03掲載
石黒圭さん:
そのチャットでは、本音が交わされていますか?
「非対面コミュニケーション」の時代に人事が取り組むべきこととは
2020年4月以降、多くのビジネスパーソンがオフィスを離れ、対面での会話ができなくなったことで、オンラインでのチャットのやり取りなど「テキストによるコミュニケー...
2020/06/24掲載

関連する記事

1on1の導入割合は4割超。上司の傾聴力が成功の鍵に
『日本の人事部 人事白書2020』から、1on1ミーティングについての調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
宍戸拓人さん:
「対立」はイノベーションの源泉
組織を前進させるコンフリクト・マネジメントとは
異なる流儀や価値観を持つ個人の集まりである以上、組織内で起きる「対立」は避けては通れないものかもしれません。組織をマネジメントする立場の人からすれば、社員同士の...
2020/05/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”
メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える
人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。職場の活力を左右する職場のメンタルヘルス、産業保健に関心が集まっている。どうすれば従業員が...
2020/03/02掲載注目の記事
帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~
働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を守るための施策を考えるだけが目的ではありません。従業員の健康を増進することが、仕事への活力...
2019/01/08掲載注目の記事
本誌特別調査
旧姓使用を認めている企業は67.5%
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況(労務行政研究所)~
企業で広く取り入れられている18分野・191制度の実施率と10制度の改廃状況について調査した「人事労務諸制度実施状況調査(2018年1~4月実施)」結果を抜粋し...
2018/12/10掲載人事・労務実態調査

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。