企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

突然の申入れにどう対応するか?
合同労組からの団交申入れのパターン&基本的対応法

弁護士

山田 洋嗣

1. 労使トラブルの増加と合同労組の関与

(1) 個別的労使紛争に主として関与

労使トラブルの増加と合同労組の関与

いわゆるリーマンショック後の急激な景気の悪化、インターネットによる情報収集の容易化等に基づく労働者の権利意識の拡大、法曹人口の増員、労働審判手続に代表される労働紛争解決手続の拡充等により、近時、労使紛争が増加傾向にあります。

そして、上記増加傾向にある労使紛争において、近年、その存在感を大きくしているのが、いわゆる合同労組やユニオンと言われる企業外労働組合です(以下、「合同労組」という)。

合同労組については、明確な定義はありませんが、一般に「中小企業労働者を主たる組織対象とし、企業の中ではなく一定地域を団結の場として組織された労働組合であり、個人加入の一般労組を純粋型とするもの」等と把握されています。

大企業、中堅企業を中心に、我が国の組織労働者の約9割は、いわゆる企業別労働組合に加入しており、これら 企業別労働組合が労使協議手続を中心に協力的な労使関係を確立した1980年代後半以降、裁判所や労働委員会では、企業別組合が当事者になった事件は減少 し、代わって、合同労組が当事者となる事件が増加し、近年は労働委員会における不当労働行為申立や争議調整申請の過半を合同労組が当事者である事件が占め ていると言われています。また、近時激増している個別的労使紛争に主として関与しているのも合同労組です。

周知の通り、現在、多数の合同労組がインターネット上にホームページを有しており、ブログ等を活用して自ら の活動内容を広報し、同ホームページを窓口にして労働相談を実施し、必要に応じて、その相談者を組合に加入させたうえで、団体交渉を申入れ、それと並行し て、労働基準監督署や労働局等の行政機関への申告、団体行動権の行使、訴訟の提起、労働委員会への不当労働行為救済申立等を行っています。

上記合同労組が労使紛争に関わる経緯からもわかる通り、合同労組が関与する事件の多くは、個別的労使紛争を契機としたものであり、また、トラブルが発生した後に、組合への加入手続が行われるケースが多いと思います。

集団的労使紛争については、個別的労使紛争の解決にあたり、団体交渉の申入れが行われた際、使用者の対応に不備があった場合や、個別的労使紛争の解決を優位に進めるための、いわゆる「てこ」とするために、生起することが多い、というのが実務家としての印象です。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務関連コラムのバックナンバー

ハローワーク新システム開始!
人を集める求人票の書き方
今、人手不足はあらゆる業種で大きな問題となっています。特に中小企業では、大企業のように求人募集に割ける費用にも限りがあり、人手不足に頭を悩まされている企業も多い...
2020/05/22掲載
今春から改正健康増進法が全面施行!
企業がどこまでできる!?仕事中・私生活上の喫煙制限
令和2年4月1日に改正健康増進法および東京都受動喫煙防止条例が全面施行されます。これに向けて企業および官公庁の喫煙対策が加速しています。「喫煙した職員にその後4...
2020/03/06掲載
悪質クレームに対応する従業員ケアの必要性と対策
年々増加する不当クレーム・悪質クレーマーから従業員を守るにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、クレーム対応の考え方や、体制整備の進め方について解説します。
2020/01/17掲載

関連する記事

【保存版】死亡労災事故等が起こったときに担当者がやるべきこと
お通夜・告別式、弔問、事実関係の説明、資料の交付、労災申請等
不幸にして従業員に労災事故等が起こってしまった場合、遺族に対してどのように対応したら良いのでしょうか。遺族への対応について気をつけなければならないポイント、実際...
2016/05/11掲載人事・労務関連コラム
【監督行政が“ブラック企業”対策強化】
今こそ確認しておくべき、長時間労働者の「健康管理」の実務
2013年9月から、労働基準監督署による、いわゆる「ブラック企業」への集中的臨検(立入調査)が行われました。本記事では、これらの指導・監督の傾向を踏まえた長時間...
2014/01/20掲載人事・労務関連コラム
従業員に対し「能力不足」による降格を実施する場合の
法的留意点と踏むべき手順
「能力不足」による降格は、解雇よりも容易だとして、安易に検討されがちですが、降格の効力をめぐる紛争は決して少なくありません。説明義務、資格や賃金との連動性など、...
2013/09/20掲載人事・労務関連コラム
スパルタ研修は「アリ」なのか?新人研修・従業員研修をめぐるQ&A【後編】
「新人研修・従業員研修」に関する課題について、人事・研修担当者の皆さんが知っておくべき事項を、Q&A形式で裁判例などを挙げながら、弁護士・岩出 誠 氏が詳しく解...
2011/11/21掲載人事・労務関連コラム
労使トラブル事例と実践的解決方法(下)~年休、退職金、メンヘル休職者の解雇・休業手当をめぐるトラブル
本記事は前回に引き続き、労基署の主要任務といえる労基法遵守をめぐる労使トラブルの事例を挙げ、これに対する条文解釈と実践的な解決方法を解説するものです。
2010/03/08掲載人事・労務関連コラム

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...