企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ウチキリホショウ 打切補償

業務上の事由で従業員が負傷したり病気になったりした場合、使用者は従業員に対して全治するまで必要な補償(療養補償)を行う責任を有します。「打切補償」とはこれに対し、労働基準法81条が、使用者負担を軽減する趣旨で規定している免責措置。療養開始後3年を経過しても、負傷または疾病が治らない場合に限り、使用者が平均賃金の1200日分の打切補償を支払うことを条件に、以後の労基法に基づくすべての補償責任を免れる制度をいいます。
(2012/4/23掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

打切補償のケーススタディ

平均賃金1200日分で解雇も可能に
現実的な対応は傷病補償年金への移行

労働基準法(以下、労基法)は、第8章で災害補償について定め、労働者が労働災害で負傷したり、疾病にかかったりした場合の使用者の補償責任を規定しています。そしてこの補償責任の履行を迅速かつ安定的に実施するため、企業には労働者災害補償保険法(労災保険法)によって労災保険への加入が義務付けられています。企業が労災保険の保険料を支払う代わりに、国が補償の負担をまかなう。つまり労基法に基づく災害補償を社会保険として行うことで、従業員への療養補償などの支給を、保険者である政府が肩代わりするしくみが確立されているわけです。

労災保険では、労働災害による従業員の傷病が療養開始後1年6ヵ月を経過しても治癒しない場合は、所轄労働基準監督署により傷病等級(1~3級)に応じて傷病補償年金の支給決定がなされます。支給が決定すると、それまで受けていた休業補償は受給できず、以後は年金受給に切り替わるのです。労災保険法19条によると、この傷病補償年金を、療養開始後3年が経過した時点で従業員がすでに受給している場合はその日に、また同日以降の受給が決まっている場合はその受け取り開始日において、使用者は「打切補償」を支払ったものとみなされます。

打切補償」を行うと、企業はそれ以降の補償責任を免れるだけでなく、労基法19条の定める解雇制限(労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかり、療養のために休業する期間及びその後30日間は解雇してはならない)も解除され、当該従業員の解雇が可能になります。ここが、打切補償制度の重要なポイントです。

ただし打切補償の本来の条件である「平均賃金1200日分の支払い」は、1日1万円としても1200万円とかなり高額になりますから、企業にとって決して小さな負担ではありません。実際、復帰が見込めない従業員を解雇するために、この手段をとるケースはそれほど多くないようです。そこで着目されるのが、打切補償が支払われたものとみなされる先述の「傷病補償年金への移行」という条件。大半の企業は、平均賃金1200日分を支払う代わりにこのしくみを活用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

法定外補償制度
業務や通勤に起因した労働者の負傷、疾病、障害、死亡などに対して、労働者災害補償保険法(労災保険法)による労災補償給付とは別に、企業が独自の立場から補償給付の上積みを行う制度です。
労働災害
労働者が業務中や通勤途中に、事故や災害などによって、負傷したり、疾病にかかったり、障害が残ったり、死亡したりした場合、これを労働災害(労災)といいます。労災を被ったすべての労働者には、労働者災害補償保険(労災保険)が適用され、労働者本人およびその家族の生活の安定を保障するために必要な保険給付が行われ...
試用期間
試用期間とは、新たに雇用した従業員を正式に採用するかどうか、判断するために設ける一定期間のことをいいます。

関連する記事

「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
新企業年金制度と企業をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/04/25掲載人事・労務実態調査
岩瀬達哉さん これから「厚生年金」はどうなるのか
現在43歳以下の男性サラリーマンは65歳からでないと年金を満額受け取れません。厚生年金はどうしてこんなことになったのか。ヨーロッパのような手厚い年金制度を、なぜ日本はつくることができないのでしょうか。複雑で全体像が見えにくい日本の年金について、ジャーナリストの...
2005/03/18掲載キーパーソンが語る“人と組織”
中堅・中小企業調査──業務・通勤災害の法定外補償
労働災害の発生に備え、多くの企業では、労災保険法による法定給付に加えて、独自の上積みを図るための法定外補償(付加給付)制度を設けています。労務行政研究所では、主要企業を中心に、1、2年に1度、業務災害・通勤災害における法定外上積み補償の水準調査を行っていますが...
2010/02/01掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

遺族補償一時金について
いつも利用させていただいております。 労災(死亡事故)の場合に、遺族補償年金あるいは遺族補償一時金が支払われるかと思いますが、 これらは損害賠償額から相殺することはできるようでしょうか。 宜しくお願いいたします。
労災休業補償について
平成14年12月に業務中負傷した従業員が休業をしております。年齢が当時69歳(現在72歳)ということもあり、現在まで休業が続いており、労災保険による休業補償が継続しております。 休業補償の期間限度はあるのか、打ち切り補償について、会社として雇用解除を含めて、今後はどのような対応を図っていけばいいか、...
労災休業補償について
平成14年12月に業務中負傷した従業員が休業をしております。年齢が当時69歳(現在72歳)ということもあり、現在まで休業が続いており、労災保険による休業補償が継続しております。 休業補償の期間限度はあるのか、打ち切り補償について、会社として雇用解除を含めて、今後はどのような対応を図っていけばいいか、...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 労務・法務 ]
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。