企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

労働関係・社会保険の改正項目を一元整理

社会保険労務士

安部敏志

3 複業の推進とセーフティネットの整備

高年齢者の活用と同様に、少子高齢化に伴う労働力不足への対応として期待されているのが複業です。

実際、複業に対する働く人のニーズは高まっており、そうしたニーズを踏まえ、国も近年複業を推進している状況です。

しかし、現在の雇用保険制度や労災保険制度は、「一人が1社で働く」という前提で設計された制度となっており、複業の推進の阻害要因となっています。例えば、現在の雇用保険制度では、複数の事業所で働いている人であっても、雇用保険被保険者になれるのは一つの事業所でのみであり、週の所定労働時間が20時間未満であれば被保険者の対象になりません。

また、現在の労災保険制度では、例えばA社とB社で複業していてA社で業務災害に遭った場合、労災保険給付はA社の賃金額のみを基に計算されますが、実際にはA社だけでなくB社でも勤務できなくなるはずであり、B社からの賃金をまったく得ることができなくなってしまいます。

このように国が複業を推進する一方で、失業や被災した場合の法制度のセーフティネットとして不備がある状態であったことから、改正がなされたものです。

1.被保険者期間の算入基準に労働時間を追加

まず、令和2年8月1日から、被保険者期間の算入基準として、労働時間が補完的に追加されます。失業等給付の受給のための被保険者期間に算入する基準として、従来から「賃金支払の基礎となった日数が11日以上である月」という条件がありますが、これを満たせない場合、「当該月における労働時間が80時間以上」という条件を満たす場合には、被保険者期間に算入されることになります。

現在、週の所定労働時間が20時間以上、雇用見込み期間が31日以上である等の要件を満たせば、雇用保険被保険者として適用されますが、例えば、週2日と週3日の労働を定期的に継続する場合には、雇用保険被保険者の資格を満たすにもかかわらず、賃金支払の基礎となる日数が11日未満となることがあり、失業等給付の受給のための被保険者期間に算入されない状況が生じています。法改正により失業等給付の受給者の増加が期待されます。

2.複数業務要因災害に関する保険給付の導入

また、公布後6月を超えない範囲内で政令で定める日ということで、令和2年中に施行される改正内容ですが、複数就業者の複数事業の業務を要因とした労災保険給付制度が創設され、複数就業先の賃金に基づき給付基礎日額が算定されます。これにより、上記のようなA社で業務災害にあった人が労災保険給付を受給する際には、A社の賃金額だけでなく、B社の賃金額も基に給付額が計算されることになります。

通勤災害についても、通勤は労務の提供と密接な関連をもった行為であり、業務災害に準じて保護すべきものであるとの考えから、複数就業先の賃金を合算したうえで給付額が算定されることになります。

ただし、労災保険制度における複数就業者とは、被災(疾病の発症を含む)したときに以下に該当する者を指します。

① 同時期に複数の事業と労働契約関係にある者
② 一以上の事業と労働契約関係にあり、かつ他の就業について特別加入している者
③ 複数就業について特別加入している者


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務関連コラムのバックナンバー

この事例ではどう判断される?
テレワーク時の労働災害
テレワーク時にどのような労災が生じやすく、また、どのような対策が有効であるか解説します。なお、テレワークの形態では在宅勤務が圧倒的に多いようですので、本稿では在...
2020/09/16掲載
ハローワーク新システム開始!
人を集める求人票の書き方
今、人手不足はあらゆる業種で大きな問題となっています。特に中小企業では、大企業のように求人募集に割ける費用にも限りがあり、人手不足に頭を悩まされている企業も多い...
2020/05/22掲載
今春から改正健康増進法が全面施行!
企業がどこまでできる!?仕事中・私生活上の喫煙制限
令和2年4月1日に改正健康増進法および東京都受動喫煙防止条例が全面施行されます。これに向けて企業および官公庁の喫煙対策が加速しています。「喫煙した職員にその後4...
2020/03/06掲載

関連する記事

職場のモヤモヤ解決図鑑【第5回】
副業を認めたいのに就業規則に記載がない! 何から始めればいい?
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/09/10掲載編集部注目レポート
副業・兼業を「認めていない」企業が6割近く
従業員の「副業」「兼業」を認めているかどうかを聞いたところ、最も多かったのは「認めていない」で6割近くを占めました。肯定・黙認の割合は37.0%ですが、この約半...
2020/09/01掲載人事白書 調査レポート
「働き方改革」推進に向けての実務(5)副業
副業経験が、人材の成長につながる?少しずつ解禁に向けて動き出した「副業」への対応の現状と課題。
2017/03/31掲載よくわかる講座
106万円の壁~社会保険料の負担OK企業が増加~
2016年10月、社会保険の適用範囲が拡大されました。社会保険の対象となる労働者が増えれば、その分企業側の負担も増えます。そのため、適用基準以下になるように、労...
2017/01/13掲載新卒・パート/アルバイト調査
アルバイト・パート採用の「法的留意点」
法律上の労使関係でいえば、アルバイト・パートと正社員は全く変わらない。トラブルを事前に防ぐ適正・かつきめ細やかな人事労務管理のポイントとは?
2016/07/29掲載よくわかる講座

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...