企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

がん患者等の就労支援
ガイドラインと企業対応

森本産業医事務所 代表

森本 英樹

7. まとめ

今回、ガイドラインが発行され「治療と職業生活の両立支援」が注目を浴びるようになっていますが、古くから存在する課題でもあります。1)従業員が自身の健康状態を忌憚なく上司に説明し、医学的に配慮が必要と考えられる場合には、医学の専門家とコミュニケーションをとり、その情報を基に就業の可否、就業上の配慮を職場が判断すること、2)そのために必要な社内制度を整えることの2点が重視されています。

photo

本稿では割愛していますが、家族・親族の介護による離職・配慮を希望する従業員(いわゆる介護離職や異動拒否など)が筆者の周囲で目立つようになってきています。高齢化が進む中、何らかの事情で、就業の何かしら(時間、場所、業務内容など)に配慮が必要な方が今後さらに増加することが考えられます。

本稿ではガイドラインの解説を中心に述べてきましたが、より高次である人事制度の設計と適切な運用(就業規則・評価制度など)や、従業員の突然の休業にも対応できる業務管理(進捗管理、マニュアル化、多能工化など)があってこそ、人材の多様化に対応した形で仕事と家庭生活の両立支援ができ、個々の従業員が最大限に力を発揮することができます。一人ひとりが、かけがえのない存在として従業員を大切にしつつも、個人に過度に依存せずチームで業務を進めていく運営を行うことが、両立支援に限らず重要な内容であると筆者は考えます。

【参考文献】

1) 厚生労働省 「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」を公表します。~がんなどの疾病を抱える方々の治療と職業生活の両立を支援する企業に向けて~
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000113365.html

2) 国立研究開発法人国立がん研究センター がん対策情報センター 最新がん統計
http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

3) 東京都福祉保健局 「がん患者の就労等に関する実態調査」報告書
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/iryo_hoken/gan_portal/soudan/ryouritsu/houkoku.html

4) 厚生労働省 事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11201250-Roudoukijunkyoku-Roudoujoukenseisakuka/0000113625_1.pdf

5) 産業医科大学実務研修センター「がん就労」復職支援ガイドブック 厚生労働科学研究 (高橋都班)「働くがん患者と家族に向けた包括的就業システムの構築関する研究
http://ohtc.med.uoeh-u.ac.jp/cancer.pdf

6) 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 メンタルヘルス、私傷病などの治療と職業生活の両立支援に関する調査
http://www.jil.go.jp/institute/research/2013/documents/0112.pdf

7) 難病患者・中途障害者の就労継続支援を考える研究会 難病に罹患した従業員の就労支援ハンドブック
http://www.med.kitasato-u.ac.jp/publichealth/docs/handbook.pdf

8) 厚生労働省 平成27年就労条件総合調査結果の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/15/index.html

9) 総務省 平成26年通信利用動向調査の結果
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/150717_1.pdf

10) 厚生労働省 雇用管理に関する個人情報のうち健康情報を取り扱うに当たっての留意事項
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/PDF_7.pdf

11) 厚生労働省 がん対策推進基本計画
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/gan_keikaku.html

12) がん対策推進企業アクション事務局 がん対策推進企業アクション
http://www.gankenshin50.mhlw.go.jp/

13) 国立研究開発法人国立がん研究センター がん対策情報センター 診断されたらはじめに見るがんと仕事のQ&A
http://ganjoho.jp/data/public/qa_links/brochure/cancer-work/cancer-work.pdf

14) 高橋都 森晃爾 錦戸典子『企業のためのがん就労支援マニュアル』労働調査会

15) 厚生労働省 女性労働者の母性健康管理のために


http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/seisaku05/index.html

16) 厚生労働省 職場定着支援助成金(個別企業助成コース)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/teityaku_kobetsu.html

17) 厚生労働省 障害者職場復帰支援助成金
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000081479.html

『ビジネスガイド』は、昭和40年5月創刊の労働・社会保険の官庁手続、人事労務の法律実務を中心とした月刊誌(毎月10日発売)です。企業の総務・人事・労務担当者や社会保険労務士等を読者対象とし、労基法・労災保険・雇用保険・健康保険・公的年金にまつわる手続実務、助成金の改正内容と申請手続、法改正に対応した就業規則の見直し方、労働関係裁判例の実務への影響、人事・賃金制度の構築等について、最新かつ正確な情報をもとに解説しています。ここでは、同誌のご協力により、2016年7月号の記事「がん患者等の就労支援 ガイドラインと企業対応」を掲載します。『ビジネスガイド』の詳細は、日本法令ホームページへ。

【執筆者略歴】 森本 英樹(もりもと ひでき)●森本産業医事務所 代表。医師、医学博士、日本産業衛生学会指導医、社会保険労務士、労働衛生コンサルタント。産業医科大学医学部卒業、千葉大学医学部大学院環境労働衛生学講座修了。勤務医・大学・鉄鋼業専属産業医の経験を経て、開業。社会保険労務士資格を持つ開業産業医として、労働衛生に関わるコンサルティングや企業の嘱託産業医、実務家視点でのセミナー講師、執筆等を行っている。。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務関連コラムのバックナンバー

この事例ではどう判断される?
テレワーク時の労働災害
テレワーク時にどのような労災が生じやすく、また、どのような対策が有効であるか解説します。なお、テレワークの形態では在宅勤務が圧倒的に多いようですので、本稿では在...
2020/09/16掲載
労働関係・社会保険の改正項目を一元整理
令和2年の通常国会に提出された法改正の内容と企業実務への影響について、ビジネスガイドでは、4月号で「雇用保険、労災保険、高年齢者の雇用等の労働関係」の改正、5月...
2020/07/17掲載
ハローワーク新システム開始!
人を集める求人票の書き方
今、人手不足はあらゆる業種で大きな問題となっています。特に中小企業では、大企業のように求人募集に割ける費用にも限りがあり、人手不足に頭を悩まされている企業も多い...
2020/05/22掲載

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第118回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは(後編)
「公的資料」を使って「働き方改革関連法」を徹底理解する
近年、労働に関する「法改正」が進展する中、人事担当者の「法律」(労働関連法令)への正しい理解と適切な対応は、需要なスキルとなっている。「後編」では「働き方改革関...
2019/11/21掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは(前編)
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか
近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事...
2019/11/13掲載人事マネジメント解体新書
日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座
従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台で...
2019/10/21掲載イベントレポート
【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応
2017年度、厚生労働省が開催した「柔軟な働き方に関する検討会」で取り上げられた「テレワークガイドライン」(正式には「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な...
2018/07/11掲載人事・労務関連コラム
株式会社クレディセゾン:
がんとともに生きていく時代 
社員が治療と仕事を両立するために人事ができることとは(後編)
36歳の時に乳がんと診断され、手術を受けた後、職場に復帰した経験の持ち主である、株式会社クレディセゾン取締役の武田雅子さん。前編では、ご自身の経験から、がんと診...
2017/08/21掲載となりの人事部

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...