企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジタンギレ 時短切れ

「時短切れ」とは、企業が規定する時短勤務の適応期間が過ぎてしまい、それ以上制度を利用することができなくなる状態のことをいいます。企業によっては「小学校入学まで」などといった独自の緩和条件を設定しているところもありますが、国が定める「改正育児・介護休業法」では、「3歳未満の子を育てていること」が「時短勤務」対象の条件となっています。時短切れにより保育園の送迎に間に合わないことから、派遣労働といった時間の調整が可能な仕事に変わる「時短切れ転職」も問題視されています。

時短切れのケーススタディ

「3歳の壁」の次は「小1の壁」
育休制度の拡充で、就業継続率を上げられるか

内閣府の調査によると、出産後も育休を利用して就業を継続する女性が増えています。2005年~09年に27.1%だった育休を利用しての就業継続者が、10~14年の調査では39.2%にまで増加。未だ出産を機に半数近くの女性が退職を余儀なくなれているのは事実ですが、女性の社会進出や働き方改革など、社会全体で子育てを支援する気運は少しずつ高まってきています。

国の法令で定める「3歳の壁」を超えられたとしても、次に待ち構えているのは「小1の壁」です。企業も良かれと思って時短の条件を「小学校入学まで」と独自に定めているところも多いようですが、ワーキングマザーの中では「小1こそ大変だ」という声が上がっています。

小学校1年生の場合、入学当初は授業が4時間目までの午前中のみ。徐々に昼食後の5時間目が導入されますが、それでも14時頃には授業が終わってしまいます。その後、子どもたちが過ごすのは保育園に変わる「学童保育」。ここでワーキングマザーを悩ませるのはその閉所時間です。保育園の場合、自治体の運営なら19時頃まで、私立ならさらに遅い時間まで子どもを預かってくれるところもあります。しかし、学童保育は17~18時頃に閉まってしまうのです。

ここに当事者と企業の認識のズレがあります。企業側は「小学生になれば、ある程度は楽になるだろう」と考え、時短勤務に小学校入学までという期限を設けます。しかし親からすると送迎時間の制約が厳しくなり、小学校だからこそサポートしなければならないことも増えます。例えば、持ち物。保育園の場合はおむつや着替え程度で済みましたが、小学校では、文房具や授業で使う物を購入して持たせなければいけないこともあります。印刷物や連絡帳でのコミュニケーションが未だ主である教育現場では、プリントに気付かなかったため子どもに忘れ物をさせてしまうことが頻繁に起こりえるのです。

最近では「小1の壁」という言葉が働く親の中で共通言語になってきており、それを受けた企業が時短期間を「10歳まで」に延長する事例も出てきています。子どもを持つ親が仕事を続けていけるよう、互いの事情について、企業と従業員はきちんとコミュニケーションを取り、認識のズレを解消していくことが大切です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

小1の壁
「小1の壁」とは、共働きの家庭などで子どもが小学生になった途端、放課後の預け先が見つからず、親が従来の働き方を変える必要に迫られたり、退職を余儀なくされたりする問題を指す造語です。日中保護者が家にいない児童の放課後の預け先としては公的制度の学童保育が一般的ですが、利用者の増加に整備が追いついていない...
キャリアロス
「キャリアロス」とは、労働者が休職などで職場を離れることにより、査定・昇進面でのマイナス、スキルやモチベーションの低下を招き、復帰後のキャリアに支障が出る現象を指す言葉です。日本で仕事と育児の両立や女性の管理職登用が進まない要因のひとつに、育児休業や時短勤務に伴うキャリアロスの問題があるといわれます...
3歳の壁
「3歳の壁」とは、0~2歳児向けの保育施設に子供を預ける保護者が、3歳以降の預け先探しに苦労する問題のことです。待機児童対策として0~2歳児のみが対象の保育施設が増設された結果、3歳以降の受け皿不足が起こり、もう一度“保活”(=保育園探し)に奔走しなければならない保護者が増えています。2015年4月...

関連する記事

女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。 「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
フルタイム以外の人材紹介
子育てや介護などでフルタイムは働けない人の場合、これまではパートタイマーのような簡単な仕事を選択することがほとんどだった。しかし、「短い時間でもキャリアを生かしたい」という企業側と人材側、双方のニーズが高まってきている。人材紹介会社にも「多様な働き方」への対応...
2017/03/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
時短申請者の有休日の給与支給について
当社では時短の場合は、時短の時間×時給で時短部分の給与を引いて給与を支払っています。時短申請している社員が有休またはゾーン休暇で休んでいる場合も、申請している時短部分を差し引いて給与を支払うべきでしょうか?法律ではこれに関する規定があるのでしょうか?ない場合は、一般の企業はどうされているのでしょうか...
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。