企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キャリアロス キャリアロス

「キャリアロス」とは、労働者が休職などで職場を離れることにより、査定・昇進面でのマイナス、スキルやモチベーションの低下を招き、復帰後のキャリアに支障が出る現象を指す言葉です。日本で仕事と育児の両立や女性の管理職登用が進まない要因のひとつに、育児休業や時短勤務に伴うキャリアロスの問題があるといわれます。
(2014/11/25掲載)
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリアロスのケーススタディ

長期の育休や時短はキャリアにマイナス
補助的業務ばかりで能力開発の機会失う

日本生産性本部が2014年1月に発表した「第5回コア人材としての女性社員育成に関する調査」によると、企業の課長(相当職)、部長(相当職)、役員の各役職に占める女性社員の比率は、従業員300人未満の小規模企業でそれぞれ15.5%、7.1%、6.2%、300人以上1000人未満の規模で11.0%、4.1%、1.1%、1000人以上3000人未満で6.4%、2.3%、0.9%、3000人以上の企業では4.8%、1.7%、2.7%となり、おおむね各役職とも企業規模が大きくなるにつれて、女性比率が少なくなっています。

多くの企業が女性の活躍を期待して、仕事と子育ての両立支援の推進に取り組むようになり、特に大企業では近年、法定以上の育児休業や短時間勤務を導入する企業が大幅に増えました。2、3年間の育休や、子どもが小学3年生になるまで利用できる時短制度を提供するケースも珍しくありません。それでも先のデータを見るかぎり、実際には大企業ほど女性の昇進・登用が難しく、女性活躍が進んでいないのが現状です。

そうした現状について、企業が両立支援を充実させた結果、妊娠・出産を機に離職する女性は減ったものの、単に女性が辞めなくなったというだけで、それが“戦力化”にはつながっていない、という意見もよく聞かれるようになりました。大和総研主任研究員の河口真理子氏は自身の論文で、現在のワークライフバランス推進策により、「家庭責任が主で、会社では補助的な仕事を行う女性社員」が大量に作り出されたと分析しています。優秀な女性社員が、家庭責任を果たすために、育休や時短勤務などの支援策を何年もフル活用することで、復帰後のキャリアップに支障をきたしている、つまり大量の「キャリアロス」が発生しているというのです。

「子どもが小さいうちは育児に時間をあてたい」「両立する自信がない」などの理由で、女性社員の側から管理職を辞退したり、降格を望んだりするケースも多いでしょう。また、本人がいくら優秀で意欲的でも、上司としては仕事と子育ての両立への配慮から、短時間勤務を使って復帰した女性社員にチャレンジングな仕事は任せにくいこともあります。キャリアは仕事の難易度が高まるにつれて形成されるものですが、補助的な仕事しか与えられない状況では能力開発の機会を逸し、キャリアにマイナスの影響が生じるだけでなく、本人の仕事へのモチベーションまで失われやすいのです。

育休や短時間勤務など両立支援制度の拡充には、社員にとって働き方の選択肢が広がるメリットがある一方、長期の利用によってキャリアロスが生じる可能性があることも留意しなければなりません。各種制度の導入・拡充にあたっては、ただ女性の労働時間を減らせばいいという発想ではなく、仕事のやりがいと効率を両立させながら、女性がきちんと能力を発揮できる環境の整備が不可欠。社員のキャリアロスは、雇用する企業にとっても大きなロスになりうるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

マミー・トラック
「マミートラック」とは、子どもを持つ女性の働き方のひとつで、仕事と子育ての両立はできるものの、昇進・昇格とは縁遠いキャリアコースのことです。職場の男女均等支援や仕事と育児の両立支援が十分でない場合、ワーキングマザーは往々にして補助的な職種や分野で、時短勤務を利用して働くようなキャリアを選ばざるをえな...
バリキャリ・ゆるキャリ
「バリキャリ」とは、“バリバリ働くキャリアウーマン”を略した言葉で、仕事こそ自己実現の手段と考え、私生活の充実よりも職場での成功やキャリアアップを優先する女性の生き方、価値観を表します。これに対し「ゆるキャリ」とは、決して仕事第一ではなく、家庭生活を大切にし、自分の趣味や交友も楽しみながらマイペース...
キャリアショック
「キャリアショック」とは、国内のキャリア研究の第一人者である、慶應義塾大学大学院特任教授の高橋俊介氏が同名の著書で提唱した概念で、自分が積み上げてきたキャリアや描いてきたキャリアの将来像が、想定外の環境変化や状況変化によって短期間のうちに崩壊してしまうことをいいます。変化の激しい時代を生きるビジネス...

関連する記事

女性の本音に迫る 働く女性の仕事と家庭、企業の取り組みに関するアンケート
「女性は管理職になりたがらない」――果たして “女性の意識” はそれほど低いのだろうか。女性活躍推進の課題として指摘されるのが、女性側の意識問題。今回は働く女性のキャリア意欲、仕事に対する考え、家庭と両立しながら働き続けていく上での不安、企業の女性活躍推進の取...
2015/08/21掲載人事・労務実態調査
女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。 「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座 従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台であるのに対して、男性は10%に満たないのだ。男性が育休を取得しないのは、「業務の多忙」「育休を取得し...
2019/10/21掲載イベントレポート

関連するQ&A

翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
女性管理職の育児短時間勤務時間の取り扱い
女性管理職が育児短時間勤務制度を利用した場合、給与カットをしても良いのか?
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ キャリア開発 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、見直される「セルフケア」

いま、見直される「セルフケア」

近年、働く環境が大きく様変わりし、職場におけるストレス要因が増加してき...


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...