企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ハロートレーニング ハロートレーニング

「ハロートレーニング」とは、国や都道府県などが実施する、公共職業訓練と求職者支援訓練を併せた公的職業訓練の愛称です。同制度の知名度を高め、若者や女性による活用を促進する目的で、厚生労働省が2016年6~7月に愛称とキャッチフレーズの一般公募を実施。11月に開かれた選定委員会で決定、発表されました。公的職業訓練は現在、年間約30万人が受講していますが、知名度が低い上、「訓練」の語感が“つらい、厳しい”といったイメージを与え、敬遠されやすいことから、同省は広く親しまれる愛称の導入に踏み切りました。
(2016/12/28掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハロートレーニングのケーススタディ

「ハロトレ」広がるか、職業訓練の愛称に期待
年間30万人が受講も内容・効果に理解進まず

厚生労働省は今年11月30日、かねて公募していた公的職業訓練の愛称およびキャッチフレーズが決定したと発表しました。応募総数2857件(愛称1393件、キャッチフレーズ1464件)の中から選ばれたのは、愛称が「ハロートレーニング」、キャッチフレーズは「急がば学べ」でした。

公的職業訓練と関わりの深い公共職業安定所も1990年に愛称「ハローワーク」を導入して以降、国民に定着した経緯があり、応募作にはそれを意識した「ハロー」絡みのアイデアが数多く寄せられました。同省は愛称の選定理由ついて、<「ハロー」とは、新たな出会いを表す希望の言葉。トレーニングで鍛えた筋肉のように、「ハロートレーニング」を通じて仕事に必要な「スキル」(知識と技能)をしっかり身につけて欲しい>と説明。キャッチフレーズの「急がば回れ」には、<スキルの習得には多少時間がかかるかもしれないが、焦らず、前向きに!>との意味が込められているそうです。選定委員長を務めた作詞家の秋元康さんも「飽きのこない、わかりやすい言葉。『ハロトレ』と言われていくと思う」と期待を寄せています。

そもそも公的職業訓練とは、国や都道府県がポリテクセンター(職業能力開発促進センター)や職業能力開発校などで行う公共職業訓練と、民間の職業訓練を国が認定する求職者支援訓練を併せた総称です。「職業能力開発促進法」にもとづいて実施される前者は、雇用保険料の積み立てを財源としているため、主に雇用保険受給資格者を受講対象者としており、ハローワークの求職者を対象に無料で行う離職者向け訓練や障害者向け訓練があります。また他にも、有料ではありますが、在職者向け訓練や学卒者(新卒未就職)向け訓練も実施しています。一方、求職者支援訓練は、原則として雇用保険の受給資格がない、あるいは受給期間が終わった求職者を対象とする制度です。

訓練内容は建設・製造、IT、介護、サービス、デザインなど幅広い分野を網羅。時代のニーズに即した訓練コースも都度新設され、年間約30万人が受講していますが、その内容や効果に対する社会の理解度は必ずしも高くありません。厚生労働省の調べでは、制度の名称や内容を知らない人が7割弱に上りました。同省は今後、選定した愛称とキャッチフレーズを全国の職業訓練実施機関やハローワークにおいて使用し、公的職業訓練がすべての働こうとする人、働いている人にとって、キャリアアップや希望する就職を実現するための有効なツールであることを周知し、制度の活用促進を図っていく方針です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

求職者支援制度
「求職者支援制度」とは、雇用保険を受給できない求職者(受給を終了した人を含む)を対象に、無料職業訓練を実施するとともに訓練期間中の生活保障として給付金を支給し、早期の就職を支援する制度です。リーマンショック後の深刻な雇用悪化を受けて、すでに2009年7月から同制度の原型となる「緊急人材育成支援事業...
ジョブ・カード
フリーターや育児を終えた女性などの就職活動を支援する制度のこと。政府が「経済財政改革の基本方針2007(骨太の方針)」で掲げた成長力底上げ戦略の柱の一つです。
デュアル・システム
35歳未満の若年者を一人前の職業人に育てる人材育成プログラムのことです。もともとドイツで始まった「働きながら学ぶ」職業訓練制度ですが、日本でも厚生労働省と文部科学省が今年度から「日本版デュアル・システム」をスタートさせました。

関連する記事

盲導犬訓練士 視覚障害者の大切な「パートナー」を育成。知力、体力、忍耐力…。求められる幅広いスキル。
盲導犬訓練士 視覚障害者の大切な「パートナー」を育成。知力、体力、忍耐力…。求められる幅広いスキル。
2007/11/12掲載あの仕事の「ヒト」と「カネ」
機能する目標管理制度--その実態と効果的な運用方法を探る
成果主義の広がりとともに、目標管理制度の導入が高まっています。しかし一方で、運用に課題を持っている企業は多いようです。そこで、2006年3月に『労政時報』が行った「目標管理制度の運用に関する実態調査」から、目標管理制度の実態、円滑な運用に向けた施策の実施状況な...
2007/03/05掲載人事・労務実態調査
人事制度の実施・改定状況調査 48.3%の企業で過去5年以内に人事・等級制度の改定を実施 労務行政研究所
厳しい経営環境の中、持続的に成長していくために、人事制度の見直しを進める企業が増えている。その対象は、人事・等級制度や賃金・賞与制度だけでなく、退職金・年金制度、人事評価制度、労働時間・休暇制度など多岐にわたる。各社どのように制度の整備を進めているのか。実態調...
2017/08/03掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

社内資格試験
弊社では本年より社内資格制度を導入したことにより、年1回資格試験を実施することとなりました。ついては、従来の試験内容の見直しを行いたいと考え、他社で実施している試験の内容について、事例をご教示いただければ幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
分類:[ キャリア開発 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング 研修費ゼロの人材育成

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?<br />
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」という言葉が、盛んに使われるようになった。それは近...


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...