企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

田中潤の「酒場学習論」
【第12回】八戸「OLD SHOES」と転職者の受け入れ対応

株式会社Jストリーム 管理本部 人事部長

田中 潤さん

Jストリーム 人事部長  田中潤の「酒場学習論」

古今東西、人は酒場で育てられてきました。上司に悩み事を相談した場末の酒場、仕事を振り返りつつ一人で呑んだあのカウンター。あなたにもそんな記憶がありませんか。「酒場学習論」は、そんな酒場と人事に関する学びをつなぎます。

気持ち的になかなか旅には出られないので、つい地方の酒場に想いを馳せます。今月ご紹介するのは、八戸「たぬき小路」にある「OLD SHOES」。素晴らしいバーです。

八戸は私の大好きな街の一つです。中心部が横丁の集合体で構成されている街の構造が、私の心をつかんで離さないのです。酒場好きの多くは横丁好きでしょう。横丁があると、つい吸い込まれます。ましてや街全体が横丁とあらば、それはもうブラックホールのような吸引力を持ちます。そこから抜け出せずに、はしご酒が続きます。「たぬき小路」「れんさ街」「ハーモニカ横丁」「昭和通り」「鷹匠小路」「みろく横丁」「五番街」……。夕暮れから深夜まで、横丁でのはしご酒が楽しめる街です。そして横丁のあちこちで見かける、とぼけた表情のご当地キャラ「よっぱらいほやじ」。なんて素敵な街でしょう。

昨年の初夏、そんな八戸の横丁はしご酒を初めて堪能した日のことです。この日7軒目に訪れたのが「OLD SHOES」。直前に訪れたバーで「たぬき小路にいいバーがあるから寄るといいよ」と言われたのですが、もはや酩酊状態で足はふらふらと気の向くままに動くだけ。しかし、ふと気づくとこの店の前にいたのです。

横丁の奥にこの灯り。外観だけで呑めそうです。

横丁の奥にこの灯り。外観だけで呑めそうです。

さっき聞いた店はここに違いないと思い入店し、地元のお客さまが一人で呑んでいるカウンターに着席。そのお隣さまから「ここは日本酒の品ぞろえがいいよ」と言われ、前の冬に蔵見学にもお邪魔した弘前の酒「豊盃」を注文。銀座のバー嘉茂で三冷ホッピーを呑んでいるような、心地よいミスマッチ感。記憶は8割ありませんが、お隣といろいろ話しながらグラスを重ねていると、次々とアテが出てきます。お隣と同じアテが同時に出てくるので、すっかりご馳走になってしまったと思い、最後はお隣に丁寧に礼をいいながら店を出ます。そして、もう1軒……。

あまりにも八戸の街が好きになり、昨年の初冬に再訪しました。今回は意識して「OLD SHOES」に向かいます。とはいっても、今回も5軒目。それなりに酔っています。現地集合の仲間と3人で訪れましたが、今度はカウンターではなくテーブル席に座ります。前回同様にオーダーをしなくてもアテが出てきます。それもなかなか豪華なものが。そして実に旨い。どうやら、これがお店の流儀のようです。前回もお隣にご馳走になったわけではなかったのです。心地よいタイミングで心地よいアテが出てくるのがこの酒場なのです。この日は3品いただきました。

バックバーとカウンターと灯りが醸し出す素敵な空間。

バックバーとカウンターと灯りが醸し出す素敵な空間。

酒場にはその酒場ならではの流儀がいろいろとあります。声をかけられるまでオーダーはご法度とか、複雑なオーダー方法とか。そんな流儀を知らないと、あれこれと勘違いを犯します。知らずにやらかすと厳しくご指導を受けることもあります。

今ではネットでさまざまな情報が流布されているので、事前に調査ができますが、そんな便利な情報が拡散しているのは、ほんの一握りの有名店だけです。一見客として訪れた際に、毎日必ずくる常連の〇〇さんの席に知らずに座ってしまい、お隣のお客さまに「駄目だよ」とささやかれるなど、行き当たりばったりのはしご酒は心地よいスリルも楽しめます。これも含めて酒呑みの楽しみなのです。

豊盃をグラスでいただく。はしご酒の身体にキリッと入ります。

豊盃をグラスでいただく。はしご酒の身体にキリッと入ります。

酒呑みの場合はこれでよいですが、ビジネスではそうはいきません。転職した先の職場に初めて出社する日のことを考えてみましょう。こんなときには、スリルは少ない方がよいのはいうまでもありません。私は2度しか転職経験がありませんが、転職初日というのは十分な事前情報もなく、初めての酒場に一人で訪れるような緊張感があります。はしご酒の果ての訪問であればアルコールの勢いもついていますが、転職の初日に酒気を帯びて出社するわけにはいきません。誰もが可能な限り事前調査をしますが、細かい内情までが具体的に外部に出ているわけではありません。

会社としては、転職者のそのような不安感を早期に払拭し、安心して実力を発揮してもらえるようにすることが大切です。1日でも早く転職者に「ここは自分の居場所だ」と思ってもらえることが大切なのです。私が転職した2社とも、ありがたいことに、この点に関する意識・感性をきちんと持っている会社でした。

初日の受け入れは重要ですし、新参者に対する情報提供も大切です。何かあったときにここを見ればいいという社内サイトの整備、社内の独特な用語の解説なども提供されると便利です。会議室の取り方、社内のレイアウトといったオープン情報から、ランチを食べに行く時間の暗黙のルールとか、カラーコピーは原則ご法度であるとか、会議は何分前集合が常識とか、明文化されていないものの組織内で生きていくために必要な情報はたくさんあります。中途採用者の早期戦略化には、地道な努力も実に重要なのです。

転職初日に整理された情報が提供されるのは転職者にとって実にありがたいことですが、酒場の場合は新参者に対してちょっと不親切で怪しげなくらいの方が、魅力的に感じたりするのがまた面白いところです。

横丁のあちこちで出会う「よっぱらいほやじ」。酩酊した目が愛らしい。

横丁のあちこちで出会う「よっぱらいほやじ」。酩酊した目が愛らしい。

■バックナンバー
【第11回】仙台「源氏」とテレワークでの“余韻”と“余白”
【第10回】船橋「増やま」と人事制度設計のオリジナリティ
【第9回】釜石「岬」と、会社は誰のもの?
【第8回】千葉「奈種彩(なたねいろ)」とリファラル採用
【第7回】素晴らしい酒場たちと「レジリエンス」
【第6回】銀座「しらたまや」とトランスファラブル・スキル
【第5回】銀座「バー嘉茂」とアイデアの創出・副業
【第4回】八戸の洋酒喫茶「プリンス」とエンゲージメント、リファラル採用
【第3回】「都橋商店街」「折尾」のRのある世界と、人事制度の運用
【第2回】国分寺「燗酒屋がらーじ」と、決める・決めてもらうのが私たちの仕事
【第1回】赤羽「まるます家」と酒場での学び


田中 潤さん(株式会社Jストリーム 管理本部 人事部長)
田中 潤
株式会社Jストリーム 管理本部 人事部長

たなか・じゅん/1985年一橋大学社会学部出身。日清製粉株式会社で人事・営業の業務を経験した後、株式会社ぐるなびで約10年間人事責任者を務める。2019年7月から現職。『日本の人事部』にはサイト開設当初から登場。『日本の人事部』が主催するイベント「HRカンファレンス」や「HRコンソーシアム」への登壇、情報誌『日本の人事部LEADERS』への寄稿などを行っている。経営学習研究所(MALL)理事、慶応義塾大学キャリアラボ登録キャリアアドバイザー、キャリアカウンセリング協会gcdf養成講座トレーナー、キャリアデザイン学会代議員。にっぽんお好み焼き協会監事。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった1
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが参考になったでオススメしました
東京都 人事BPOサービス 2020/09/30

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

編集部注目レポートのバックナンバー

職場のモヤモヤ解決図鑑【第8回】
在宅勤務で部下の成績が低下!? どうフォローしたらいい?
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/10/23掲載
酒場学習論【第13回】立石「ブンカ堂」と健全で猥雑な職場
「コの字酒場」という言葉をご存じでしょうか。私が敬愛する呑み手で「コの字酒場評論家」としても知られる加藤ジャンプ氏は、コの字酒場について次のように語っています。...
2020/10/22掲載
9月のテレワーク関連ニュース記事まとめ
新型コロナウイルス感染症の影響で、多くの企業がテレワークを導入し、定着の動きを見せています。ここでは、『日本の人事部』で2020年9月に掲載した、テレワークに関...
2020/10/15掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
コロナ禍の転職に焦りは禁物
キャリアチェンジにも影響が……
中途採用市場では、長らく売り手市場が続いてきた。しかし、コロナ禍で一転して先が見通せなくなってきた。特に影響を受けそうなのが、これまでとは違う分野での仕事に挑戦...
2020/10/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
中途採用の面接官トレーニングには消極的? 「今後も実施の予定はない」が約半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、中途採用の面接官トレーニングについての結果を紹介します。
2020/07/21掲載人事白書 調査レポート
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...