企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

パート・アルバイトの職場に対する隠れた不満

アイデム人と仕事研究所 関 夏海(せき なつみ)

ES(従業員満足度)の低下がCS(顧客満足度)の低下を招く

Employee Satisfaction(以下ES)という言葉があります。日本語にすると、従業員満足です。組織において、従業員の業務内容や人間関係などの満足度を表す指標です。似た言葉で、Customer Satisfaction(以下CS)がありますが、こちらは顧客満足という意味です。顧客が満足できるサービスや製品を提供しているのかどうかを総合的に判断する指標です。CSの向上には、ESの向上が必要という考え方があります。ESの低い従業員から高品質なサービスや高い生産性が生まれるとは考えにくいためです。ESが低い、つまり働く人が会社や仕事に満足していない状態のとき、その不安・不満は忠誠心の低下や顧客へのサービスに表れ、CSの低下につながってしまいます。CS向上しいては業績の向上へつなげるためにも、ESを下げてしまう要因は摘んでいくべきですが、今働いている人はどんなことに満足して、何が満足できていないのでしょうか。平成29年版パートタイマー白書を元に、パート・アルバイトを中心に考えてみたいと思います。

平成29年版パートタイマー白書では、パート・アルバイトに現在の勤務先や仕事、働き方に関する10項目の満足度を聞いています。これによると、全ての項目で「どちらかと言えば満足している」が最多となりました。ですが、「給与(賞与含む)」「教育訓練の機会」「働きぶりへの評価」については、「どちらかと言えば満足していない」と「満足していない」の合計がそれぞれ45.4%、49.7%、43.8%となり、他の項目よりも高くなっていました。特に「教育訓練の機会」については「満足している」が1割未満となり、教育に関して多少なりとも不満や不安を抱えている方が多い部分と考えられます。

■図1: 現在の勤務先や仕事、働き方に関する満足度

現在の勤務先や仕事、働き方に関する満足度

実際、教育の機会は少ないのでしょうか。企業にパート・アルバイトの入社時と入社後にどのような教育を行っているか、聞いてみました。実施状況が最も多いのは入社時の「就業規則や労働協約など労働条件の説明」で89.2%、次いで「業務マニュアル(基本オペレーション等)についての教育」で88.9%でした。入社時の教育項目と人の定着度合いの関係を見ると、「定着している」企業のほうが「定着していない」企業よりも大体5pt以上教育する企業数が多くなりました。

一方、入社後の教育項目で最も行われているのは「入社時教育のフォローアップ」ですが、63.9%となっています。入社時の項目と比較すると2割程度少ない印象です。

■図2: パート・アルバイトに行っている教育項目と定着度合いとの関係

パート・アルバイトに行っている教育項目と定着度合いとの関係

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」
「採用面接でのあなたの悩み・課題は?」というテーマでアンケート調査を実施した ところ、悩みの原因の上位3位に共通する課題が浮かび上がってきました。 採用面接の現...
2019/09/19掲載
平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載
子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載

関連する記事

変革の時代を勝ち抜く! これからの教育体系のありかた(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)
新型コロナウイルス感染症の影響により、企業の人材育成の現場は教育計画や研修スケジュール、研修内容や方法の見直しを迫られ、大きな影響を受けた。過去にもバブル崩壊や...
2021/01/28掲載HR調査・研究 厳選記事
日本電気株式会社(NEC)、NECマネジメントパートナー株式会社:
「やり抜く組織」へとカルチャー変革を進めるNECグループ
BI・AIを活用した社員エンゲージメント向上施策とは
NECグループは、2018年度からスタートした中期経営計画において、「実行力の改革」を重要な課題の一つとして挙げています。「やり抜く組織」へとカルチャー変革を進...
2021/01/25掲載となりの人事部
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第15回】
キャリア開発研修を「違反者講習会」にしないために、今こそ、刷新を!
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2021/01/15掲載編集部注目レポート
株式会社ニトリホールディングス:
そのテクノロジーは何のため?
個人と深く向き合い成長を促す、ニトリのテクノロジーを活用したキャリア開発
ニトリホールディングスの躍進が止まりません。コロナショックで多くの企業が業績を悪化させる中、巣ごもり需要を追い風に、33期連続増収増益の記録を今期も更新しそうな...
2021/01/06掲載となりの人事部
労務管理システムの導入メリットと比較ポイント
『日本の人事部』おすすめの労務管理システム
労働時間や給与、福利厚生、安全衛生管理、労使関係の各種手続きなど、「人」に関わる業務全般を取り扱う労務管理。働き方改革が進み、テレワークや副業なども増えている現...
2020/12/24掲載HRソリューションの傾向と選び方

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」の狙いは何か?<br />
 改正により派遣先企業に求められる対応を考える

2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」の狙いは何か?
改正により派遣先企業に求められる対応を考える

2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」により、これまでの派遣労働...