企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

グループ会社の健康保険組合脱退について

相談させてください。

約20年前に合併したグループ会社の健康保険についてです。
合併の際には、消滅会社が所属していた健康保険組合に継続加入することを選択しました。
しかし、負担利率等の関係で約10年前に一度当該健康保険組合の脱退と弊社グループ健保への移籍を試みました。

しかし、消滅会社が所属していた健康保険組合から、『脱退を認めるのは事業所の廃業、倒産、吸収合併に限るという設立時の申し合わせがあるため、脱退は認められない』と言われ、脱退が認められませんでした。

この度、更なる負担利率の改定があったことから、グループ会社から相談を受け、再度グループ会社の所属健保を脱退しようと考えています。

この場合、
①一般的に、脱退は認められるものなのか。
②もし認められなかった場合、法的手段を採れば脱退が認められる可能性があるか。
③過去にこのような事例での裁判例はあるか。

以上の3点を教えていただけると助かります。
宜しくお願い致します。

投稿日:2020/08/10 15:11 ID:QA-0095708

イエローラバーさん
東京都/精密機器

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、①につきましては、健康保険組合の規定に沿って判断されますので、原則としまして認められないものといえます。どうしても脱退されたい場合ですと、規定外の特例扱いになる以上組合側と交渉されて特別に承認してもらう事が求められます。②③につきましても、そうした訴訟例は存じ上げませんし、提訴自体は可能でしょうが、人事労務の範疇を明らかに超えた難しい問題になりますので広く法令一般に通じた弁護士に直接ご相談される他ないものといえるでしょう。

投稿日:2020/08/17 17:24 ID:QA-0095791

相談者より

参考になりました。
難しいとは考えておりましたが、ご回答いただけて
難しいという事が改めて分かり、安心しました。
ご回答いただきありがとうございました。

投稿日:2020/08/18 08:15 ID:QA-0095818参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
厚生年金基金の脱退手続きについて
現在、厚生年金基金に加入していますが、脱退を検討しています。 脱退に際し、厚生労働省への報告等、どのような手続きが必要なのかがわかりません。 その点につきまして、ご教授願いたいと思います。 よろしくお願いいたします。
健康保険組合からの脱退について
現在、あるシステム系の企業のみが加入できる健康保険組合に加入しておりますが、電話などのいろいろな対応に疑問を感じており、脱退をしたいと思います。 問い合わせたところ、脱退にはそれなりの理由が必要とのことでした。 ◯廃業・倒産の場合 ◯業種が変更になった場合 ◯経営状況が悪化した場合 上記の場合に...
労働保険事務組合脱退について
今回、3/末をもって労働保険事務組合を脱退することになりましたが、それに伴い、保険関係成立届を関係労基署へ改めて提出しなければなりませんが、その他の手続はなにかありますでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 相談相手としての人材紹介会社
    企業の求人を紹介するだけでなく、時には求職者の相談相手となる、人材紹介会社のコンサルタント。家族や友人にも相談しづらい転職の悩みを打ち明けられる、「ほど良い距離感の相談相手」であることが、求職者が訪れる大きな理由なのかもしれない。
  • 出張面談とプライバシー
    腹を割って本音を話してもらう「転職相談」は、人材紹介に欠かせないプロセスだ。在職中で忙しい場合、求職者の希望の場所で出張面談を行うこともある。注意しなければいけないのは、プライバシーの保護だが、出張面談にふさわしい場所は、意外に少ない――。
  • キャリアコンサルタントの仕事に興味を示す求職者 グループ内に人材紹介会社が設立された企業
    求職者が人材紹介会社を利用する最大のメリットは、キャリアコンサルタントの客観的な意見を聞きながら具体的な転職情報を入手できる点である。求職者が無事転職に成功した際には、「ありがとう」と言われることも多い、キャリアコンサルタントという仕事。求職者の中には、「自分もやってみたい」と思うようになる人もいる...
あわせて読みたいキーワード
エクスパッツ
エクスパッツ(Expats)とは、Expatriate(国外居住者)の略称。海外の本社や親会社、関係会社などに所属し、転勤などの理由で日本に派遣されている駐在員のことです。日本で就労する外国人のうち、国内で現地採用された従業員(一般にローカルと呼ばれる)については、労務関係の各種法令が日本人従業員と...
隠れ倒産
「隠れ倒産」とは、統計上の「倒産」にはカウントされないものの、限りなく倒産に近い企業の休・廃業や解散を意味する言葉です。主に資産が負債を上回る資産超過の状態で、経営の余力を残しているにもかかわらず、会社清算に追い込まれることを指します。法的整理や私的整理の倒産に該当せず、倒産件数の数字には含まれませ...
顧問
「顧問」とは、企業やその他の団体が行う業務について、意思決定を行う権限は持たないものの、求められて高度な意見を述べるために置かれる役職のこと、あるいはその役職に就いている者を指します。もともと名誉職的な性格が強く、引退した元役員などを内部の常勤ないし非常勤の顧問に充てるケースが一般的ですが、近年は...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。