企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

福利厚生として、カーシェアの導入について

いつもありがとうございます。
さて、この度当社の社員寮において、福利厚生として社員が自由に乗り回すことができる車としてカーシェア制度を導入しようかと考えています。
とりあえずは会社であまり使わない車を社員寮に置き、事務所で使用時間を管理して社員に使用料として2時間300円程度、1時間増すごとに100円追加するといった金額体系で利用してもらおうと考えています。
車には会社で保険に入っており、もし事故を起こし、寮まで戻ることができない程の事故の場合20000円を、寮まで戻ることができない程の損傷であれば、レッカー代と50000円を負担してもらうルールを検討しています。
1回の利用料金は数百円という事もあり、税法上の問題はないものと思いますが、福利厚生という観点から他に気をつけないといけない事はございますでしょうか?

投稿日:2020/07/13 20:25 ID:QA-0095079

にっさんさん
兵庫県/医療・福祉関連

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、福利厚生施策であっても会社が運営し提供するものである以上、原則としまして管理者としての責任は問われる事になります。

従いまして、保険加入はされているという事ですが、人身事故の場合にも幅広く対応出来るような保障内容である事が不可欠といえます。また利用者の免許保有等のチェックも怠らないよう、きちんとしてリスク対応を整えておかれる事が重要といえるでしょう。

投稿日:2020/07/14 09:35 ID:QA-0095087

相談者より

早速の回答ありがとうございます。
事故等については当方も懸念材料として残っておりますので、もう少し考えてみます。

投稿日:2020/07/14 17:52 ID:QA-0095112大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

事故

自動車の最大のリスクは事故です。自損事故はともかく加害者として今般まま発生する甚大な殺傷事故を起こした際、本人だけでなく貴社の名前も全国に知れ渡る可能性があります。また社員すべてが全く犯罪を犯さないと確定することはできず、どれだけ注意をしても制度上は一定割合で事故や犯罪リスクはつきまといます。
1回の致命的事故で壊滅的なダメージがあり得ると捉えるか、そのようなことも含めて会社がすべて想定するかといった経営判断で腹を決めておくことは何より重大な危機管理だと思います。

投稿日:2020/07/14 10:03 ID:QA-0095089

相談者より

事業所責任を考えるとやはりすぐに判断しにくい案件になりますね。
貴重なご意見ありがとうございました。

投稿日:2020/07/14 17:54 ID:QA-0095113大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

賛成致し兼ねる案件

▼どれ程、福利厚生の看板、話題性があろと、手厚い付保の有無に関らず、<交通事故>という社会的犯罪とまで認識されている分野での福利施策には反対です。
▼社員から要請があっても断るべき立場、事案に、会社が積極的に関わるのは、回答者としては、賛成致し兼ねます。

投稿日:2020/07/14 10:05 ID:QA-0095090

相談者より

ご回答ありがとうございます。
確かに事故から来る社会的責任は大きいと私自身も考えます。ご意見を参考に考え直してみます。
ありがとうございました。

投稿日:2020/07/14 17:56 ID:QA-0095114大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
カフェテリアプラン
cafeteria plan。カフェテリアで好きな飲み物や料理を選ぶように、社員が会社から事前に与えられた一定のポイント(予算)の範囲内で、住宅、医療、介護、育児、自己啓発、リフレッシュなどの中から、自分の好みにあった福利厚生メニューを自由に選んで利用する「選択型福利厚生制度」のことです。1980...
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...
サマータイム
日照時間の長い夏の間だけ、時計を標準時より1時間早め、昼の時間を増やそうとする制度。地球温暖化対策の一環として導入が検討されています。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

人事リーダー育成講座
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/19
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。