企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

社員会の会費の扱いについて

いつも参考にさせてもらっています。今回の質問もよろしくお願いします。

グループの親会社(*)の社員会に加盟しておりましたが、
*判りやすく親会社としましたが、現職場が過去に一部門として所属していた会社。法律上の親会社ではありません。
親会社が社員会を管理部門直轄で管理する事となりましたので、そこから分離します。
過去からの積立金がありますので、親会社との人数按分などお互い納得のいく方法で分配されます。
社員会には会社から人数分の寄付を財源とする<厚友会>、社員の給与からの天引きを財源とする<共済会>の2種類あります。
社員から天引きされた給与を財源とする<共済会>の配分金は社員で話し合い(社員会を新たに立ち上げる必要はありますが)今後どうするか決めるのが妥当かと思っています。
会社からの寄付を財源とする<厚友会>の配分金はどう対処するのが一番適切でしょうか。
元々会社のお金だったので会社に返金する、会社から寄付済みのお金なので返金の必要は無く社員会で話し合って決めればよい。などいろいろ意見が出ます。寄付金ですので扱いによっては税務上の問題も出たりするかもと思います。
ご意見賜れば幸いです。よろしくお願いいたします。

投稿日:2019/04/02 15:43 ID:QA-0083498

悩めるkazuさん
愛知県/商社(専門)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

可児 俊信
可児 俊信
株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

会社拠出の積立金の取扱い

税務上の観点から申し上げます。
厚友会の積立金は会社が拠出しているものですが、会社が拠出した際の経理処理がどうだったかによって、扱いが異なります。

1 預け資産として処理し、福利厚生費処理をしていない場合
 本来、この経理処理が正しいです。会社が拠出した時点では単に会社の口座から共済会の口座に移っただけなので、損金処理は適切ではないからです。このお金が慶弔給付等で従業員にわたった時点で渡った額が福利厚生費となります。よってこの積立金は会社の資産のままです。
 よって、会社の口座にそのまま返金するのが適切です。何ら損益は発生しません。

2 拠出時に損金処理していた場合
 これは適切な経理処理とはいえません。なぜならお金として残ってるのに経費としてなくなったものとしてしまっているからです。
 しかし、この損金処理してしまった以上、もう会社から出て行ったお金ということになります。
 この際の積立金の扱いとしては、
2-1 会社に戻す。会社は益金として受ける必要があります。
2-2 従業員に分配する。会社として改めての経理処理は不要です。受け取る従業員は給与所得として受け取るのが妥当と考えます。

投稿日:2019/04/02 19:56 ID:QA-0083505

相談者より

早速のご回答ありがとうございます。
処理された方法によって対応が変わってくるという事ですね。急ぎ確認してみます。

投稿日:2019/04/03 09:35 ID:QA-0083519大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

プロラタ方式での財源移管に税務問題はない筈

▼この種の拠出金は、会則さえシッカリ整備されていれば、社会通念上、妥当な金額である限り、福利厚生費として既に会計処理されているものと思います。
▼親会社の一部が別法人として独立するに際し、移籍者数に応じ、プロラタ方式で、財源移管されても、税務上の問題は生じない筈です。経理担当や税理士さんに確認して下さい。

投稿日:2019/04/02 22:37 ID:QA-0083508

相談者より

早速の回答ありがとうございます。
会計処理方法の再確認とこういった場合の会則に従い対応する、とのことですね。
確認してみます。

投稿日:2019/04/03 09:39 ID:QA-0083520大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、社員会の会則が当然あるはずですので、通常であればこうした重要な資産の処分等につきましては会則上に何らかの規定がなされているものといえます。また仮に資産の処分に関する規定ばなくとも、重要な決定をされる際の決議方法等について直接或いは準用出来るような定めがあるものと思われますので、まずは会則をご確認の上その定めに応じて措置をされる必要がございます。

それでも尚措置に困るようでしたら、加入社員による総会を開催して協議の上決議されるのが妥当といえるでしょう。既に会社から寄付されたものですので、社員会が分離されるとしましても今後新たに結成される社員会の資産に引き継がれるものとしまして会社へ返金される義務まではないものといえます。

尚、税務上の問題につきましては、専門家である税理士にご相談される事をお勧めいたします。

投稿日:2019/04/02 22:57 ID:QA-0083511

相談者より

早速の回答ありがとうございます。
会則等早速確認します。
当社従業員は少人数ですので(税務関連確認のち)全員からの意見徴収と社員会相当組織に諮って対応していきたいと思います。

投稿日:2019/04/03 09:42 ID:QA-0083522大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
逆出向者の健康診断結果の管理
お世話になります。 100%子会社から親会社に出向してきた社員の健康管理(診断の結果を管理)をするのは、子会社と親会社のどちらがすべきでしょうか? この場合、健診費用は親会社がもっています。 ちなみに、親会社の社員はどこに出向に出ていても、親会社で健康管理をしています。 ご教示いただきたく...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「給与計算代行」の利用メリット
    企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)
    「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイゼリヤが取り組んでいる事例を見ていくことで、現在の人事給与業務のあり方について探っていった。特に印象に残ったのは、同社の「徹底した業務効率性の追求」。そのためには、人事給与システムの有効活用を始めとする、「業務改革」が不可欠である...
あわせて読みたいキーワード
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
グループ内派遣
「グループ内派遣」とは、人件費の節約などを目的に、大手企業が人材派遣会社を子会社として設立し、同社が親会社およびそのグループ企業各社に労働者派遣を行うことをいいます。2012年10月に施行された改正労働者派遣法(同年4月に成立)が、派遣会社に対して、系列企業への派遣割合を8割以下に抑えることを義務付...
給与前払い
従業員が要望した場合に、実際の給与支払い日よりも早く給与が支払われる、給与前払いサービス。労働基準法で禁じられている「前借」ではなく、実際に働いた分の中から、一定の金額が先に支払われます。アルバイトやパートの福利厚生として導入する企業が多く、応募数の増加や離職率の低下に貢献しています。 (2018/...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/28
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事担当者のお悩みにお答えします。<br />
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

人事担当者のお悩みにお答えします。
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

「メンタルヘルス対策」は、あらゆる企業にとって重要な人事施策のひとつ。...