企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14477件   回答数30769

時短勤務者の手当の減額

4月から時短勤務をする職員が生じます。
給与規定を策定するにあたり質問があります。

基本給は時短相当額を減額する規定にする予定です。
所定労働時間が8時間を6時間にするので6/8に減額。

当社では基本給の他に住宅手当、昼食手当、家族手当、通勤手当があります。
通勤手当は実費なので減額せず支払います。
その他の手当について減額できるかご教示お願いします。

住宅手当は正社員全員に支給されており、世帯主とその他(単身を含む)で金額が異なります。
昼食手当も正社員全員に支給されており、特に条件はありません。
家族手当は税法上の扶養している子に支給されます。

住宅手当、昼食手当は賞与、退職金の算定には入りません。

当社では30歳の例で住宅手当+昼食手当が月給の20%を占めるので手当が満額となると
かなり時短勤務に有利になってしまいます。

家族手当はすぐには対象者が生じないかもしれませんが規定をしておく必要があると思います。
減額は可能でしょうか。

よろしくお願いいたします

  • ミミズクさん
  • 東京都
  • その他金融
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2019/02/20 18:30
  • ID:QA-0082537
専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/02/21 18:10
  • ID:QA-0082558

代表者

変更のキーワード

▼ 諸手当変更のキーワードを探してみましょう。実費支弁 ⇒ 福利厚生 ⇒ 労働対価の順に、変動影響を大きくするのが一般的かと思います。
▼ ご検討中の項目は、何れも、労働対価性の低い項目ばかりなのですが、敢えて、順付けすれば、住手と家手は変動対象、昼手と通手は、据置きとするのが有力な選択肢ではないでしょうか。
▼ 尤も、住手と雖も、 労働対価制は低く、退職金不算入とするのは妥当だと考えます。

  • 投稿日:2019/03/08 09:35
  • 相談者の評価:参考になった

回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/21 23:21
  • ID:QA-0082565

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、いずれの手当も時短とは直接関係のない事由に基づく手当ですので、減額に合理性を見出す事は難しいものと思われます。

手当の給与に占める割合が多い事は、そうした手当内容を設定されたのが御社自身である以上やむを得ないものといえます。時短社員に有利になると考えるよりは、逆に手当減額によって時短社員に不利益を与える事を避けるべきと考えるのが妥当といえるでしょう。それでも尚減額を検討されたいということであれば、労使間で真摯に協議し合意を得られた上で行われる等慎重に対応する事が求められます。

  • 投稿日:2019/03/08 09:36
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事システムが人材マネジメントの基盤を作る! <br />
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

人事システムが人材マネジメントの基盤を作る!
~常陽銀行の「POSITIVE」導入に見る、人材力「可視化」の狙い

地方の企業は厳しい経営環境にあります。地域経済をけん引する地方銀行では...