企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13789件   回答数29078

第二新卒の求人

中途採用で求人募集をする際、

1)業務経験者の採用
2)社会人経験は相応にあるが弊社業務は未経験
3)既卒・第二新卒相当(社会人経験も業務経験も乏しい)

毎に、給与等の待遇に差をつけるため区別して求人を出したい
と考えていますが、
第二新卒(学校を卒業して3年以内)という表現の求人は
いわゆる年齢制限にあたるのでしょうか。

転職サイトなどでは第二新卒枠を謳った求人をよく見かけますが、
3)に相当する層を求人するには
「長期勤務によるキャリア形成を図るため」とさえ書いておけば良いのでしょうか。

  • 山形の人事部さん
  • 山形県
  • 輸送機器・自動車
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2019/02/08 15:07
  • ID:QA-0082279
この相談に回答する(会員登録)
『日本の人事部』に会員登録するとこの質問に回答することができます。
現場視点の解決ヒントやアイデア、事例などを共有していただけませんか?
既に回答が付いている相談でも、追加の回答は可能です。皆さまのアドバイスをお待ちしています!

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/02/08 20:09
  • ID:QA-0082286

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、第二新卒というだけで具体的な年齢を示していることにはなりませんので、年齢制限としての違法な求人募集には当たらないものといえます。

勿論「長期勤務によるキャリア形成を図るため」と記載される事についても特に差し支えございません。

  • 投稿日:2019/02/12 11:09
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/08 22:25
  • ID:QA-0082288

人事・経営コンサルタント

表記

第二新卒とは卒業後早期に退職したという意味であり、年齢は縛っていません。理論上70歳の第二新卒もあり得ることになります。既卒も同様に、単に(大学を)卒業したという意味なので、いずれも表記としては可能ですが、期待する第二新卒以外も該当するあいまいな表現です。
そこで「第二新卒」と表記し、同時にご提示の「長期勤務の・・」の文言も併記し、さらに対象者の職業経験を不問とすることで、この想定層以外が応募しても書類選考の結果選別は可能となるでしょう。

  • 投稿日:2019/02/12 11:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答およびアドバイスありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/10 12:05
  • ID:QA-0082301

代表者

第二新卒の求人に対する対応スタンス

▼ 「第二新卒」というのは、昨今の急速な求人倍率上昇の落し子みたいなものです。面接技術面などでうまく立ち回った者が、高倍率の選考をすり抜け、優秀な人材が、不承不承、意に沿わない状況に置かれいる状況にあります。
▼ 短期間とは言え、「本人の立場」からは、その間習得した、スキルを武器に再チャレンジの機会を、「採用側の立場」からは、争奪合戦から間をおいて、準新卒者の得た若手応募者のスキルに注目する絶好の機会と捉えたい処です。
▼ 「第二新卒」は大まかに卒業後、2~3年の人達です、それなりの、長短はありますが、審査にパスするようなら、遠慮せす、「第二新卒」の2~3年後の賃金を提示することよいでしょう、小出し的やり方には感心できません。

  • 投稿日:2019/02/12 11:11
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/11 10:28
  • ID:QA-0082303

代表者

第二新卒の求人に対する対応スタンス P2

前回答の最終段、「第二新卒の2~3年後の賃金」⇒「第一新卒の2~3年後の賃金」と読替えて下さい。失礼しました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
高校新卒の求人連絡数
弊社では例年5名程度の高卒採用をしています。 しかしなかなか近隣の高校に求人票を送っても反応が鈍いのが現状です。 この度、独身寮を整備して県内全域や他県にも住み込み可の求人募集かけたいのですが、 ここで悩むのが求人数と求人連絡数と推進人員との整合性です。 以前職安から求人数×2までが求人連絡数と言わ...
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 紹介ゼロから一転 景気回復の波に乗ったキャリア人材
    薄日が射してきたかな…という感じもある世界経済。景気が本格的に回復してくると、人材紹介業界でもそれを実感できる傾向が現れる。「マネジャー、管理職を募集する企業が増える」ことだ。特に外資系企業では、不況になると年収が高い人材から人員削減の対象になったりする。景気が回復してくると、まっさきにその空いたポ...
  • 転職と資格取得の関係
    「資格取得」を転職やキャリアアップの強力な武器と考えている人は多い。メディアを見ても、資格取得のためのスクールや通信講座などが、「資格を取れば人生大逆転も可能!」とでもいうような勢いで、連日派手なPR合戦を繰り広げている。しかし、実際に採用する企業サイドは、あくまでも実務経験優先が基本という姿勢を崩...
  • 人材紹介会社における「コンサルタント」
    求職者の頼れるパートナー「コンサルタント」に求められる能力とは?人材紹介プロセスに沿って、コンサルタントの仕事内容をまとめた。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

三井不動産ビルマネジメント(株) 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:02/01~02/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、ウェルビーイング経営実現ための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...


「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、<br />
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

来る2010年(平成22年)4月1日、いよいよ「労働基準法の一部を改正...