企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14346件   回答数30483

3か月のフレックスとみなし残業制度について

3か月のフレックス制度の導入を考えております。

導入に関して疑問点が2点ありますのでご相談させて頂きます。

1、みなし残業(固定残業)は持ち越すのか?
2、月によって休みの日数が違う場合は、労働時間をどうみるのか。

現状、当社ではみなし残業を取り入れております。社員によって時間と手当の金額は違いがあります。

また休日に関しては、私自身の知識不足で詳しく分かっていないのですが、業務の繁閑に合わせて休みの日数を月によって変動させています。
会社自体は364日営業で元旦のみ休みです。
休日数は年間105日で寒い時期が繁忙期になるので、12月は月6日 8月は10日というように変動しています。

1つ目の質問のみなし残業ですが、例えば月40時間で6万円としていた場合は、3か月で120時間までは法定労働時間を超えた分は支払っているので支払わないという事でしょうか?
その場合は6万円の手当は毎月支払っていることがおかしいとなるのでしょうか?まとめて18万円を3か月に1度支払うものなのか

みなし残業についての情報がなかったので、考え方を教えて頂きたいです。


2つ目の休みの日数ですが、例えば10.11.12月の3か月を清算期間として、すべての休みの日数が6日だった
場合
(31日×30日×31日)÷7×40時間 の525時間が総労働時間

(25日×24日×25日)×8時間 の592時間が所定労働時間

この場合残業時間としてのカウントを所定労働時間を超えてからなのは間違いでしょうか。
間違いであれば、現在の自社の休日の考え方がおかしいのでしょうか。

人事の経験が浅く分からない事が多いのでよろしくお願いします

  • 投稿日:2019/01/08 16:41
  • ID:QA-0081443

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/01/09 09:57
  • ID:QA-0081465

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まず1点目につきましては、固定残業制については3か月フレックスタイム制とは別の問題になりますので、基本的には現行のまま毎月労働時間数にかかわらず支給する事になります。その上で、3カ月終了時点で不足する残業代部分があれば追加で支給すればよいことになります。

そして、時間外労働に関わる割増賃金の支払いについてはあくまで週平均の法定労働時間枠で計算しなければなりません。フレックスタイム制では自由出勤になることからも1日の所定労働時間自体を定める事は出来ません(1日の標準的な労働時間のみ決める事になります)ので注意が必要です。

  • 投稿日:2019/01/09 11:47
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。

それでは固定残業手当は毎月支給し、3か月の精算時に法定労働時間を超えた残業時間がみなし残業時間の3か月分を超えてなければ残業手当の支給はなく、超えていれば割増賃金の残業手当の支給という考え方と捉えて大丈夫でしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/10 22:42
  • ID:QA-0081538

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、その通りで固定残業代は影響を受けず従来通り毎月支給となります。

  • 投稿日:2019/01/11 09:35
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日にかかった深夜残業
いつもお世話様です。 さて、質問させてください。 当社は土日はお休みなのですが、たとえば金曜に残業をして、そのまま土曜の深夜2時まで残業した場合、土曜になってしまった2時間分の残業単価は、休日単価として支払わなければいけませんか?それとも、金曜の続きで残業したのだから、平日の残業単価でよいのでしょう...
法定内残業をみなし残業に含むことはできますか
お世話になっております。 午前休を取得して、残業した場合の 法定内残業(所定外で100%支払う分)は みなし残業に含めることはできますでしょうか。
みなし残業について
いつもお世話になっております。 質問ですが、 当社では 月30時間分のみなし残業代(125%)を支給しております。 みなし残業の30時間の中には、30時間分の残業代、平日深夜、休日、休日深夜の分も全て含む形になっております。 休日や休日深夜の勤務を行わせた場合に、上記みなし残業代以外の支給を行う...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「残業手当」100%支給にこだわる求職者
    裁量の範囲が大きいオフィスワーカーや開発職などで、「みなし労働時間制」を導入している企業は多くあります。ところが最近、残業手当の有無や支給状況を気にする人が現れてくるようになりました。勤務時間が長くなりがちなIT業界、特にエンジニアなどにその傾向が目立つといいますが、その理由とは――。
  • 生活型、付合い型、独りよがり型、抱え込み型…etc “タイプ別”残業時間削減のテクニックとその進め方
    残業を削減するには、まずは社員の働き方を検証、見直し、恒常型残業を削減することから始めなければなりません。本記事では、日本能率協会総合研究所の広田 薫氏が「残業削減に向けた基本的な考え方」や「残業の九つのタイプ-その傾向と対策」など、具体的な事例を挙げながら、詳しく解説しています。
  • 「残業時間削減」を考えるときに読んでおきたい記事6選
    働き方改革の重要性が叫ばれる現在、従業員の残業時間削減は、多くの企業にとって重要な課題となっています。しかし、残業時間削減の目的や、残業が発生している原因を明確にしないまま施策を実施しても、その効果は一時的なものにとどまってしまい、根本的な解決にはつながりません。人事には、自社の問題をしっかり見極め...

あわせて読みたいキーワード

朝残業
「朝残業」とは、正規の勤務時間内に予定の業務を終えられなかった場合、残った仕事を深夜まで残業して終わらせるのではなく、翌朝の始業時前にその業務を行う働き方のことです。大手商社の伊藤忠商事では午後8時以降の残業を原則禁止し、代わりに午前5時から9時までの時間外手当の割増率を引き上げて朝残業を促す新制度...
ノー残業デー
「ノー残業デー」とは、従業員に残業をせずに定時で退社することを推奨する取り組みのこと。週の真ん中である水曜日に設定している企業が多いようです。数十年前から存在したとも言われますが、近年は働き方改革に向けた動きが活発化していることもあり、長時間労働の削減策として導入する企業が増えています。オンとオフの...
労働時間貯蓄制度
「労働時間貯蓄制度」とは、主にドイツなどで導入・実施されている労働時間モデルの一つで、職場で定めた契約上の労働時間と実労働時間の差、すなわち残業や休日出勤など所定外の労働時間をあたかも銀行預金のように勤務先の口座に積み立て、後日、従業員が有給休暇などに振り替えて利用できるしくみのことです。労働需要の...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「処遇」から「目標達成」へ<br />
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

「処遇」から「目標達成」へ
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく...


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...