企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14144件   回答数29949

仕事納め日の時給者の給与支払いについて

弊社は12月28日(金)が今年の仕事納め(最終出勤日)です。
通常、定時退社時間は18時30分ですが、28日は午後に社内で納会を
実施し、15時以降は退社してもよいことになっています。

この場合、正社員、契約社員は18時30分まで出勤したものとみなして、
給与を1日分支払います。

一方、パート・アルバイト、派遣社員は実労働分、つまり15時までの
時給分を支払います。

今回、教えて頂きたいのは、派遣社員について実働分のみの支払い
でよいか、ということです。派遣会社との契約内容には、定時就労
時間は18時30分までと記載があり、指揮命令権は派遣先にあります。

しかしながら、会社都合(仕事納めと納会)で定時退社時間が15時
になった場合、もとの契約では18時30分としているので、そこまで
の15時から18時30分までの時給も支払う必要があるのでしょうか。

例えば、一般的には派遣社員が仕事がなくて暇を持て余していても、
「仕事がないから帰っていいよ」と早上がりさせず、契約通り18時
30分までは在席してもらい(させて)、時給を支払っているかと
思います。

この件について、お分かりの方がいらっしゃればご教示ください
ますよう、お願いします。

  • コロンボ警部さん
  • 東京都
  • 販売・小売
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2018/12/06 15:22
  • ID:QA-0080865

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/12/06 16:23
  • ID:QA-0080868

代表者

派遣料カット云々を問題化せず、正社員と同じ措置を講じては

▼ 確かに、派遣元には定時迄の派遣料を支払っていますが、正社員、契約社員にも、所定楼時間相当の賃金を支払っていますよね、
▼ 契約形態は違いますが、労務提供の対価という面では共通していますね。具体的には、「15時以降、退社可、賃金保証」、然も、「一過性」の措置であることも共通しています。
▼ そんな環境で、派遣社員だけ、ポツンを仕事場に残している状況、大きな違和感を覚えますね。ここは、派遣料カット云々を問題化せず、正社員と同じ措置を講じられては如何ですか。
▼ 勿論、明確な時給者は、契約の趣旨通り扱っても、全体のバランスを乱すことにはならず、問題は起きない筈です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/06 18:28
  • ID:QA-0080877

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

派遣社員について15:00~18:30までの賃金を支払うかどうかは、派遣元との派遣契約によります。

また、社員が全員帰ってしまったのに、派遣社員だけ残るというのは通常あり得ません。指揮命令は派遣先だからです。

ただし、派遣元との契約や話がどうなっているかですが、年末であれば、15:00~は派遣元に戻るというケースもあります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/06 19:13
  • ID:QA-0080879

人事・経営コンサルタント

契約

派遣社員の対応は派遣契約が総てです。勤務時間はすべてあらかじめ決まっていますので、その通りの料金発生となります。今回のように年末年始など特別シフトが決まっているのであれば、契約時に盛り込んで置く必要があり、そうなっているのであれば、実働時間でかまいません。
そうした取決めをせず、一般的勤務時間が18:30とだけ書かれているのであれば、その料金は払う必要があります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/06 20:46
  • ID:QA-0080882

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、派遣社員につきまして勤務上の指揮命令を行うのは御社であっても給与を支払うのは派遣元会社になります。

従いまして、御社都合で勤務時間を短縮されることは可能ですが、給与額まで勝手に変更する事は越権行為になりますので認められないものといえます。

このような場合の措置としましては、まず派遣元会社に時間短縮になる旨とその理由を伝える事が不可欠です。その上で、実際に支払われる給与額の取扱いにつきましては、協議された上で最終的には派遣元会社で決めてもらうことになります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休憩時間に関して
弊社の休憩時間に関して質問させていただきます。 弊社の就業規則で休憩時間は下記のように設定されています。 ①12時30分~12時30分 ②18時00分~18時30分 ③22時00分~22時30分 なお、始業・終業は9時~18時です。 (質問) ・現状ではここで9時~19時まで勤務し、昼は休...
アルバイトの時給設定について
アルバイトの時給設定について教えてください。 アルバイトを3つの時間帯に分けて 時給設定を検討しています。 ①8時半~17時30分  時給900円 ②17時30分から22時 時給1,000円 ③22時以降       時給1,100円 仮に②の時間帯の者が残業した場合 22時以降の賃金は...
時給の変更について
お世話になります。 いつも拝読し勉強させていただいております。 弊社のアルバイトの時給についてご相談いたします。 弊社アルバイト(テレフォンアポイター)の時給は電話での契約獲得数により毎月変動いたします。現在の時給表では契約台数0の場合の時給は\1100であり、極端に言えば電話をしているだけで時...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
    「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持っているのでしょうか。アンケートよりひも...
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • ソン?トク?パートの時給アップ
    「時給を上げる」結果は、単に「人件費が上がる」、なのでしょうか?実は、「時給を上げること」が、それにより上昇した人件費分以上の利益を、会社にもたらす場合もあるのです。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

MUFGビジネスセミナー名称変更
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:05/01~05/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


“守り”の姿勢では人が採用できない時代。<br />
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

“守り”の姿勢では人が採用できない時代。
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

企業の採用意欲が極めて高い水準にある近年、求人サイトや人材紹介会社から...