企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数15084件   回答数32427

原動機付自転車の通勤手当規定について

いつも大変お世話になっております。

現在、弊社では自動車、自動二輪車、自転車での通勤に対して
距離に応じて通勤手当を支給しております。

この度社員から、今後、原動機付自転車で通勤したいのだが、
そのときの手当ては、自動二輪車か自転車かどちらの基準に沿って支給されるのか
と質問を受けました。

私としては自動二輪車の基準に沿うべきなかと考えているのですが、
一般的にはどのように扱われるものなのか気になり質問させていただきました。

お忙しいところ恐れ入りますが、一般的な見解をお伺いできれば幸いです。

  • 投稿日:2018/11/16 13:28
  • ID:QA-0080465
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/16 16:13
  • ID:QA-0080468

人事・経営コンサルタント

区分け

通勤手当の主旨からすれば燃費などを考慮しての区分けと思いますので、この3択しかないのであれば、自動二輪車でしょう。ガソリンを使わない自転車と原付を一緒にすることの方が無理があると感じます。数からいえば圧倒的に原付が多いはずではないかと思いますので、「自動二輪車・原付」のように名称を変えても良いかと思います。

  • 投稿日:2018/11/19 08:42
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/16 22:11
  • ID:QA-0080479

代表者

電動自走機能があれば自動二輪車の扱い

▼ 駆動補助機付自転車(所謂、電動アシスト自転車)とは違い、原動機付自転車は、電動で自走する機能を備えているので、ご理解の様に、自動二輪車の基準を適用するのが、正しい措置です。
▼ 警視庁・「ペダル付電動自転車」の走行(使用)参照して下さい。
参照先 ⇒ < http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/bicycle/pedaru.html >

  • 投稿日:2018/11/19 08:43
  • 相談者の評価:大変参考になった

参考となるHPも提示していただきありがとうございました。
参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/18 12:44
  • ID:QA-0080487

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、道路交通法上におきまして両者は別の車両(原動機付自転車と自動車)としまして定められています。そして、原動機付自転車については通常の自転車は含まれないものとされています。他方、道路運送車両法上では異なる区分がなされており、排気量の少ない自動二輪車の一部も原動機付自転車として扱われています。

従いまして、こうした分類基準及び一般的にも自動二輪車も原動機付自転車に含めて考える場合が多いことから、自動二輪車に準じる取扱いをされても特に差し支えはないものといえるでしょう。

  • 投稿日:2018/11/19 08:44
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご説明いただき、よくわかりました。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/19 03:07
  • ID:QA-0080494

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

現状の通勤手当支給規定が、動車、自動二輪車、自転車に対して何を基本として通勤手当を支給しているかによります。

例えば、ガソリンを基本とした自動二輪とするのか、距離あるいは一律を基本とした自転車とするのかですが、原付となれば、さほど遠距離ではないことも予想できますので、自転車基準とする選択しもあります。

まず、原付通勤を認めるかどうかもありますが、具体的に両方シミュレーションして検討するのが、実務的でしょう。

  • 投稿日:2018/11/19 08:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
ご意見を参考にし検討したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

長期的な不況が続き、グローバル化が進むなか、この時代を企業が生き抜くた...