企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13206件   回答数27653

考課期間と決算時期について教えてください

現在人事評価制度の見直しを行っております。
過去きちんと手をつけてこなかったため、
決算時期と考課期間、昇給昇格が入り組んだスケジュールになっています。
分かりにくいため、従業員が目標に対してコミットしずらい状況です。

これを期に是正したく、案を下記のように考えております。
決算時期を変更した方がよいのか、しなくてもよいのかご意見ください。
また、他の方法についてのご提案もあれば有難いです。

■背景
正社員数:1000名
決算時期:5月
設立約30年の非上場の製造業

■現在
①昇給 (年1回 4月1日)
②昇格 (時期不定 主に年2回のタイミング 6月、12月)
③賞与 (年2回 8月 12月)考課期間:4/1~9/30 10/1~3/31
④報奨金 (年2回 5月 11月)

■案
考課期間:4月~9月/10月~3月
賞与・報奨金支給:12月/6月
昇給:4月 昇格:4月/10月

→決算時期を3月に変更する提案をするか、せずに人事評価のみ上記で運用するのか判断に迷う。
経営者からは必要あれば決算時期の変更も可とは言われているが、しなくて済むのであればそうしたい。

→決算時期を5月のまま、6月~11月/12月~5月を考課期間とする案も検討したが、
賞与支払い時期が2月/8月と一般的な支払いからずれるため廃案となりました。

  • Naさん
  • 大阪府
  • 食品
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:評価
  • 投稿日:2018/07/12 15:33
  • ID:QA-0077763
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/07/12 17:56
  • ID:QA-0077770

代表者

決算期を「4月~3月」に改訂して頂くのが、検討案に最もフィット

▼ 先ず、会社業績を確定すべき決算期との整合性を維持することは、何かにつけ、やり易く。解り易い要件だと思います。現在、決算期の多い順は、4月~3月、10月~9月、1月~12月となっています。
▼ 現在、お考え中の案は、可なり多くの企業で行われる内容ですが、その為には、決算期を「4月~3月」に改訂して頂くのが、経験的にも、最もフィットする方式だと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/07/12 21:13
  • ID:QA-0077781

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、決算は経営に関する事項であり、一方人事考課や昇給・賞与については人事管理に関する事項ですので、合わせたくないということであれば無理に合致させる必要はございません。一般的には前者(経営)の方が後者(人事)より社内では上位扱いされているものと考えられますので、経営者が変えたくないというのであれば、法的に問題がない以上そのままでもよいのではと感じます。

勿論、決算時期と考課・昇給等の時期を合わせた方が実務上処理しやすくはなりますので、結局は全社的な観点から何を優先すべきか考慮された上で判断されるべきといえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/07/13 09:44
  • ID:QA-0077796

人事・経営コンサルタント

優先順位

経営方針の問題ですので、正しいかどうかより、経営上望ましいのが何かを決めることになります。
一般的に決算期と考課が連動するのは成果判断がしやすく、その結果を生かせるからで、ズレが大きくなれば良い評価でも悪い費用でも、督励や指導的意味づけがぼやけてくることになります。
こうした問題を提示した上で、経営判断ではないでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

リクナビHRTech 表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...