企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13206件   回答数27653

社宅・寮を探す時の不動産会社について

社宅・寮を社員が探す時、どの不動産会社を利用するかは、社員の自由に任せたほうがいいのか、それとも会社が指定する不動産会社しか利用できないようにするのか、どちらがいいのでしょうか?
また、どちらを採用している会社のほうが多いでしょうか?

  • 総務担当者さん
  • 滋賀県
  • 食品
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2018/07/11 10:56
  • ID:QA-0077724

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/07/11 11:52
  • ID:QA-0077727

代表者

会社の責任で、信頼の置ける業者に依頼することが必須

▼不動産の賃貸借には、宅地宅建取引のプロの知識と経験が必要です。従い、社員の希望を聞く迄は宜しいが、それ以上は、会社が責任を持って、信頼の置ける業者に依頼するのが賢明、と言うより、必須要件です。

  • 投稿日:2018/07/11 13:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/07/11 12:13
  • ID:QA-0077731

人事・経営コンサルタント

判断

良し悪しではなく会社の判断になりますが、自由にさせれば手間は省ける一方、管理面で不安もあり、会社指定とすれば選択肢が減る一方ボリュームディスカウントなどメリットがあり得ますので、貴社がどうしたいかで決めることと思います。

  • 投稿日:2018/08/02 15:38
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/07/11 12:56
  • ID:QA-0077733

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

社宅の選定者

社宅の選定は、従業員の希望を聞いたうえで、専門業者が複数探し、従業員が選択するという流れが一般的と考えます。
それぞれのメリット・デメリットを検討します。
<従業員が選択>
メリットは、
・自分で選んだので、社宅に対する満足度が上がる
デメリットは、
・探す時間がかかり、転勤の引き継ぎに影響する
・税務上の要件を満たさない可能性がある
 これは、従業員が選んだ物件を社宅として事業主が契約する場合、税務署が住宅手当の変形とみて社宅税制を適用しない懸念があります。社宅とは事業主が保有または契約している物件に従業員を住まわせることです。所得税逃れとみられる懸念があります
・社宅としてふさわしくない物件が選定される
  通勤時間がかかる、通勤交通費が多額、物件がみすぼらしい、近隣環境が悪いで、仕事に差し支える懸念があります

<事業主が選定>
メリットは、
・社宅としてふさわしい物件となる
・従業員の負担が軽い
・税務上の要件をみたす
デメリットは、
・従業員にとってお仕着せ感がある

よって、両者の中間であり、かつ税務上の要件もクリアする手順として
1 従業員から希望を聞く(間取り、構造、場所、通勤時間、家賃)
2 希望に該当する物件を不動産業者が探す
3 従業員がその中から選ぶ
  従業員がたくさんの候補から選ぶと自由選択に見えて税務上懸念が残ります。
  数物件の中から選ばせるのが良いのではないでしょうか

この手順が最も多いともいます。

  • 投稿日:2018/08/02 15:38
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/07/12 19:41
  • ID:QA-0077772

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、会社が準備して提供するのではなく社員自身が探されるということであれば、基本的には社員個人に任せるべきといえます。そうでなければ、せっかく個人が良いと考えている物件でも不動産会社が異なるというだけで入居出来ないということになりますので、不満をもたらしかねません。

但し、御社が特定の不動産会社と密接な関係を持たれており、他社と比べると様々な便宜を図ってもらえるということでしたら、社員にとりましてもメリットがございますので、事前に説明された上で指定されてもよいでしょう。

つまり、どちらを採用している会社が多いかということで決めるべきではなく、あくまで御社自身の状況で判断されるべき問題といえます。

  • 投稿日:2018/08/02 15:38
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
労組専従者の社宅利用
いつも利用させていただいております。 労組専従者が一般従業員と同じ社宅や寮を利用し、社宅料や寮費を会社が負担すること(自己負担額除く)は経費援助にあたるのでしょうか。 ご教授のほど、宜しくお願いいたします。
会社の敷地内で起きた損害
会社の駐車場に停めてある社員の車が、強風で、飛ばされてきた物体に、傷つけられてしまいました。(軽傷ですが) この場合、社員は、車の修理代を会社に請求できるのでしょうか? また、会社は、その社員の車の修理代を、支払わなければならないでしょうか?
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 社宅管理の最新実態──3割が今後、社有社宅を減少・廃止する意向
    労務行政研究所では、「社宅・寮、住宅融資制度に関する実態調査」を実施しました。本記事では、そのうち、保有の寮・社宅の動向に関する集計結果を中心に取り上げています。社宅については、隔年で調査しているものです。
  • 坂本 光司さん:“社員を“幸せ”にする企業経営のあり方とは
    ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者である、法政大学大学院・坂本光司教授は、企業経営とは「社員とその家族」「社外社員とその家族」「現在顧客と未来顧客」「地域社会・地域住民」「株主・出資者」の五人を幸せにすることだと説かれています。今回はこの中から、坂本先生が第一に幸せにしなければなら...
  • 薄井ゆうじさん 「新会社法」で起業して成功する社長、失敗する社長
    今年5月から新しく「新会社法」が施行され、誰でも資本金1円でも簡単に株式会社がつくれるようになります。しかし、「なぜ会社をつくるのか」「会社をつくるとはどういうことなのか」が、現在ほど問われている時代もないでしょう。薄井さんに改めて、会社をつくるということについてうかがいました。

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

管理者が成長するために必要なこと リクナビHRTech
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...