無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

週40時間を超える所定労働時間について

お世話になっております。給与計算を担当しているものです。

当社では基本的に月曜~金曜の1日8時間、週40時間を所定労働時間としています。
ただし、例外的に年に3度、土曜日の3時間を所定労働時間としています。
この土曜出勤の週についても月曜から金曜の所定労働時間は8時間のままですので、年に3度、
所定労働時間が43時間となる週が発生します。

質問は2点あります。
(1)そもそも週40時間の法定労働時間を超える43時間を所定労働時間として設定することに問題ないのでしょうか。
週に1日の法定休日を除き、1日8時間×6日間=週48時間まで所定労働時間とできるという認識で間違いないでしょうか。

(2)前段の土曜出勤の週で、月~金の間に残業も祝日や有給休暇もない場合、実労働時間が43時間になります。
内3時間分については所定労働時間内のため通常賃金は支払っていませんが、法定労働時間を超えるので割増賃金のみを支払っています。
具体的に言うと仮に時間単価が1000円の場合
 1000円×0.25×3時間 = 750円
のみ支払っています。

「1000×1.25×3時間 = 3,750円」を支払うべきではという思いもあるのですが、750円の支払いでも問題ないのでしょうか。

よろしくお願い致します。

投稿日:2018/06/05 13:15 ID:QA-0077020

くへいじさん
愛知県/情報処理・ソフトウェア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

(1)法定労働時間と法定休日は別に考えて下さい。
 法定労働時間は、1日8h、1週40hです。ですから、週43を所定労働時間とすることはできません。3hは時間外労働として扱ってください。

(2)3hについては、3,750円の支払いが必要です。

投稿日:2018/06/05 17:52 ID:QA-0077034

相談者より

明確な回答、ありがとうございました。
大変助かりました。

投稿日:2018/06/07 17:37 ID:QA-0077071大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード