無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

健康保険 加入日について

健康保険の加入について質問です。

11/15に前会社を退職し、11/16付で当社に入社した社員がいるのですが、
自分で11/16~前会社の任意継続保険に加入していました。
「11月分は自分で保険料は払ってきたから12/16~会社の健康保険にいれてください」
と言われました。
通常なら11/16付で当社健康保険に加入しないといけないと思いますが
本人も11月分は払ったのでいいと言っております。

健康保険は12/1付で加入した方がいいのか、
12/16付で加入した方がいいのか悩んでおります。

ぜひご教示お願いいたします。

投稿日:2017/12/13 11:53 ID:QA-0073967

DKKさん
熊本県/建築・土木・設計

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

任意継続は、退職後20日以内に加入手続きをしますので、11/15退社で11/16に入社が決まっているの、任継加入しているというのは、違和感があります。

また、そもそも、選択できませんので、御社で11/16~加入させる必要があります。任継は保険料折半ではありませんので、本人も負担が少なくなるはずですし、二重に支払った保険料は返還されます。

投稿日:2017/12/13 16:02 ID:QA-0073972

相談者より

ご回答ありがとうございます。

では、今からでも11/16付で当社健康保険に加入させ、既に支払っている分(約26,000円?ほど)は、本人に返還請求の手続きをしてもらえばいいということでしょうか。
その場合、12/25の給料から控除する保険料は11月分ということですよね?

初心者で分からないことだらけですので
ぜひ教えていただけると幸いです。

投稿日:2017/12/13 17:03 ID:QA-0073977大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件2

ご認識のとおりです。

投稿日:2017/12/13 18:03 ID:QA-0073978

相談者より

ありがとうございます。
参考になりました。

投稿日:2017/12/14 14:53 ID:QA-0073985大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
退職理由説明書

退職合意済みの社員に、どのような理由で退職に至ったかを記入してもらう書類です。ヒアリングは慎重に行いましょう。

ダウンロード
退職証明書

従業員が退職したことを証明する「退職証明書」のサンプルです。ダウンロードして自由に編集することができます。

ダウンロード
関連する資料
入社処理って実はもっとラクにできた!

入退社の作業は毎月多くの工数がかかる作業です。さらにコロナ禍では入社時の従業員と労務担当者のやり取りが煩雑になりがち。そんな大変な作業、実はもっとラクに正確に終わらせることができます。

健康管理システムの選び方

実際にシステムを使⽤する保健師だけでなく、
産業医、健康管理を担当する⼈事、そして経営者の⽅もご覧ください。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード