企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13524件   回答数28405

ケガによる退職者の傷病手当、求職者給付について

いつも参考にさせていただいております。

弊社は雪国にある建設業です。

脚を痛めて休職し、健康保険の傷病手当金を受給していた作業員が、先月退職しました。
継続で傷病手当金を申請をしており、雇用保険の求職者給付は延長申請を来月行う予定です。
ケガは業務外の事由によるものです。

弊社は冬期に除雪を請け負っており、除雪現場事務所の電話番として、
その退職した作業員をアルバイトで雇いたいという要請が現場担当者からありました。
あまり動く必要が無いので、ケガがあっても出来る作業内容です。

雇うとすれば、4ヶ月以内の季節作業員として、社会保険には加入しない予定です。

その場合、当然健康保険の傷病手当金は打ち切りになると思われますが、
アルバイト終了後、雇用保険の給付を受給することは可能でしょうか。

また、アルバイト終了後に、ケガが治っていれば、5月ころから復帰したいとの本人の要望ですが、
もしそうなった場合は雇用保険の給付をもらえる可能性はありますでしょうか

アルバイト雇用したことが、本人の不利益になるようならアルバイト採用しないと考えております。

本人にとって一番良い方法を模索しております。アドバイスよろしくお願いいたします。

ちなみに、アルバイトで得る収入の月額は、傷病手当金月額の2倍程度の見込みです。

  • kurikurikuriinさん
  • 新潟県
  • 建築・土木・設計
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2017/10/20 11:26
  • ID:QA-0073023

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/20 22:47
  • ID:QA-0073045

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、既にハローワークから受給に関わる認定を受けており、かつアルバイト終了後手当の受給日数が残っていれば通常新たに申請されなくとも受給が可能といえます。

一方、後段の御社へ復職という件につきましては再就職とはいえませんので、そのような場合に再就職手当等の雇用保険からの給付を受ける事は出来ません。

  • 投稿日:2017/10/24 11:15
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
アルバイト後に復職できなくても、失業給付は受けられそうなので安心しました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
雇用保険と労災保険
当社に入社した社員で、かけもちで他社A社に働いている者がいます。雇用保険を入社日からかけようとして手続きをしたところ、A社の方で雇用保険をかけている為、雇用保険はかけることができませんでした。この場合、雇用保険はどちらでかけるべきなのでしょうか?また、労災保険は、当社もA社もかけることができるのでし...
64歳と65歳の失業給付金について
退職日を迷っておられる社員がいるのですが、64歳11か月で退職した場合と、65歳になってから退職した場合、雇用保険から受給できる失業給付金などの違いを教えて下さい。 また、月中退職と月末退職で生じる違いを教えて下さい。
アルバイトの最低雇用日数
以前アルバイトで週4日雇用しておりました。 この不景気のため、日にちを減らしたいと思っています。 週何日以上、何時間以上、月何日以上雇わなければいけないというような規定はあるんでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • アルバイト・パートの「現状」
    全雇用者の4人に1人を占めるアルバイト・パート労働者。 そもそもアルバイトとパートの違いとは?知っているようで知らない アルバイト・パートの基本情報をチェック!
  • どうする? 迫る社会保険の適用拡大
    パートタイマー白書や就職活動の意識調査など、アイデム人と仕事研究所が独自で行っている調査を考察。今回は「厚生年金・健康保険の適用拡大」について。厚生年金・健康保険への加入要件が「週30時間以上または年収130万円以上」から「週20時間以上または年収106万円以上」に引き下げられますが、パート・アルバ...
  • 2. アルバイト・パート雇用における労務上の注意点
    正社員もアルバイト・パートも労働者としての権利に変わりはない。アルバイト・パートの場合は、勤務時間や出勤日数が正社員よりも少なく、時給や日給といった給与形態が一般的だ。勤務条件が個々に異なるため、有給休暇の付与日数や社会保険の加入・非加入にも違いがあり、さらには扶養控除内での勤務も絡んでくるなど、き...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 学びを可視化する ビジログ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:12/01~12/09
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...