企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

出向先からの派遣について

当社の子会社へ当社社員を出向させて、子会社から他社へ派遣社員として勤務させることは違法になるでしょうか。子会社は、派遣事業を取得しています。※子会社は当社100%出資の会社です。

投稿日:2017/06/01 09:41 ID:QA-0070832

サカサンさん
山形県/精密機器

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、出向先から派遣する事自体で直ちに違法とはなりません。

但し、出向や出張とは異なり、派遣社員として勤務させる措置については通常の場合労働条件には含まれていないはずですので、派遣を実施する為には勤務条件を明示された上で当該社員の同意を得る事が必要といえます。

投稿日:2017/06/01 10:46 ID:QA-0070834

相談者より

大変参考になりました。
ありがとうございます。

投稿日:2017/06/23 09:43 ID:QA-0071219大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

出向先からの派遣に関する留意点

▼ 親子間と言っても、法的には独立した別法人であり、出向させた場合は、出向先とも雇用関係が成立します。依って、出向先会社が所定の派遣事業許可を取得していれば、他社へ派遣は可能です。
▼ 但し、二つの留意点があります。
① 出向社員の受入目的が派遣と特定されていない場合には、派遣であることを明示し、その同意を得なければならないこと。(派遣法32条)
② 出向に伴い、出向元・出向先間で、二重の労働契約が成立するが、根幹に係る重要事項は出向元に留保されていると解され、実質、禁止されている二重出向と看做されるリスクがあること。(同44条)

投稿日:2017/06/01 12:27 ID:QA-0070836

相談者より

ありがとうございます。

投稿日:2017/06/23 09:43 ID:QA-0071220大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

形式的には、出向労働者を派遣することは、出向先でも雇用関係がありますので、直ちに違法とまではなりませんが実態で判断されることになります。

出向は業としては行えませんが、派遣は行として行うものですので、矛盾や疑義が生じるリスクが大きくなります。

子会社への出向目的が何か=適正な出向なのかによりますし、そもそもが派遣目的の出向であれば、違法とされるリスクがあります。

また、出向が実質的に「派遣」であれば2重派遣に該当してしまいますので、注意が必要です。

投稿日:2017/06/01 21:02 ID:QA-0070842

相談者より

ありがとうございます。

投稿日:2017/06/23 09:43 ID:QA-0071221大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
転籍出向者の出向について
弊社の子会社に転籍出向させている者を、得意先に対して出向させる(二重出向)ことの是非についてご教示願います。 出向契約は、弊社子会社と出向先会社となります。
子会社へ出向させた社員
親会社の本社(出向元)から子会社(出向先)へ出向している社員が子会社と親会社の支店が業務委託を結んだ為、出向している身分のまま、出向先から更に出向する状況になってしまうのですが、これに問題はないでしょうか?
常用型派遣について
いつも利用させていただいております。 派遣には、登録型派遣と常用型派遣があるかと思いますが、常用型派遣は派遣元会社と無期雇用あるいは有期雇用で契約し、派遣先へ派遣をおこなうことになるかと思います。 この場合、派遣元会社で正社員(無期雇用者)を派遣先へ派遣することは、法的に問題となるのでしょうか。...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 派遣の終了・更新・解除の実務
    スタッフの雇用安定措置にかかわる法律を把握した上で、講ずべき対応とは
  • 5. 人材派遣が可能な業務と期間
    人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社の業務がどういったもので派遣が可能な期間...
  • 7. 人材派遣活用のノウハウ
    派遣スタッフを迎え入れ、気持ちよく働いてもらうために重要なのは、「派遣とは何か」を周囲の従業員が十分に理解していることだ。さらに、なぜ派遣を使う必要があるのかという会社の状況を関係する全従業員で共有しておくことは、職場の風通しの良さにもつながる。派遣スタッフが働きやすい職場は、自社の従業員にとっても...
あわせて読みたいキーワード
グループ内派遣
「グループ内派遣」とは、人件費の節約などを目的に、大手企業が人材派遣会社を子会社として設立し、同社が親会社およびそのグループ企業各社に労働者派遣を行うことをいいます。2012年10月に施行された改正労働者派遣法(同年4月に成立)が、派遣会社に対して、系列企業への派遣割合を8割以下に抑えることを義務付...
紹介予定派遣
労働者派遣事業と職業紹介事業を組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。
出向
「出向(在籍出向)」とは、一般的には企業が社員との雇用契約を維持したまま、業務命令によって社員を子会社や関連会社に異動させ、就労させることを指します。出向の場合、対象となる社員の籍と給与の支払い義務は出向元企業にあり、社員に対する業務上の指揮命令権は出向先の企業が有します。人事異動の形態としては、企...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/28
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。