企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12150件   回答数25154

セキュリティ遵守者への評価制度について

昨今のセキュリティ事故・事件を鑑み、弊社も含め多くの企業がセキュリティ教育や対策を行っていると思います。
しかしながら、こういった対応は行うことが「当たり前」であり、問題を起こした者への処罰・指導といったものが大半に感じられます。
そこで、一定期間問題を起こさなかった個人・案件に対して評価制度を設ければ、モチベーションの向上に繋がるのではないかと考えています。

例:
●●チームは1年間セキュリティ対策を遵守し、無事故を達成したため、メンバーに報奨金を進呈する

業務内容や案件に携わっている人数にもよるため、画一的な評価は難しく感じますが、運用方法の案やアドバイス等を頂けましたら幸いです。

以上、宜しくお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:評価
  • 投稿日:2017/02/17 14:54
  • ID:QA-0069321
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/02/17 23:11
  • ID:QA-0069329

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、ある種皆勤賞に類似した評価制度ともいえるでしょう。

つまり、そうであれば、人事制度的には余り難しく考える事はなく、「無事故」「クレームゼロ」といった分かりやすい指標を挙げ、コスト面も考慮の上報奨金を出されるとよいでしょう。

勿論、具体的にどのような制度とされるかは多種多様であり、会社の業態や発生する問題の内容に応じて決める事が必要ですので、この場で職場事情を知りえない外部の者が提示出来るものではない旨ご理解下さい。

但し、こうした制度を設けますと、内容によっては部署ぐるみで事故やクレーム等の問題発生を隠蔽する体質を助長するといった逆効果を招きかねませんので、一概にメリットが大きいとはいえない点にも留意されるべきです。そうしたデメリットを低下させるため、事故やクレーム等に対する的確な対応についても評価対象とするといったやり方も考えられるでしょう。

  • 投稿日:2017/02/21 16:52
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
隠蔽するという観点は意識しておりませんでしたので、大変参考になりました。
皆勤賞のように単純な基準にし辛いのがネックですね。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/02/19 01:27
  • ID:QA-0069335

人事・経営コンサルタント

評価基準

本件ですがやはり一番のキモは評価基準ではないでしょうか。職務や担当により、セキュリティに関わる事案へのアクセスが均等ということは普通無いと思いますので、例えば年間数十件しかアクセス市内部門と数千数万~の部門を同等に件数評価はできません。
例えれば日ごろ運転をしない、ペーパードライバーがゴールド免許を持っていることに、技術上の優位性味が無いのと同様です。

そうした評価の均質性が担保できるのであれば、ご提示のポジティブな評価も可能かも知れません。または対象をほぼ同等な条件の技術者だけに限定して適用するなど、いずれにしても公平公正さが評価には絶対不可欠です。

  • 投稿日:2017/02/21 16:54
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
正に懸念している部分でして、どうすれば公正さが保てるかを引き続き考えたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/02/19 20:06
  • ID:QA-0069336

代表者

セキュリティ遵守義務は、守られて「当り前」。モチベーションの問題ではない

▼ セキュリティ・レベルの維持・向上には、ITツール面のみならず、人的、物理的局面を含めた防御態勢の稼働が欠かせません。多様なリスクに対して、実際の被害が発生する前に必要な対策を講じておくためには、また組織の限られたリソースで最大限の効果を上げるための措置は、企業毎に多種多様です。
▼ 対策がどうであれ、社員全員に、適切、且つ、フル稼働して、定められた情報セキュリティ・ポリシーに沿った行動が求められます。当然、その結果として、無事故あることが要求されます。つまり、「無事故が求められるボトムライン」なのです。
▼ 従い、表現は良くないかも知れませんが、「問題を起こさないこと」を、モチベーションの向上ツールとして活用する類のものではないと思います。個人情報を含む企業セキュリティは、完全に守られて「当り前」で、それを阻害する行為には、厳しいマイナス評価の世界しかないと考えます。

  • 投稿日:2017/02/21 17:00
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。
守ることが当たり前であることは同意なのですが、従業員にとっては業務であり、優秀な結果には評価を与えたほうが意識の向上にも繋がるのではないかというのが本件の趣旨になります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!健康経営特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...