企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14720件   回答数31393

1dayインターンシップ内定者の参加

いつもお世話になっております。

現在1dayのインターンシップの企画をしております。
その中で社内のスタッフで企画すべて回す予定でしたが、せっかくなので内定者の方も少しお手伝いいただけそうであれば当日ご協力いただこうかと考えております。

内容としては、買い出しや1つ下の学年たちと一緒に食事とったり、質問に答えたりなどが主です。
強制的にお願い!という形ではなく、内定者全体に呼びかけてもしご興味あって当日お手伝いいただける方いらっしゃいましたらお声掛けくださいレベルを想定しております。

もし、いらっしゃった際なのですが、交通費の支給、昼食の支給はできればと思っておりますが、給与等の賃金はお支払すべきなのでしょうか。
ご教示の程宜しくお願い致します。

  • おおさん
  • 東京都
  • 教育
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:新卒採用
  • 投稿日:2017/01/24 10:08
  • ID:QA-0068889

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/01/24 14:40
  • ID:QA-0068901

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

内定者に手伝ってもらう目的をはっきりさせた方がよろしいと思います。

まだ経験のない内定者にインターンシップの相手をさせることになるわけですから、せっかくなのでだけで安易に声をかけるのはいかがなものかと思います。

また、拘束時間等にもよりますが、アルバイトとして協力してもらうわけですから、日当は支払うべきでしょう。

ただし、詳細によりますので、賃金を支払わないのであれば、ボランティア参加とし、参加しないからといって、いっさいの不利益はないということを明確にしておくことです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/01/24 20:47
  • ID:QA-0068907

人事・経営コンサルタント

インターンシップ

大学等で多数のインターンシップ指導をして参りましたが、給与(日当)支払については全く決まりがなく、各社が勝手に決めています。ただし知財などの関係もあって、有給とする企業の方が多いでしょう。本件は完全ボランティアであることを明示して無給とするか、アルバイト扱いで有給とするかですが、内容から見て貴社の指導部分が少ない、あるいは無いようであれば、有給が無難ではないでしょうか。交通費については有給でも無給でも、同一県内などたいした金額でなければ負担してはいかがでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/01/25 09:35
  • ID:QA-0068915

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、会社から強制的に参加させ行わせるのであれば、労働時間と判断され賃金支払いが必要になります。

そうではなく、会の主旨(食事を伴う交流の場)を説明された上で、任意で協力をお願いする場合ですと、文面内容程度の手伝いであれば一種のボランティア活動としまして労働時間には該当せず、それ故賃金支払までは不要と考えてよいでしょう。

但し、その場合でも時間を割いてもらって協力して頂く以上、ご認識の通り交通費や昼食の支給程度は当然に行われるべきといえます。

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
内定式
この度、弊社として初めて『内定式』を行うことになりました。内定式の企画・立案を任されたのですが、まったく初めての状態でして、情報がとても少ない状態です。 そこで、ご意見を伺いたいのが 1.何の為に内定式を開催するのか 2.どのような内容・プログラムを組んでいるのか という二点です。 以上、よろ...
内定通知書について
お世話になっております。 間もなく10年度卒業の学生に対し、内定を出すのですがその際に、内定通知書をお渡しするつもりです。 10月には改めて内定式を行う予定なのですが、その場合には再度内定通知書を渡すものなのでしょうか? 2度内定通知書が渡されるのは不自然ですか? それとも10月以前の内定通知書...
内定辞退
今年になって内定辞退が急増しております。内定辞退を防ぐ具体的な方法についてお伺いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

内定後インターンシップ
「内定後インターンシップ」とは、すでに就職活動を終え、就職先が内定した学生が卒業までの間に取り組むインターンシップのことです。就活後の残された学生生活を、学業や遊びに費やすのではなく、内定先企業とは異なる会社や団体での就業体験に活かすという選択肢が、若者の就労観をめぐる新しい動きとして注目されていま...
エクスターンシップ
大学生に対するキャリア教育の一環として行われる短期就業体験プログラムのことを、アメリカでは「エクスターンシップ」(Externship)と呼びます。学生自身が関心のある分野に能動的に参加することによって、企業や業界に慣れ、実践的な職業スキルに触れる機会を提供するのがねらいです。同じく就業体験であるイ...
内々定
「内々定」とは、「内定前の内定」という意味で、企業などが就職を希望する新規学卒者などに対し、正式な採用通知に先立って、非公式の採用予定通知を出すことをいいます。政府が「2020年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請」において、新卒採用者に対する内定通知は卒業・修了学年の10月1日以降(2...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン LINE採用コネクト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...