企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12150件   回答数25154

新規アルバイト採用取り消しについて

お世話になっております。

表題の件について、ご相談お願いします。

3月にアルバイトの面接をして、採用という形をとりました。
電話での口頭で伝えたので、まだ労働契約書など書面になるものは何も交わしていません。

勤務開始は6月1日からとなっています。


相談としては、このアルバイトスタッフの採用を取り消したいと思ってまして
そもそも問題がありそうか、また注意するべき点や対応方法をご教授いただきたいです。

背景としましては、会社の経営不振により、元々設定していた店舗の定員数の見直しがかかりました。
面接した当時は、まだその設定ではなく枠があったので採用という形をとりました。
しかし、今のタイミングに定員調整が必要になり、採用してしまうと定員オーバーになることになりました。、
そこで、対応として採用取り消しをしたいと考えております。

そこで相談として、問題がありそうか、対応方法をぜひ教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

  • 投稿日:2016/05/23 06:14
  • ID:QA-0066151

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/05/23 11:33
  • ID:QA-0066153

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、現時点では、採用内定の状況と考えられます。

内定であっても、解約留保権付の労働契約とされますので、これを取り消す場合ですと慎重な対応が必要になります。

具体的には、早急に当人に連絡を採り、会社事情を真摯に説明された上で、契約されない事に同意を頂くべきといえます。

その上で、先方が難色を示すようでしたら、あくまで会社都合によるものですので、解雇予告に相当する30日分の給与を支払う等柔軟に対応されるべきといえるでしょう。

  • 投稿日:2016/09/29 15:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

コメントがもれてしまっていて申し訳ありません。
ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/05/23 11:54
  • ID:QA-0066157

代表者

真摯な理由説明と法規定による手当支払による解決を

▼ 労働契約書など書面による確認がない場合でも、契約は成立しますが、御社としては、採用取消の対象とされていることから窺えるように、当該雇用契約は成立していると認識されているものと理解した上で、回答いたします。
▼ 有効に成立している内定を取消すことは労働契約の解約すなわち解雇となります。内定の取消しは、その事由が内定当時知ることができず、また知ることが期待できないような合理的事由があると認められ、かつ、社会通念上相当とされるものであれば可能とされます。
▼ 今回のように、新規採用を不可能とするような予測不能な経営不振を事由とする場合も、(程度によりますが・・)考慮の対象となります。但し、解雇に際しては、労基法20条の解雇予告(30日以上前の予告、又は、30日分以上の平均賃金に相当する解雇予告手当の支払)の義務があります。
▼ 今回の事案では、未就労の状態にありますが、後一週間で就労開始となっている状況に鑑み、本人に対し、真摯な理由説明と共に、法規定による手当支払いをされることが、賢明、且つ、妥当な措置だと考えられます。

  • 投稿日:2016/09/29 15:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

コメントが漏れてしまっていて申し訳ございません。ご回答ありがとございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/05/23 22:51
  • ID:QA-0066170

人事・経営コンサルタント

話し合い

内定の連絡をしたことで雇用契約合意がすでに成立していますので、一方的破棄(=解雇)はできません。現実にできるのは事情の説明と辞退をお願いすることでしょう。
しかし6/1が目前までせまっており、このような土壇場での方針変更は全面的に貴社側が負うべきものといえます。1ヵ月だけ働いてもらうというのも現実的ではないように思いますので、解雇予告として1ヵ月分給与を出すことで和解するのも一案です。

シーズナルなご商売(海の家やスキー場など)では景気変動が読みづらいことがあるかも知れませんが、こうした人員削減まで必要なほどの状況があるのであれば、採用はもう少しぎりぎりまで待つ等、採用体制を見直すきっかけとされてはいかがでしょうか。

  • 投稿日:2016/09/29 15:14
  • 相談者の評価:大変参考になった

コメント漏れてまして申し訳ございません。
ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
採用時面接について
採用試験時の面接について、その手法を提供してくれる業者などはあるものでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...