企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15035件   回答数32305

懲戒による管理職の降格における再登用制度

懲戒による降格処分を検討している中で、管理職から降格して非管理職となった場合、その後の管理職再登用については、どのような制度が一般的なのでしょうか?
また、再登用制度を設定するうえで、法律上、気を付けなければならないことはございますでしょうか?

考えられるのは下記の3方法ですが、いかがでしょうか?
①通常の管理職登用の条件と同じように、登用試験を受け、通常の合格点を取れば再登用(或いは少し厳しくする程度)
②一定期間(1年か2年)は登用試験を受けれないが、期間満了後は①と同じ
③通常の管理職登用制度とは別の復活制度を設定(再登用には取締役会での承認が必要など)

  • *****さん
  • 大阪府
  • 繊維製品・アパレル・服飾
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2016/01/22 18:00
  • ID:QA-0064946
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/01/23 11:36
  • ID:QA-0064955

代表者

処罰完結後は、敗者復活の機会を均等に保証することが大切

▼ 適正に定められた懲戒規定に則り、降格処分を課された場合、記録としては残りますが、当該事由への対応は完結します。完結後も、それを引きづって、意図的に不利な差別を行うのは、論理上も、人事管理上も宜しくありません。
▼ 依って、① の方式(但し、意図的に厳しくすることは避ける)が妥当だと考えます。尚、本事案に類する一般的制度というものは見当たりません。要は、処罰も登用も、公正な視線で行われるべきであり、敗者復活の機会も均等に保証することが大切です。

  • 投稿日:2016/01/25 14:28
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速ご回答いただきましてありがとうございます。再登用制度を厳しくすることは好ましくない(二重処罰?)、というご指摘は大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/01/25 09:42
  • ID:QA-0064957

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、特に一般的と言われるような管理職再登用の制度はございません。あくまで各企業の人事ポリシーに沿って検討の上任意に設定すべきものといえます。

また、管理職再登用は労働者に取りまして有利な取扱いになりますので、降格の場合と異なり特段注意すべき事柄もございません。(※勿論、男性のみ再登用する等、明らかに違法または差別的なやり方については避ける必要がございます。)

その上で回答差し上げますと、①のみでは登用試験が近接した時期にある場合降格の実質的な効果が失われてしまいますので、比較の上では②または③の方がより適切といえるでしょう。そして、②と③のどちらがよいかについては確答出来かねますが、懲戒による降格を受けた方の場合ですと管理職への適格性有無につき試験の点数のみで判定出来ない可能性が十分にございます。
それ故、そうした懸念を払拭する選考の仕方も加えられる③のような方法が望ましいのではというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2016/01/25 14:24
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速ご回答いただき有難うございました。今後の制度設計の参考にさせて頂きます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/01/25 22:48
  • ID:QA-0064968

人事・経営コンサルタント

制度設計

あくまで民間企業である貴社が判断されることですが、比較的多く取り入れられているものは②のような応募に猶予期間を設定する方法です。さまざまなプロセスが混在するのは煩雑ですので、猶予期間をどう取り扱うかをルール化してはいかがでしょうか。
しかし懲戒の内容も斟酌する必要があるかも知れませんので、完全な自動化は難しいかと思います。基本ルール+弾力運用のための審査会のような組み合わせでいかがでしょうか。

  • 投稿日:2016/01/27 08:56
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただき有難うございました。二重懲罰にならないよう、かといって、全く一般社員と同じルールで再登用されるというのも社内的に理解されにくいと思いますので、先生方のご意見を斟酌いたしまして検討させていただこうと考えております。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト 女性活躍推進法が改正!▼詳細はクリック▼
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

長期的な不況が続き、グローバル化が進むなか、この時代を企業が生き抜くた...