企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

遺族補償一時金について

いつも利用させていただいております。

労災(死亡事故)の場合に、遺族補償年金あるいは遺族補償一時金が支払われるかと思いますが、
これらは損害賠償額から相殺することはできるようでしょうか。

宜しくお願いいたします。

投稿日:2013/08/06 13:40 ID:QA-0055648

*****さん
兵庫県/その他メーカー

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

労災保険給付を受ける場合ですと、給付を受けた額を限度に損害賠償責任を免れることが出来ます。但し、慰謝料等実際の損害と直接関係の無い補償を免れる事は出来ません。

また、遺族補償年金のように将来給付が発生するものに関しましては、給付される前に直ちに賠償額から相殺する事は出来ません。しかしながら、これでは事業主にとって大きな不利益となりますので、遺族補償年金の前払一時金の最高限度額までは一旦損害賠償の支払が猶予されることが認められています。そして、実際に前払一時金や年金が支給された時点で、支給額まで損害賠償責任が免除されることが可能です。

投稿日:2013/08/06 20:27 ID:QA-0055653

相談者より

ご回答ありがとうございます。

>遺族補償年金の前払一時金の最高限度額までは一旦損害賠償の支払が猶予されることが認められています。
→例えば、損害賠償を試算していると1500万円だったとき、前払一時金の最高限度額1000万円であれば、1000万円は猶予されますが、500万円はそのときに支払わなければならにということでしょうか。

>実際に前払一時金や年金が支給された時点で、支給額まで損害賠償責任が免除されることが可能です。
→実際支払われた前払一時金が800万円であれば、800万円分は1000万の損害賠償から免除され、残り200万円を支払えばよいのでしょうか。

また、
>遺族補償年金のように将来給付が発生するものに関しましては、給付される前に直ちに賠償額から相殺する事は出来ません。
→とありますが、遺族補償一時金(前払一時金ではない)を遺族がもらうことになる場合は、損害賠償額から直ちに免除できるものなのでしょうか。
(例えば、損害賠償額1000万円で、遺族補償一時500万円を遺族がもらっているならば、単純に1000万円の損害賠償額から500万円を免除し、遺族には損害賠償として500万円を支払えばよいのでしょうか。)

ご教授のほど、宜しくお願いいたします。

投稿日:2013/08/06 21:30 ID:QA-0055655大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事頂き有難うございます。

「例えば、損害賠償を試算していると1500万円だったとき、前払一時金の最高限度額1000万円であれば、1000万円は猶予されますが、500万円はそのときに支払わなければならないということでしょうか。」
「実際支払われた前払一時金が800万円であれば、800万円分は1000万の損害賠償から免除され、残り200万円を支払えばよいのでしょうか。」
「遺族補償一時金(前払一時金ではない)を遺族がもらうことになる場合は、損害賠償額から直ちに免除できるものなのでしょうか。
(例えば、損害賠償額1000万円で、遺族補償一時500万円を遺族がもらっているならば、単純に1000万円の損害賠償額から500万円を免除し、遺族には損害賠償として500万円を支払えばよいのでしょうか。)」

― 基本的には全てご認識の通りです。但し、死亡という非常に重大な事故であり労災保険を超えて損害賠償請求もされている案件ということですので、いずれにしましても詳しい事情を踏まえた上で慎重な対応をされることが不可欠といえます。また、状況によっては労災のみならず被害者側での過失相殺等も考えられますので、必ず弁護士等専門家のサポートを直接受けながら対処されることをお勧めいたします。

投稿日:2013/08/06 22:55 ID:QA-0055657

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2013/08/07 08:32 ID:QA-0055658大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
通勤災害・通勤労災
お世話になります。 通勤労災とは、一体、何を補償してくれるのでしょう? 本人の休業・治療費のほかに、相手の補償もしていただけるのでしょうか? 初歩的な質問で申し訳ございません。
労災休業補償について
平成14年12月に業務中負傷した従業員が休業をしております。年齢が当時69歳(現在72歳)ということもあり、現在まで休業が続いており、労災保険による休業補償が継続しております。 休業補償の期間限度はあるのか、打ち切り補償について、会社として雇用解除を含めて、今後はどのような対応を図っていけばいいか、...
労災休業補償について
平成14年12月に業務中負傷した従業員が休業をしております。年齢が当時69歳(現在72歳)ということもあり、現在まで休業が続いており、労災保険による休業補償が継続しております。 休業補償の期間限度はあるのか、打ち切り補償について、会社として雇用解除を含めて、今後はどのような対応を図っていけばいいか、...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
法定外補償制度
業務や通勤に起因した労働者の負傷、疾病、障害、死亡などに対して、労働者災害補償保険法(労災保険法)による労災補償給付とは別に、企業が独自の立場から補償給付の上積みを行う制度です。
打切補償
業務上の事由で従業員が負傷したり病気になったりした場合、使用者は従業員に対して全治するまで必要な補償(療養補償)を行う責任を有します。「打切補償」とはこれに対し、労働基準法81条が、使用者負担を軽減する趣旨で規定している免責措置。療養開始後3年を経過しても、負傷または疾病が治らない場合に限り、使用者...
労働災害(労災)
業務中や通勤時に負ったけがや病気は、「労働災害(労災)」の対象となります。近年、日本では仕事のストレスに起因する精神疾患を訴える労働者も増えており、企業・労働者ともに労災について学ぶ必要性が増しています。ここでは、負傷・疾病などによる労災の認定基準、労働者災害補償保険(労災保険)の概要や補償内容に加...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/09
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...