人事のQ&A<解決済み>

相談数11528件   回答数23907

採用時にうつ病歴を隠していた社員を解雇できるでしょうか。

先日、自らの原因で引き起こし、お客さまからのクレーム処理を担当していた者が、うつ症状との診断書を会社に提出し、現在休職に至っております。
本人に聞いたところ、前職でも発症したことがあるとのことでした。

しかし、入社に際して(入社後、約1年経過)、前職での発症履歴については、一切ありませんでした。
(入社時の健診票を提出済。既往病の記入なし)

1.この場合、入社にあたり経歴詐称があったとして、解雇することは可能でしょうか。
2.このような者を採用時にチェックする方法は何かありますでしょうか。

アドバイスをお願いいたします。

  • よっしーさん
  • 埼玉県
  • 住宅・インテリア
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2012/08/06 15:32
  • ID:QA-0050823

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2012/08/06 21:46
  • ID:QA-0050828

人事・経営コンサルタント

解雇より自主退職を説得

どの企業でもあり得るケースであり、また対応が非常に難しい問題です。もちろん詐称していたのは従業員ですし、実質的に会社に被害を与えてもいる訳ですから、解雇できる可能性はあります。ただ、裁判まで行った際に(行くかどうか決めるのは本人ですので)大きな時間的金銭的エネルギー負担が予想され、有無を言わさず解雇するのはあまり得策とは思えません。
急がば回れで、じっくり本人と面談し、本人の自主退職を促すのがもっとも安全ではないでしょうか。本人から退職届を取れば、後で裁判にまでエスカレーションしても、相当会社側のディフェンスは強固になります。慌てず、騒がず、脅さず、説得に取り組むことをお薦めします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2012/08/06 22:46
  • ID:QA-0050830

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御質問の件に各々回答させて頂きますと‥

1.経歴詐称で解雇可能となるのは、詐称内容が御社業務を遂行する上で重要性が高い場合に通常限られるものといえます。過去のうつ病を隠していたとしても、うつ病歴自体業務遂行に直接支障があるとは一般的に考えられません。従いまして、これを理由に解雇する措置は解雇権濫用としまして無効になる可能性が高いでしょう。

2.チェック方法はメンタルヘルスの専門家等が開発していますので、WEB検索等でお調べ頂ければと思います。但し、100%チェックできる方法はないといえるでしょう。ちなみにメンタルヘルス悪化は症暦のある方に限られるものではございません。採用時チェックよりは職場環境を向上させる等入社後の予防対策をしっかり採られる方に重点を置かれるべきというのが私共の見解になります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2012/08/07 09:45
  • ID:QA-0050833

代表者

病歴偽証は、解雇の正当な理由となり得る

採用に際して、応募者に病歴の申告を求め、その情報を取得することは法的に問題ないとされています。 入社後、その病気が、再発、悪化した場合、直截的に解雇事由と出来るかどうかは、状況次第だと思いますが・・・、(1) 然し、少なくとも、解雇検討に際して、「 病歴偽証 」 は、会社として、有利な立場で話し合いを進めることができる事実になります。(2) 一旦採用すれば、法(※)に基づき、社員に対し、健康診断の実施と結果を通知すべき、強制的義務を課せられていますので、虚偽申告や採用前受診拒否は、採用取り消しや、解雇対象となる得ることを、明確にしておくことは、このような事態発生への抑止力になると考えます。(※)労働安全衛生法第66条

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2012/08/07 13:05
  • ID:QA-0050836

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

病歴について

・原則として、採用面接時にうつ病、HIV、C型肝炎など病名をあげて病歴を聞くことはできません。職業安定法5条の4、必要ない個人情報等・・・に違反するからです。
 過去に病気であっても、現在、回復していれば業務遂行に問題はないからです。
ただし、医者に止められている場合は別です。

・再発するケースもあるでしょうが、個人差もありますので、過去の病歴だけで採用しないということは就職差別とされてしまいます。

・面接時には、業務内容を説明し、業務遂行に健康面で問題はありませんか?は聞くことができます。

・経歴詐称については、そのことが業務遂行において重大なことなのかどうか、すなわち事実と違うのであれば採用していなかったかどうかで、個別に判断されます。過去にうつ病というのは、回復していたのであれば重大とはいえないと思われます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2012/08/09 11:53
  • ID:QA-0050881

社会保険労務士法人SRグループ 代表

解雇の根拠と、社内環境整備による予防

就業規則の懲戒事由にあてはまる、入社時に経歴詐称等、虚偽がない旨の誓約書を書くなど、解雇にする明確な根拠があれば、解雇は可能です。しかし、本人より不服として民事的な訴訟に発展するなどのリスクも考えられますので、履歴の詐称の疑いとの旨を伝え、退職勧告にとどめるなど、こちらから解雇しない方法をお勧めします。

また採用時ですが、病歴について事細かにきくことも難しく、採用時で判別するのは困難になります。本人にとっては、うつ病による休職や退職は採用時にプラスに響かないため、話してくれないことも多いからです。採用時だけでなく、社内のメンタルヘルスを強化するなど、社内環境の整備によりうつ病を発病させないようにすることも必要になります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
採用取り消し、解雇、入社辞退
中途採用した人が、入社日、その翌日と欠勤しております。 会社としては、働く意欲がないと判断せざるを得ません。 そこで、入社を断りたいのですが、対応としては、採用取り消しか、解雇になるのか、それとも本人に採用辞退してもらうのか、また、作成しなくてはいけない書類があるのか、教えてください。 ちなみに入社...
採用時の健康診断について
新たに人事部を任された者です。 中途採用時に受けていただく健康診断を以前は確か入社前に行っていたはずですが、前任者に聞くと入社後に行っているとのこと。 通常他の企業ではどうしているのでしょうか? また、法的に入社前・入社後の規定等あるのでしょうか? 教えていただければ助かります。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 中途採用の「実務」【7】入社時の教育研修
    即戦力となることを期待される中途採用者の導入教育とはどうあるべきか。職場にうまく溶け込むための入社時研修から、入社後のフォロー策までをまとめた。
  • 中途採用の「実務」【6】内定後の対応
    優秀人材は逃がさない!内定は出しても油断は禁物。スムーズな入社につなげるために必要な内定後対応とは?

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新卒採用支援/内定者フォロー特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
ミスマッチの応募にお困りの採用担当者様へ
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:05/01~05/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


新卒採用支援/内定者フォロー特集

新卒採用から内定者フォローまでを支援するサービスやソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...