企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

試用期間満了による解雇

当社は3ヶ月の試用社員期間を経て、正規従業員として採用することにしています。
その際の要件として「試用社員期間中の出勤率は90%以上であること」という要件を設けていますが、これに満たない社員が出てきました。
よって、正規従業員としては採用せず、就業規則の定めのとおり解雇手続きを行いますが、以下の点をご教示下さい。
①解雇予告通知は、どのタイミングで本人に渡すべきか。(90%以下になることが確定した時点か?)
②就業規則に定める解雇事由に該当するため、労基署に申請し、解雇予告手当の除外認定を受けることができるか。

投稿日:2011/12/07 09:27 ID:QA-0047288

*****さん
兵庫県/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

試用期間満了による解雇、雇い止め。

試用期間が満了し、正社員雇用がない場合、雇い止めになるわけですが、労基法上は解雇になるので、解雇予告手当を支払わないといけないことになります。貴社では試用期間中の出勤率が90%以上でないと正社員登用がないわけですから、出勤率が十分でない時点で解雇予告することは可能でしょう。その場合、予告した期間に対して1か月に満たない部分は予告手当を支払うことになります。たとえば、半月前なら、予告分として半月分支払でよいことになります。なお、労基署に相談してみないとわかりませんが、除外認定は難しいと考えられます。基本的には試用期間は勤務してもらい、その満了時点で解雇予告し、予告手当を満額が払うのが穏便だと考えます。

投稿日:2011/12/07 09:33 ID:QA-0047289

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御質問に各々回答させて頂きますと‥ ①:確定する日というよりは、法令通り解雇となる日の30日前に通知する事が求められます。その結果、30日より少なくなる日数分につきましては解雇予告手当の支給が必要です。②:解雇予告除外は相当悪質な事案でなければ認定されません。就業規則の定めとは関係ない為、出勤率が単に低いだけではなく、出勤するよう度々注意しても改めなかった場合というように労働者側に大きな非があることが通常求められます。

投稿日:2011/12/07 09:57 ID:QA-0047291

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2011/12/07 10:41 ID:QA-0047293参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

試用期間について

1.試用期間は、試用期間中そのものが、お互いを見定める期間ですので、満了にこだわる必要はありません。また、試用期間中、2週間以内であれば、解雇予告等は必要ありませんが、2週間を超えた場合には、必要となってきます。
2.試用期間中の解雇といえど、正当な理由が必要ですが、その理由は規定によります。出勤率90%以上でないことだけが理由でしたら、そのことが確定した時点で解雇は原則、有効となりますので解雇予告をだして30日後に解雇すべきか、解雇予告手当を出して即時解雇をすべきでしょう。解雇すると決めた人間を、理由なく、試用期間満了までひっぱるのはお互いにメリットはありません。社員のためにも早めに、通通告すべきでしょう。
3.就業規則に定める解雇事由に該当することと、除外認定は全く関係ありません。
除外認定は、ハードルが高く、天災事変や悪質な犯罪行為の場合のみ該当となります。
以上

投稿日:2011/12/07 11:48 ID:QA-0047295

相談者より

ありがとうございました。
参考になりました。

投稿日:2011/12/08 09:01 ID:QA-0047314大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

解雇手続き

試用期間であっても2週間を経過していますので、解雇事由かどうかより、通常の社員の解雇と同じステップになります。
試用期間満了を待たずに、欠勤が多く、業務に支障をきたしていることを本人に確実に指導し、改善を約束させ、それを守らなかった事実を明確に記録しておく必要があるでしょう。もしくは対象社員から退職の申し出を「退職願」として受けるかです。

投稿日:2011/12/07 23:54 ID:QA-0047312

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2011/12/08 08:59 ID:QA-0047313参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
解雇通知書の件
今回1ヶ月の試用期間として採用していた方を、7月20日をもって解雇することに致しました。その時”解雇通知書”を出してくれと言われましたが必要でしょうか? 必要であればその内容を教えて下さい。
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
正社員の解雇について
営業系正社員を解雇できる要件を教えていただけますでしょうか
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
試用期間
試用期間とは、新たに雇用した従業員を正式に採用するかどうか、判断するために設ける一定期間のことをいいます。
レイオフ
「レイオフ」とは、「一時解雇」のことをいいます。業績が悪化した際に一時的に従業員を解雇し、その後、業績が回復した時に再雇用するというものです。レイオフは主にアメリカやカナダなど、北米企業において実施されている人事施策です。似たような用語に「リストラ」や「一時休業」などがあります。
諭旨解雇
「諭旨解雇」とは、使用者が労働者に対して行う懲戒処分の一つで、最も重い処分である懲戒解雇に相当する程度の事由がありながら、会社の酌量で懲戒解雇より処分を若干軽減した解雇のことをいいます。「諭旨」は、趣旨や理由を諭し告げるという意味。労働者の責によって生じた業務上の支障や損害について、使用者が強制的に...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/23
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。