企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

福利厚生施設で「スポーツクラブ」を運営する

従業員の健康増進のため「福利厚生施設(体育館)」を保有していますが、利用率が低く頭を悩ましております。
このため、この施設を利用し「スポーツクラブ」として活用しようと考えています。
そこで疑問が。
①会社で福利厚生施設としての取り扱いであるが「スポーツクラブ」を営業し利益を上げてよいか。
②①の場合で、会社として営業はしないが、施設を第3者に賃貸し、第3者が営業することは可能か。会社は賃借料のみ利益をあげる。
税法上の話になるかもしれませんがよろしくお願いいたします。

投稿日:2010/12/15 14:16 ID:QA-0024365

ヘルプデスクさん
香川県/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

定款変更が必要、リスクに見合う事業プランは可能か・・

.
■ 会社には、定款に記載された事業目的の範囲内でしか事業が行えないと言う制約があります。定款に記載されている事業目的以外のことを行い、株主、取引先や第三者に損害が及んだとき、経営者の責任が問われます。

■ 実際の裁判では、定款の事業目的の内容を比較的広く、柔軟に解釈されるようですが、全く異なる事業を行う場合には、株主総会の承認に基づき、定款変更と登記変更を行う必要があります。御社の現況が分かりませんが、現在の事業目的と全く異なる場合は、① ② いずれの場合も、定款変更は必要です。

■ 税法上は、特に変わる点はないと思います。それより、① の場合、かなりの大きな投資となりますので、そのリスクに見合うレベルの、ビジネスプラン、ノウハウ、人材、ファイナンスなどが可能かどうかが、心配な点です。

投稿日:2010/12/15 20:24 ID:QA-0024372

相談者より

 

投稿日:2010/12/15 20:24 ID:QA-0041865大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

スポーツクラブの営業

近年はスポーツクラブの競争も激化し、仮に外部委託しても三さんが取れるのかなどの問題はありますが、次のようになるでしょう。
まず、定款の問題ですが、多くの株式会社では、「その他、これに付帯する業務」と入れていることが多いので、問題は少ないと考えますが、念のため、確認してください。

税法上の問題ですが、福利厚生施設ではなく、会社の賃貸借物件ということになるでしょう。
社員の利用は無料というわけにはいかないでしょう。無料ではその分が社員の所得とみなされる可能性があります。
委託された企業と通常の契約を結んで、利用するのが税法上、無難です。
なお、委託可能な先ですが、採算性がありますから、どこでも受けられるわけではないです。彼らも採算が取れない物件を、銀行から推奨されて出店に困っているケースがあるようです。とくに同系列で顧客が競合する場合の出店は難しいことがあります。

投稿日:2010/12/15 21:10 ID:QA-0024374

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
スポーツクラブの利用規程を導入したい。
福利厚生の一環としてスポーツクラブの利用規程を導入したいと考えておりますが、 スポーツクラブの利用の規程のひな形が見つからず苦労しております。 ひな形のサンプルをご提示いただけましたら幸いです。 よろしくお願いします。
福利厚生施設の運用について
現在、当社では社員・OB用に宿泊、宴会、会議等に使用できる厚生施設があります。ここ最近は利用者数の減少により稼働率が低下しています。社員用ですので外部の使用は基本的には認めていません。この施設の存続について、ここままの状況では閉鎖することも考えられます。損益だけを見ると固定費が収入を上回っています。...
福利厚生制度の構築
弊社は福利厚生制度がまったく無いため、一からの構築を考えています。 何かいい方法はありますか。 アドバイスいただければ幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 今求められる「福利厚生」施策とは
    現代の日本企業には新しい「福利厚生」施策が求められている。最近ではその実現をサポートするアウトソーシング企業も続々と登場してきた。そうした施策やアウトソーシング企業を紹介する前に、ここではまず、そもそも「福利厚生」とは何なのか、考えてみたい。
  • 薄井ゆうじさん 「新会社法」で起業して成功する社長、失敗する社長
    今年5月から新しく「新会社法」が施行され、誰でも資本金1円でも簡単に株式会社がつくれるようになります。しかし、「なぜ会社をつくるのか」「会社をつくるとはどういうことなのか」が、現在ほど問われている時代もないでしょう。薄井さんに改めて、会社をつくるということについてうかがいました。
  • 人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える! 単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?
    近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業における「福利厚生」の持つ位置付けが大きく変化しています。単なる福利厚生ではなく、社内コミュニケーションや人材戦略に生かそうという動きが出ており、その中でもチケットやカードによる「食事補助」が大きくクローズアップされるようになってきま...
あわせて読みたいキーワード
3歳の壁
「3歳の壁」とは、0~2歳児向けの保育施設に子供を預ける保護者が、3歳以降の預け先探しに苦労する問題のことです。待機児童対策として0~2歳児のみが対象の保育施設が増設された結果、3歳以降の受け皿不足が起こり、もう一度“保活”(=保育園探し)に奔走しなければならない保護者が増えています。2015年4月...
サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
企業内保育所
「企業内保育所」とは、企業が育児中の従業員のために、事業所内または事業所の近辺に設ける専用の託児施設のことです。施設は企業がつくり、実際の運営は保育サービス事業者に外部委託するケースが一般的。国の認可外保育所の一つに分類され、預かる子どもの人数や子ども一人あたりの部屋面積などが基準を満たす場合は、...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/15
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

大学への現役合格を目指す高校生に、映像による授業を提供している、株式会...