無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

準委任契約の「管理責任者」に派遣社員を配置できますか?

お世話になります。

弊社はソフトハウスです。
弊社顧客A社と準委任契約で、A社内にて、
複数名の派遣社員および弊社正社員のチームで
作業をおこなっています。
※派遣社員は、弊社の協力会社の正社員です。

現在、準委任契約の「管理責任者」に
弊社正社員Xを配置し、A社からXが窓口となり仕事を貰っています。

【質問】
この「管理責任者」をXから派遣社員に変更することは可能でしょうか。
なお、Xは派遣社員の指揮命令者としてA社内に残ります。

よろしくお願いいたします。

投稿日:2022/06/28 14:01 ID:QA-0116665

DSさん
大阪府/情報サービス・インターネット関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

管理責任者の職務内容にもよりますが、

現場の派遣社員が監理責任者で、それとは別に指揮命令者がいるというのは不自然と思われます。

まず、準委任契約を締結しているのは、A社と御社なわけですから、管理責任はA社とすべきでしょう。契約書も確認ください。

そして、管理責任者が派遣社員に指揮命令するのが通常です。

特に準委任契約は、偽装請負とされるケースも少なくありませんので、ご留意ください。

投稿日:2022/06/28 16:56 ID:QA-0116675

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、こうした職場での責任者を派遣社員に命じる事は直接禁止されておりませんので、法令上は可能といえます。

しかしながら、重要なポジションであればこそ正社員で賄うべきですし、また派遣社員であればご周知と思われますが何か問題が起こった際に御社の就業規則によって制裁措置を科すことは原則認められませんので、極力そのような変更は避けるべきといえるでしょう。

投稿日:2022/06/28 19:59 ID:QA-0116683

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

派遣社員

出来ないというより成立しません。
派遣社員は貴社社員ではないだけでなく、今働いている特定個人ではなく派遣労働力です。
派遣労働力を買うのが派遣契約ですから、個人を特定できない存在が責任を負う責任者にはなりようがありません。

投稿日:2022/06/28 22:19 ID:QA-0116689

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

管理責任者と指揮命令者の役割分担がはっきりしており、なおかつ派遣社員への指揮命令者としてXがいる以上、派遣社員から管理責任者を選任しても、特に問題はないでしょう。

投稿日:2022/06/29 09:23 ID:QA-0116698

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
関連する資料
派遣法改正の変更点と派遣先企業が対応すべきことは? 2021年の改正を徹底解剖

労働者派遣法は、頻繁に改正が行われています。2021年の改正では、1月と4月の
2回に分けて施行され、「努力義務」とされていた項目を義務化し、これまでも
定められていた取り組みをより一層、強化する内容になっています。

本記事では、改正の背景や内容、求められる対応などをわかりやすく解説していきます。