無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

業務委託の保証賃金

美容師の業務委託契約の報酬について質問です。

歩合制の報酬が、業務委託の基本だと思いますが、報酬が極端に少ないことがないように、日ごとまたは月ごとに最低保証を設定しなければならないものですか?

投稿日:2021/03/18 13:11 ID:QA-0101900

*****さん
神奈川県/美容・理容

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

売上・経費率に依る

▼業務委託契約の場合、労働法の対象外なので、最低賃金は保障されません。美容サロン業界では、売上の40~50%が美容師の帰属率(取り分)と言われています。
▼全体の収入が、最賃法が適用されないこと、売上と経費率が読めないので如何とも言えませんが、委託側に、どれだけの最低保証余力見通しが持てるかに依ることになります。

投稿日:2021/03/18 14:50 ID:QA-0101905

相談者より

ご回答ありがとうございます。

求人募集によく月収保証の記載があるのは、独自の設定なのですね。

弊社も条件をよく検討して設定します。

投稿日:2021/03/18 17:46 ID:QA-0101910大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、最低保障が義務付けられているのは、労使間で締結される雇用契約における給与、すなわち最低賃金となります。また歩合制であっても雇用契約の場合には労働時間に見合った最低保証を行う事が義務付けられています。

これに対し、業務委託や業務請負契約といった双方が独立し対等な立場で締結される契約につきましては、基本的に契約内容の制限はございませんし、報酬につきましても双方の合意に基づき任意で決める事が可能とされています。それ故、最低保証無で契約される事も双方が同意する限り差し支えございません。

投稿日:2021/03/18 20:36 ID:QA-0101919

相談者より

お礼が遅くなり、失礼いたしました。
明確にわかり、助かりました。

投稿日:2021/03/24 11:26 ID:QA-0102070大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

商取引

業務委託は人事マターではなく商取引ですから、最低保障など条件が必要なら設定すれば良いですし、そのような対応せずとも請け負う業者があるなら不要です。歩合制が基本と決まったものではありません。

投稿日:2021/03/19 18:55 ID:QA-0101958

相談者より

お礼が遅くなり、失礼いたしました。
大変参考になりました。
報酬の設定の仕方をよく検討いたします。

投稿日:2021/03/24 11:28 ID:QA-0102072大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
育成型人事考課を目指すためのリスト

成果主義人事考課の目的は報酬決定のためであり、成果に対して報いる制度です。一方、育成型人事考課は「成果をあげられる社員の育成」を目的としており、仕事ぶりとこれから強化したい方向性を確認し、共有する人事考課です。
ここでは育成型人事考課を目指すための項目をリスト化しました。

ダウンロード

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード