企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

HR業界TOPインタビュー「人・組織」ビジネスを牽引する希代の経営者

株式会社富士ゼロックス総合教育研究所 代表取締役社長

小串 記代さん

「営業革新」「リーダー革新」の二つの軸で社会に貢献
変化の激しい時代に必要な「野心」と「挑戦」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社富士ゼロックス総合教育研究所 代表取締役社長 小串 記代さん

富士ゼロックス総合教育研究所は、複写機やプリンターの代表的メーカーである富士ゼロックスの関連会社で、富士ゼロックスに新規事業として発足した教育事業部門が独立し、1989年に設立されました。最も得意とする「営業革新分野」のコアメニュー「PSS(Professional Selling Skills)」は、設立以来、国内だけで約20万人の受講実績を誇ります。同社を2016年から率いているのが、代表取締役社長の小串記代さん。それまで同社では富士ゼロックスの出身者が社長を務めてきましたが、初めて富士ゼロックス総合教育研究所の社員から昇格を果たしたトップです。経験豊富な人材教育コンサルタントとしての顔も持つ小串社長ですが、実はこの分野でのキャリアをスタートさせたのは比較的遅かったといいます。社長就任までのバックグラウンドから、組織や人材に対する考え方、将来へのビジョン、今後の日本の人事に必要と考えるもの、さらにこの分野での成功の秘訣まで、人材・組織開発のプロフェッショナルである小串社長にお話をうかがいました。

プロフィール

小串 記代(おぐし・きよ)/ 大手エンジニアリング会社にて海外渉外業務、人事人材開発コンサルティング会社にてアセスメント、リーダーシップ教育に従事。1996年、株式会社富士ゼロックス総合教育研究所入社。商品開発、調査、コンサルティングに従事。2016年より現職。津田塾大学国際関係学科卒業、国際大学国際経営学研究科修了MBA。

グローバルな職務環境から人材開発コンサルティングへの転身

―― 人材・組織開発に関わられるようになったのは比較的遅かったそうですが、それまではどのようなキャリアを経験されてきたのでしょうか。

大学では国際関係論を専攻していたのですが、卒業後は出身地の高知県の新聞社で社会人をスタートしました。その後1年間イギリスに留学する機会があり、グローバルな環境で仕事をしたいと思うようになりました。

帰国後、中途採用で川崎重工業に入社し、秘書室の中にあった「海外渉外担当」に配属されました。国際的な仕事が多いエンジニアリング会社でしたので、トップが海外出張するときに随行したり、海外の経済界の方々とやりとりする際のサポートをしたり。まさに自分が望んでいたようなグローバルな仕事ができる環境でした。その後、海外渉外に加えて社長秘書も兼務するようになりました。

30代になったころ、男女雇用機会均等法が施行され、メーカーでも総合職を設けるようになり、私は第一期の総合職になりました。当時はまだ、男女の仕事上の役割に差があった時代でしたが、女性としてのハンディをそれほど感じずに仕事ができたので、大変恵まれていたと思います。出張で海外に行くことが多かったですし、トップの意思決定を近くで見る機会も多く、ビジネスの大きな流れを感じる環境だったと思います。

―― 非常に充実した環境だったと思うのですが、そこでなぜキャリアチェンジを考えたのでしょうか。

明確なキャリアビジョンがあったわけではないのですが、「このまま10年後も同じ仕事をしているのだろうか」と漠然とした不安を感じるようになったんです。たしかに国際的な環境で仕事はできていましたが、渉外や秘書はあくまでもサポート役。自分自身が主体的にビジネスに関わっていきたいと考えたときに、さて自分には何ができるのだろうかと振り返ると、何もないと感じたのです。上司に相談するなど、3年くらい悩みました。結果的に、もう一度ビジネスを体系的に学びたいと考え、大学院に行くことにしました。休職して行けばいい、という話もいただいたのですが、やるなら退路を断ったほうがいいと考えて、思い切って退職しました。それが35歳のころです。

大学院では、ビジネスの構造や理論を体系的に学びたいと考え、国際経営学を学びました。特に関心があったのが国際人事です。当時、日本企業が多数海外に進出していて、グローバル人事がキーワードになりつつあると感じていたことが大きかったと思います。

―― 人事や人材への関心はその当時からお持ちだったわけですね。

実は川崎重工時代にも、女性秘書のキャリア開発をテーマに昇格論文を提出したことがありました。当時は今ほど評価のフィードバックが重視されていなかったように思います。一人ひとりの能力開発には、本人にも強みや弱みをきちんとフィードバックして、積極的なキャリア開発につなげていくべきではないか、と提言したのです。今思うと、無意識のうちに「人の成長への支援」や「人材開発」への思いがあったのかもしれませんね。大学院は2年コースで、修了する37歳のころには、本格的に人材関連の仕事をやっていきたい、と考えるようになっていました。

そこで再就職したのが、株式会社マネジメント サービス センター(MSC)。アセスメントを得意とする会社で、アセスメント・センター・メソッドを通して、人を客観的に評価する、能力を構造化する、観察する、などのメソッドに興味があり、入社を決めました。職種はコンサルタント。私は37歳で遅いスタートだと思っていたのですが、MSCでは他社でさまざまな経験を積んだ40代以上の人も多く採用されていたので、「若手」と言われていました。フラットな組織で、やりたいこと、できることに対して、自分からどんどん手を挙げて進めていくスタイルの職場。最初は驚きましたが、本当に良い経験ができたと感じています。

―― MSCでは、具体的にはどのような仕事に取り組まれたのでしょうか。

ヒューマンアセスメントや研修の仕事が中心でした。同じ企業を担当していると、その会社の人材の特性が見えてきます。風土や業態、組織と人の能力発揮度合い、コミュニケーションの取り方、そういった企業ごとの特徴がはっきりわかって興味深かったですね。現在ではアセスメントを選抜のために利用する企業が多いと思いますが、当時は強み、弱みを明確にして人材開発に使う企業が中心でした。

また、アメリカの人材開発トレンドが10年後に日本でも起こる、と言われた時代だったので、海外のパートナー企業のプログラムを、日本で商品化するといった仕事も経験できました。初めて触れる分野も多かったのですが、どんどんチャレンジできる風土で、本当にいろいろな経験をすることができました。アセスメントというコアになるキャリアができた時代でした。今でも当社はMSCと協業することがあり、良いご縁が続いています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

HR業界TOPインタビューのバックナンバー

葛西 浩平さん(株式会社ジェック 代表取締役社長):
人は本来、たくさんの可能性を持っているもの――若い人たちが自分の才能や価値観を大切にし、「仕事を謳歌」していくために必要なこと
ただ単に需要へ対応するだけでなく、「需要を創造する企業集団」へ変わっていくためには何をするべきなのか。多くの企業が悩み続けるテーマだと言えるのではないでしょうか...
2018/05/30掲載
西田 忠康さん(サイコム・ブレインズ株式会社 代表取締役):
「グローバル・ストラテジー・アクセラレーター」――企業の戦略実行を加速させる、人材・組織開発のプロフェッショナル
「グローバル・ストラテジー・アクセラレーター」というコンセプトのもと、豊富なリソースとノウハウを生かしてグローバル企業の戦略を加速させる支援を行っているのが、サ...
2018/03/29掲載
小串 記代さん(株式会社富士ゼロックス総合教育研究所 代表取締役社長):
「営業革新」「リーダー革新」の二つの軸で社会に貢献
変化の激しい時代に必要な「野心」と「挑戦」
富士ゼロックス総合教育研究所は、複写機やプリンターの代表的メーカーである富士ゼロックスの関連会社で、富士ゼロックスに新規事業として発足した教育事業部門が独立し、...
2018/02/23掲載

関連する記事

<特別企画>人事オピニオンリーダー座談会:
人事が変われば、会社も変わる。
人生100年時代に求められる「チェンジドライバー」としての人事とは
「人生100年時代」の到来により、人々の働き方やライフスタイルが、大きく変化しようとしています。企業においては、AIやビッグデータの活用がさらに進んでいくでしょ...
2018/03/05掲載となりの人事部
林明文さん(株式会社 トランストラクチャ代表取締役 シニアパートナー):
顧客企業の経営指標の改善にコミットする
定量分析をベースとした科学的人事コンサルティング
財務諸表を見れば、売上、利益率、成長性、他社と比較しての優位性など、その企業の実態をお金の面からおおよそ把握することが可能です。会計の世界では、第三者が見てもす...
2017/12/08掲載HR業界TOPインタビュー
従業員の評価の結果を「人材開発・育成」に活用している企業は31.0%、「キャリア開発」に活用している企業は17.0%にとどまる
従業員に対する評価結果を何に活用しているのかを複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのが「昇進・昇格」(84.0%)で、2番目は、「基本給」(80.4%)、3...
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート
人材育成・能力開発制度の実際
人材育成・能力開発の目的・方向性・進め方について、プログラムの考え方と実施のポイントについて解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
社員研修・人材育成の実務(1)自社にふさわしい教育体系をつくる
社員教育の「独自性」と「成果」を両立させるための教育体系を考える
2017/02/28掲載よくわかる講座
管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Indeedオンラインセミナー

注目コンテンツ


2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。



管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...