無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】マンダラート マンダラート

「マンダラート」はアイデアを広げるための発想法で、3×3の9マスの正方形にテーマを書き込むことで思考を深めていきます。仏教の教えを模式的に示した絵図「曼荼羅(マンダラ)」と「アート」を掛け合わせた造語で、デザイナーの今泉浩晃氏によって考案されました。紙とペンがあれば誰でもできるため、個人的な振り返りから企業内のキャリア開発まで、さまざまなシーンで活用されています。

マンダラートのケーススタディ

漠然とした夢を、具体的な目標に。
大谷選手も活用したマンダラートの利点

マンダラートは、メジャーリーグで活躍する大谷翔平選手が高校時代に活用したことでも知られています。大谷選手は中央に「ドラフト1位 8球団」というテーマ(=目標)を書き込み、その周辺のマスに「体づくり」「コントロール」「スピード」「メンタル」などの具体策を書き込んでいったそうです。

マンダラート作成のファーストステップは、達成したい目標を決めること。目標を中央に記載したら、目標達成のために必要な条件を周辺の8マスに書き込んでいきます。ここで一つのマンダラートが完成しますが、終わりではありません。さらに周辺に書き込んだ8つの条件を中心に、別のマンダラートを作成していくのです。大谷選手の例でいうと、「ドラフト1位 8球団」の条件の一つだった「体づくり」を中心としたマスを作り、周辺に「柔軟性」「可動域」「食事」「サプリメント」といった具体策を示します。

マンダラートのメリットは、自分がすべきことを可視化できること。これによって、漠然とした「夢」を具体的な「目標」へと変えられるのです。例えば、営業職として働く人が「予算達成」という漠然としたゴールを掲げるだけでなく、「新規獲得」「単価アップ」「人間力」といった具体的な行動にブレイクダウンすることで、実際に行うべき行動が一目瞭然になります。

目標設定だけではなく、途中経過においてもマンダラートは活躍します。目標達成プロセスの中で達成率と照らし合わせながら、どの項目が順調に進んでいて、どの項目が遅れているのかを確認できる材料となるからです。達成した項目と不足している項目のマスを色で分けると、するべきことがさらに明らかになるでしょう。

これは個人の場合に限らず、主語が「チーム」になったときにも使えます。中央に掲げるキーワードを「なぜ離職率が高いのか」や「生産性を高めるためにはどうすればいいのか」といった、チームが対処すべき事柄にすることで、チームでのワークもはかどります。マンダラートは汎用性が高いため、採用や社員研修、キャリア開発支援など、さまざまな人事関連業務に応用することができそうです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード