企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】マンダラート マンダラート

「マンダラート」はアイデアを広げるための発想法で、3×3の9マスの正方形にテーマを書き込むことで思考を深めていきます。仏教の教えを模式的に示した絵図「曼荼羅(マンダラ)」と「アート」を掛け合わせた造語で、デザイナーの今泉浩晃氏によって考案されました。紙とペンがあれば誰でもできるため、個人的な振り返りから企業内のキャリア開発まで、さまざまなシーンで活用されています。(2019/10/31掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンダラートのケーススタディ

漠然とした夢を、具体的な目標に。
大谷選手も活用したマンダラートの利点

マンダラートは、メジャーリーグで活躍する大谷翔平選手が高校時代に活用したことでも知られています。大谷選手は中央に「ドラフト1位 8球団」というテーマ(=目標)を書き込み、その周辺のマスに「体づくり」「コントロール」「スピード」「メンタル」などの具体策を書き込んでいったそうです。

マンダラート作成のファーストステップは、達成したい目標を決めること。目標を中央に記載したら、目標達成のために必要な条件を周辺の8マスに書き込んでいきます。ここで一つのマンダラートが完成しますが、終わりではありません。さらに周辺に書き込んだ8つの条件を中心に、別のマンダラートを作成していくのです。大谷選手の例でいうと、「ドラフト1位 8球団」の条件の一つだった「体づくり」を中心としたマスを作り、周辺に「柔軟性」「可動域」「食事」「サプリメント」といった具体策を示します。

マンダラートのメリットは、自分がすべきことを可視化できること。これによって、漠然とした「夢」を具体的な「目標」へと変えられるのです。例えば、営業職として働く人が「予算達成」という漠然としたゴールを掲げるだけでなく、「新規獲得」「単価アップ」「人間力」といった具体的な行動にブレイクダウンすることで、実際に行うべき行動が一目瞭然になります。

目標設定だけではなく、途中経過においてもマンダラートは活躍します。目標達成プロセスの中で達成率と照らし合わせながら、どの項目が順調に進んでいて、どの項目が遅れているのかを確認できる材料となるからです。達成した項目と不足している項目のマスを色で分けると、するべきことがさらに明らかになるでしょう。

これは個人の場合に限らず、主語が「チーム」になったときにも使えます。中央に掲げるキーワードを「なぜ離職率が高いのか」や「生産性を高めるためにはどうすればいいのか」といった、チームが対処すべき事柄にすることで、チームでのワークもはかどります。マンダラートは汎用性が高いため、採用や社員研修、キャリア開発支援など、さまざまな人事関連業務に応用することができそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

MBO(Management By Objective)
「MBO」とは、Management By Objectiveの略で、従業員が自律的に目標を設定する人事評価制度のことです。1954年にピーター・ドラッガーが自著の中で提唱したマネジメント手法で、従業員には自分の目標を設定し、達成のために自己管理を強化していくことが求められます。これによって、個人の...
MBO(目標管理)
MBOとは、「目標管理」(Management by Objectives and Self Control)のことで、一定期間(通常は半期、または1期)ごとに達成すべき「目標」を設定し、事業や組織の運営に当たるマネジメント手法です。上司からの指揮命令系統によるマネジメントではなく、本人の自主性や自...
OKR
「OKR(Objective and Key Result)」は、直訳すれば「目標と主な結果」という意味のビジネス用語です。目標と達成度を測る指標をリンクさせ、企業やチーム、個人が向かうべき方向とやるべきことを明確にする目標管理手法として知られています。OKRと通常の「目標」とはどのように異なるので...

関連する記事

人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
2012/03/19掲載人事・労務関連コラム
「処遇」から「目標達成」へ ~人事考課における「目標管理」の重要性とは?
人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく。何より、活躍する場が与えられるからこそ、成長していくのである。
2010/05/10掲載注目の記事
HRテクノロジーを「採用」や「業務効率化」で活用している企業が昨年から倍増
採用におけるHRテクノロジー活用の割合は、「活用している・成果あり」(23.2%)、「活用している・成果なし」(9.1%)を合わせて32.3%という結果となった。昨年は15.1%だったので、この1年間で約2倍に増加したことになる。また、業務効率化における活用は...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

リスク項目
人事・労務に関するリスク管理項目を洗い出すことになりました。どのような項目があるか教えてください。
目標管理制度における個人目標について
お世話になっております。 人事考課のフィードバックおよび共有について質問がありまして投稿致しました。 弊社では、半期ごと(決算は12月です)に個人別の目標を立てます。 その目標に沿って半期ごとに人事考課を行い、賞与額の査定を行っております。 その目標設定についての質問なのですが、個人ごとに立て...
成績評価について
 当社では、成績評価をするにあたり目標管理を取り入れております。  毎年4月には組織の変更と年度方針が発表され部門目標、課目標、上司より個人目標が与えられます。  今年度の組織はそのままでまだ年度方針が発表されていません。もちろん部門目標、課目標、個人目標も設定されていません。  10月には上期の成...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...