企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

花王株式会社:
健康づくりの本質は人材育成
ヘルスリテラシーの高い組織を目指す「健康経営」の取り組みとは

人材開発部門 健康開発推進部 部長
花王健康保険組合・花王グループ企業年金基金 常務理事

豊澤 敏明さん

保健師を正規雇用し、企業の一員に

とはいえ現実問題として、健康への投資効果を経営層に納得してもらうのは容易ではありません。「健康経営」の重要性はすでに多くの企業で認識されていますが、トップをどう動かせばいいのか、そこで考えあぐねている人事担当者も多いようです。

本当に難しいと思いますよ。私たちもまだ、効果をきちんと論じられるレベルまで達していません。一人の人間の健康は大体2~3ヵ月でよくなっていくのが見てとれますが、組織全体の健康状態が改善されたとわかるまでには2~3年はかかるでしょう。経営者のスピート感からすると、そんなに待てないんです。かりに健康に投資する価値や効果を理解してもらえたとしても、それがいつ花開くのかという点でなかなかコミットできない。そこが弱いところでしょう。健康づくりを推進している他社の事例で私が知っているところは、トップがかつて大病を患い、その教訓から「健康を大切に」と取り組んでいるケースが多いですね。

普通は、どこの会社でもトップが一番元気でしょう。心身とも健康でタフでないと、経営者は務まりません。

そうなんですよ。健康について悩んだり、メンタルで疲弊したりした経験が少ないから、そういう相手に「社員の健康づくりを」と提案しても、話がうま くかみ合わない。私からアドバイスするとしたら、やはり健康づくりを数字で語り、「見える化」に務める努力が必要だと思います。よくあるのは、社員が健康 を害したら、会社にこれだけ大きな損失が出る、とリスクを試算して説得する方法ですが、正直、言われたほうはピンときませんね。本当にそうなるかどうかわ からないリスクですから。リスクよりも、経営面でプラスになるメリットをどう数値化できるか。例えばこの部門の社員が健康になれば、生産性が向上して、こ の事業がこれだけ成長する、というような「見える化」ができたら面白いですよね。どうすれば実現できるかは、まだわかりませんが…。

経営層に理解を得る難しさもさることながら、現場で指導にあたる保健師など産業保健スタッフのマネジメントにもいろいろと心を砕いていらっしゃるのでは?

人材開発部門 健康開発推進部 部長 花王健康保険組合・花王グループ企業年金基金 常務理事 豊澤 敏明さん

こんなふうに取材していただくと、花王という会社には健康づくりの意識がすごく浸透しているように“誤解”されるかもしれませんが(笑)、職場レベル、個人レベルの取り組みはまだまだ物足りないんですよ。今年3月には日本政策投資銀行の「DBJ健康経営格付」で最高ランクを取得するという望外の評価を受けましたが、私に言わせれば、これも健康づくりの“しくみ”が認められただけ。しくみさえつくれば末端まで浸透するわけではなく、結局は社員一人ひとりに働きかけて支援・指導する、各事業所の産業看護職の頑張りが成果を大きく左右するんです。産業看護職は嘱託が普通ですが、弊社ではそうした重要な人材だからこそほぼ全員を正規社員化し、組織力の向上を目指しています。

それは珍しいですね。

会社にはかなり無理をいって正規化してもらいました。産業看護職は全国に30名以上いますからね。もちろん正社員となれば、相応の責任と自覚が求められます。彼女たちを正規化するにあたって、弊社の企業理念「花王ウェイ」のワークショップも行いました。こういう環境の中で、こんな社員と一緒に働くんだということをわかってもらうところから始めたんです。専門職である前に企業人であり、私たちと同じ花王の一員だということを意識してほしいと強調しました。まず花王という会社を好きになってほしい、その上で花王社員の健康を見てほしいと。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

となりの人事部のバックナンバー

株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載

関連する記事

今春から改正健康増進法が全面施行!
企業がどこまでできる!?仕事中・私生活上の喫煙制限
令和2年4月1日に改正健康増進法および東京都受動喫煙防止条例が全面施行されます。これに向けて企業および官公庁の喫煙対策が加速しています。「喫煙した職員にその後4...
2020/03/06掲載人事・労務関連コラム
メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える
人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。職場の活力を左右する職場のメンタルヘルス、産業保健に関心が集まっている。どうすれば従業員が...
2020/03/02掲載注目の記事
『健康経営会議2019』開催レポート
2019年8月28日、経団連会館において、健康経営会議実行委員会主催の「健康経営会議2019」が開催された。健康経営とは、従業員の健康を経営課題の一つとして捉え...
2019/10/04掲載イベントレポート
健康経営を戦略的に推進するステップとは?
取り組み事例と外部サービスの選び方
健康経営とは、従業員の健康増進を経営戦略の一つに位置づけ、実践することです。健康経営を推進するには、長期的なビジョンを踏まえた戦略的な取り組みが必要となります。...
2019/08/09掲載人事支援サービスの傾向と選び方
鈴木 義幸さん(株式会社 コーチ・エィ 代表取締役社長):
組織につながりを創造する「コーチング3.0」
主観と客観のバランスを取りながら、大胆な施策を提供する
時代に先駆けて日本にコーチングを導入したコーチ・エィ。20年以上にわたってエグゼクティブを起点としたコーチングを国内外で展開し、個人の成長にとどまらず、組織の成...
2019/07/18掲載HR業界TOPインタビュー

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...