企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部
第53回 ソフトバンクグループ
武田健佑さん、島村公俊さん

“300年以上成長し続ける企業”を目指すソフトバンクグループの
人材育成戦略(後編)
――研修を内製化する仕組みが、人と組織を成長させる[ 3/3ページ ]

2014/10/31

人材育成に向けての今後の展開

―― 今後、ソフトバンクグループの人材教育・研修の取り組みに関して、何か計画していることなどございましたら、お聞かせください。

武田: 多くの社員の知恵・知識、経験・ノウハウを、共有していきたいと思っています。そう考えると、「ソフトバンクユニバーシティ」が持っているものだけでは、提供する範囲が限られてくるでしょう。そこでもっとハードルの低い、講師として認定されていなくても、社員は気軽に自分のノウハウや経験を共有できる場、社員同士が学び合う場を作りたいと考えました。それが「知恵マルシェ」です。

「知恵マルシェ」は、早朝、昼、夜など、就業時間内には含まれない時間帯に開催しています。回数としては夜が一番多く、例えば18時30分から1時間程度での開催です。早朝は8時くらいから、昼は昼休みを利用して行っています。

「ソフトバンクユニバーシティ」は、研修としてリリースするという立場上、全社員が必要とするスキルを対象としていますが、「知恵マルシェ」はかなりマニアックでニッチな分野も対象としています。主催者がイントラネットを通じてこうした内容で開催したいと情報を流し、それを人事がチェックした上で、興味・関心を持った社員が申し込むという流れです。

例えば、「マジシャンから学ぶプレゼンテーションのテクニック」。マジシャンは観客に自分の手の動きに注目させながら、別のところで仕掛けを行います。そうした相手の「目線」をどう操るかというテクニックを、社内のプレゼンテーションでいかに応用するのかといった内容です。弊社では「No.1採用」という採用を行っていて、いろいろな分野でナンバーワンの実績を持つ人材を採用しています。この主催者もそうなのですが、一見業務に関係なさそうな分野であっても、その道で圧倒的な実績を残してきた人材からであれば、学ぶところは少なくありません。

島村公俊さんPhoto

島村: それ以外にも、「実践! 親子のコミュニケーション」のようなものもあります。親子の間に温かい空間が生まれ、子育てが少しラクになるコミュニケーションのコツを教えてくれるので、仕事にも役立つ! と大人気の講座です。女性社員の方を中心に多くの方が参加されています。

「研修」だと、一部において進め方や伝えてほしいポイントなど決まり事も多少あるのですが、「知恵マルシェ」は、完全にオリジナルで自身の経験や大切にしていることを自由に伝えていいわけです。「研修講師」だとハードルが高いけれど、2時間程度のカジュアルな勉強会だと、主催者側もかなり心理的なハードルは下がります。また、参加する側も、カジュアルな勉強会の方が参加しやすい、そちらの方が好きという方も実際は結構多いんです。

武田: 「知恵マルシェ」は2013年7月にスタートしましたが、これまで約700人が参加していて、回数は70回を超えています。いずれにしても私たちは、知恵や知識を共有するのが、研修という場と、「知恵マルシェ」というカジュアルな場と、どちらであってもいいと考えています。とにかく、社員同士が学ぶ場に参加することに大きな意味があるからです。

―― 最後に、これから新たに「研修の内製化」に取り組もうとしている企業に対して、何かアドバイスをお願いします。

武田: 最初に申し上げたように、300年以上成長し続ける企業の人材開発とはどうあるべきかを日々考えています。そのためにも、ソフトバンクグループ以外の方々の知見を、積極的に学んでいきたい。多くの企業の方と交流して、意見を交換する機会を持ち、内製化が進んでいる企業があれば何か一緒にできることはないか考えるなど、他社の方々と一緒に人材育成・人材開発をより成長させていければいいと思っています。そのためにも、我々でできる協力は惜しみなくさせていただきます。何かあれば、ぜひ気軽にお声掛けください。

島村: 人材育成の基本は、社内の人間が社内の人間に教え、伝えることだと思います。それを本気で取り組むことによって、内製化する部分と外部に出して協力を仰ぐ部分の線引きが明確に見えてきます。外に出ていくコストを、社内にしっかり投資することで、社内にノウハウがたまり、知恵や知識を互いに共有しあう土壌が築かれていきます。私は、これこそが、社員の才能を活かしあう人材育成のあるべき姿だと信じています。

武田: 大切なのは、社員のため、事業への貢献のためであること。だからこそ、自分たちが成長していくために必要な情報やテクノロジーをよく知っている、現場での体験やノウハウを持つ人たちから学ぶのが重要なんです。今回は「内製化」についてお話しましたが、別にそれを外部に求めてもいいのではないでしょうか。そういう意味でも、人材育成には柔軟な発想と対応がとても重要だと思います。

武田健佑さん 島村公俊さんPhoto
(2014年9月25日、東京・港区のソフトバンク本社にて)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

となりの人事部のバックナンバー

応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載

関連する記事

世界で大反響を巻き起こした
“強みを伸ばす”新たなリーダーシップ開発法が
人と組織の継続的な成長を可能にする
世界14ヵ国で60万人以上に読まれている、グローバル・マネジメント誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』で大反響を巻き起こした「飛びぬけたリーダー」論文の執筆者で...
2019/11/20掲載編集部注目レポート
サントリーホールディングス株式会社:
「やってみなはれ」で次世代リーダーを抜てき
グループの垣根を超えて世界をつなぐ、サントリーの人材育成とは
世界各国のグループ企業は312社・従業員数3万7000人超。真のグローバル企業へと突き進む同社は、いかにして「次代を担う経営人材」を発掘し、育成しているのでしょ...
2018/11/09掲載となりの人事部
石坂典子さん:
外部との交流が仕事の意義を見出し自信へとつながる
石坂産業を地域で愛される会社にした“考える”マネジメントとは
建築系廃材の処理を行う石坂産業は、徹底した分別と独自の技術で95%以上のリサイクル率を実現するなど、同業他社との差別化を図り、高い競争力を実現していることで知ら...
2018/09/05掲載キーパーソンが語る“人と組織”
若手社員の課題や不安を解決!
いま上司や先輩、そして人事が行うべきキャリアサポートとは
~「2018マイナビ新入社員意識調査」を読み解く~
若手社員は今、どのような悩みを抱えていて、どのようなキャリアを歩んでいきたいと考えているのでしょうか――。株式会社マイナビでは毎年4月に、同社の新入社員研修の受...
2018/07/24掲載注目の記事
企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載人事白書 調査レポート
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...