企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部
第52回 ソフトバンクグループ
武田健佑さん、島村公俊さん

“300年以上成長し続ける企業”を目指すソフトバンクグループの
人材育成戦略(前編)
――なぜ、研修を内製化するのか[ 1/2ページ ]

2014/10/27
ソフトバンクグループでは、次の30年そしてさらなる300年に向けて、「世界の人々から最も必要とされる企業グループを目指す」というビジョンを掲げ、事業戦略を推進しています。そのビジョンは、人材育成においても大変重要ですが、グループ全体で7万人を超える多様な人材がその強みを発揮し、スピード感を持って成長し、事業に貢献していくようにするには、どうすればいいのでしょうか。また、グループ独自の文化を将来に渡ってどのように継承していけばいいのでしょうか――。ソフトバンクグループでは、「ソフトバンクユニバーシティ認定講師(ICI)制度」など、研修を内製化する取り組みを行うことでも、それらの課題に対応していこうとしています。研修の内製化に至った背景や経緯、具体的な取り組み内容や今後の課題などについて、人材開発部のお二人に詳しいお話を伺いました。
プロフィール
ソフトバンクグループ 武田健佑さん プロフィール写真
武田健佑さん
ソフトバンクモバイル株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ソフトバンクBB株式会社、ワイモバイル株式会社 人事本部 人材開発部 人材開発2課 課長
たけだ・けんすけ ● 2002年入社。営業を経験後、08年より現職。「ソフトバンクユニバーシティ認定講師(ICI)制度」や「知恵マルシェ」の運営責任者。ソフトバンクユニバーシティやICI制度の立ち上げを経て、後継者育成機関であるソフトバンクアカデミアの運営にも参画。ソフトバンクグループ社員の「知恵と知識の共有を推進する」ことを目的に、各種取組みを強化している。
ソフトバンクグループ  島村公俊さん プロフィール写真
島村公俊さん
ソフトバンクモバイル株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ソフトバンクBB株式会社、ワイモバイル株式会社 人事本部 人材開発部 人材開発2課
しまむら・きみとし ● 2005年入社。営業を経験後、08年より現職。ソフトバンクユニバーシティの立ち上げに参画し、プログラム開発、社内講師の育成体系作りに従事。約100名の社内講師陣の育成を担当する。累計登壇回数700回以上、受講者数1万7千人以上の登壇実績。最近では、東北の高校生の人材育成を支援するワークショップ企画・実施にも従事している。

ソフトバンクグループにおける人材育成面での「課題」とは?

―― ソフトバンクグループでは、人材育成、能力開発に関してどのような「課題」がありますか。また、グループにおける人材の「強み」とは何ですか。

武田: ソフトバンクグループは、300年後の社会やテクノロジーのあり方をイメージし、300年成長し続ける企業を目指すことを「新30年ビジョン」の中で謳っています。30年を一つのスパンとしてとらえていますが、30年後に世界で最も必要とされて、時価総額200兆円・5000社のグループになるためには、どうすればいいのか。また、その時点での人材育成や人材開発のあり方を見据えて、今何をすればいいのか。他には前例がないので私たちが作っていかなければなりませんが、それが一番の課題であり、悩ましい部分でもあります。

30年ビジョンを考える際もそうでしたが、実際に300年続いた国家、それを成し遂げた偉人などを調べて、何かヒントになるものがないか、いろいろとベンチマークしながら構想を練ることもあります。一方で足元を見れば、他にも成長し続けている企業があります。いったい、それらの企業ではどんな取り組みを行っているのか、そういったものも参考にしながら、いろいろと模索している最中です。もちろん、業種・業態や社内カルチャーが違いますから、そのまま適応できるわけではありません。しかし、変化の激しい時代を乗り越えていくためには、ありとあらゆることを想定し、その中でいろいろな“構え”を用意しておくことが、一つのポイントになると思っています。

島村: ソフトバンクグループには、「多様な人材」がいるという「強み」があります。あらゆる分野で突出した経歴を持つ人が多くいます。私たちは、常に、No.1にこだわり、挑戦し続けているのですが、このこと自体も「強み」だと思っています。

―― そうした中で、ソフトバンクグループの人材および人材育成について、どのような思いやお考えがありますか。

武田健佑さん 島村公俊さんPhoto

武田: 今申し上げたように、ソフトバンクグループの特徴の一つは、人材の「多様性」だと私は思います。グループ全体で1000社以上、7万人を超える従業員がいます。このボリューム感はとても重要だと思います。これだけの人材がいれば、能力の高い人材や、いろいろな知識・経験、ノウハウを持った人材が数多く存在します。個々の知識・経験、ノウハウをどう成長させ開花させていくのか、また、それを事業の成長へとどのように結び付けていくのか――。とても重要なことですが、そのためには人材の発掘や育成が大きなポイントになります。そこで私たち人材開発部では、教育・研修もミッションの一つとして行っています。もちろん、研修が必ずしもその中心にあるのではなく、いろいろな考え方、やり方がある中の一つの手段だと思っています。

多様性とは、人材の「強み」「弱み」を考えた場合、表裏一体かもしれません。社員一人ひとりを考えたら、「強み」もあれば「弱み」もあります。グループにもいろいろな会社があって、それぞれカルチャーが違います。当然のことですが、いろいろな人材もいる。では、それを一つにまとめる必要があるのか、あるいはそれぞれ違っていていいのか。このことにも今、悩んでいます。例えば、一人ひとりがあまりにバラバラだと、「弱み」に振れることがあるかもしれません。しかし、中央集権的に無理に一つにまとめると、今度はまた違う「弱み」となってしまうこともあります。

島村: 人材育成の基本は、社内の人間が社内の人間へ教え、伝えることだと考えます。その前提には、教えられるのを待つのではなく、自ら取りに行く姿勢が前提にあります。

教育はOJTが基本だと思いますが、非常に忙しい昨今では、常に上司や先輩がそばにいるとは限りません。そういう時に、自ら学習して状況を打破しようとする前向きな社員に、off-JTの場を通じてさまざまな学習機会を用意しておくことはとても大切だと考えています。また、ライフスタイルに合わせ、集合研修だけでなく、モバイルでいつでもどこでも学べるなど、多種多様な学習形態が揃っていることも大事だと考えます。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

となりの人事部のバックナンバー

人生100年時代をどう生きるか?
ソニーによるベテラン社員のキャリア支援施策「キャリア・カンバス・プログラム」
現在、多くの企業が社員のキャリア開発に取り組んでいますが、多くは若手・中堅社員を対象としたもの。ベテラン・シニア社員のキャリア支援を行っている企業は、まだ少ない...
2019/03/18掲載
<特別企画>人事オピニオンリーダー座談会
会社のためだけではなく社会のために生きる人が増えている
個人と企業が対等な時代に人事が考えるべき「エンゲージメント」とは
近年、人事領域において「エンゲージメント」への注目が高まっています。「従業員が会社に対して愛着を持てているか」という観点から、「個人と企業が一体となり、ともに成...
2019/02/28掲載
丸紅株式会社:
10年後を見据え、既存の枠組みを超える
丸紅が取り組む「人材」×「仕掛け」×「時間」の施策
2018年、「既存の枠組みを超える」をスローガンに、全社をあげてイノベーションを生むための施策をスタートさせた、丸紅株式会社。日本の人事部「HRアワード2018...
2019/02/18掲載

関連する記事

サントリーホールディングス株式会社:
「やってみなはれ」で次世代リーダーを抜てき
グループの垣根を超えて世界をつなぐ、サントリーの人材育成とは
世界各国のグループ企業は312社・従業員数3万7000人超。真のグローバル企業へと突き進む同社は、いかにして「次代を担う経営人材」を発掘し、育成しているのでしょ...
2018/11/09掲載となりの人事部
石坂典子さん:
外部との交流が仕事の意義を見出し自信へとつながる
石坂産業を地域で愛される会社にした“考える”マネジメントとは
建築系廃材の処理を行う石坂産業は、徹底した分別と独自の技術で95%以上のリサイクル率を実現するなど、同業他社との差別化を図り、高い競争力を実現していることで知ら...
2018/09/05掲載キーパーソンが語る“人と組織”
若手社員の課題や不安を解決!
いま上司や先輩、そして人事が行うべきキャリアサポートとは
~「2018マイナビ新入社員意識調査」を読み解く~
若手社員は今、どのような悩みを抱えていて、どのようなキャリアを歩んでいきたいと考えているのでしょうか――。株式会社マイナビでは毎年4月に、同社の新入社員研修の受...
2018/07/24掲載注目の記事
企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載人事白書 調査レポート
社員同士がSNS形式でアドバイスし合い、社内大学で教育し合う仕組みを構築。人の関わりが孤独感を消し去り、成長を促す
三和建設は2017年3月に、建設業界で初めて「日本でいちばんにしたい会社」大賞の審査員会特別賞を受賞しました。同社では社員の誰もが書き込んで意見交換ができるSN...
2018/07/17掲載編集部注目レポート
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...