企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

共働き時代における企業の人事施策アンケート
女性の就労継続に向けて「長時間労働の是正」を課題とする企業は70.7%。家庭事情を理由に退職した社員の再雇用制度の導入率は24.4%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX
ページ1
ポイント
ページ2
(1)女性社員の就労継続に向けた各種施策への課題認識
(2)育児期の社員を対象とした制度の実施状況
ページ3
(3)介護を行う社員を対象とした制度の実施状況
(4)転勤(転居を伴う異動)における共働き、家庭事情への対応
ページ4
(5)家庭事情等
(6)コース別人事制度の導入状況
ページ5
(7)出産・育児等に伴うキャリアロスへの実施状況
(8)女性活躍推進に向けた取り組みの実施状況
ページ6
(9)仕事上での旧姓使用の認否状況
(10)配偶者を対象とした手当の有無と見直し意向

女性が、職業生活において能力を発揮し、活躍できる環境の整備を目指した女性活躍推進法は平成27年8月に成立し、一般事業主に関する部分が平成28年4月から施行された。

企業ではポジティブ・アクションにとどまらず、ダイバーシティ(人材の多様性)の推進、両立支援策などの環境整備が進みつつあるが、いまだに女性は出産・育児等のライフイベントを機に離職する傾向が見られる。女性が、結婚や出産・育児と就業とを両立させるには “大きな壁” が存在しており、女性が継続就業していくために、企業には育児支援、柔軟な勤務体制、キャリア形成支援などのさまざまな環境づくりが求められている。

そこで今回は、企業(人事部等)に対するアンケートから、女性が働き続けられる体制整備に向けて企業の人事施策の現状に迫った。

ポイント

  • 【1】女性社員の就労継続に向けた各種施策への課題認識:「対応を急ぐべき喫緊の課題」と「優先度の高い課題」を足し上げると、「ワーク・ライフ・バランス推進に向けた長時間労働の是正」を課題として認識する企業は70.8%、以下、「女性の活躍推進に向けたキャリア形成支援」57.8%、「育児と仕事の両立を図る柔軟な勤務制度の整備」56.1%と続く[図表1]
  • 【2】育児期の社員を対象とした制度の実施状況:導入率が高いのは、勤務・休暇制度では「配偶者出産休暇制度」が51.2%。保育施設関連施策では「保育園料、ベビーシッター料などの補助」が26.8%[図表3〜4、事例1]
  • 【3】介護を行う社員を対象とした制度の実施状況:勤務・休暇制度では「短時間勤務制度」が47.2%。勤務・休暇制度以外では「各種介護サービス利用のための費用補助」が20.3%[図表7〜8、事例2]
  • 【4】転勤(転居を伴う異動)における共働き、家庭事情への対応:「転勤がある」企業のうち、共働きの配偶者がいるという理由で単身赴任を認める企業は70.8%[図表9]
  • 【5】家庭事情等を理由に退職した社員の再雇用制度の実施状況:再雇用制度「あり」は24.4%[図表11]。再雇用に際しての「基準がある」ものは、「退職理由」66.7%や「離職期間」60.0%となっている[図表12]
  • 【6】コース別人事制度の導入状況:「コース別人事制度がある」企業は30.9%。そのうち9割以上では勤務地(地域)を要件にしている[図表16]
  • 【7】出産・育児等に伴うキャリアロスへの実施状況:「職場復帰前後の面談等」35.8%、「休業期間中のコミュニケーション施策」22.0%が現在実施しており、検討企業を含めると半数を超える[図表20]
  • 【8】女性活躍推進に向けた取り組みの実施状況:「将来のキャリア希望を当人の育成に反映させる仕組み」43.9%、「管理職に対しての働き掛けや意識づけ」35.0%の実施が多い[図表21]
  • 【9】仕事上での旧姓使用の認否状況:旧姓使用を「認めている」企業は82.9%[図表22]
  • 【10】配偶者を対象とした手当の有無と見直し意向:配偶者を対象とした手当が「ある」企業は50.4%。手当がある企業の今後の見直し意向は「見直す予定はない」が43.3%[図表24〜25]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務実態調査のバックナンバー

2017年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査(労務行政研究所)
13職種に見る最新実態と諸格差の動向
近年、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えています。ここでは、2017年度職種別賃金実態調査より、経営企画・営業など...
2018/08/03掲載
本誌特別調査
2017年役員報酬・賞与等の最新実態(労務行政研究所)
社長の年収は4441万円。社外取締役の年間報酬の平均額は643万円
企業役員の年間報酬や、その他処遇はどのようになっているのだろうか?社外取締役の選任状況は?最新の調査結果から、年間報酬に関して役位別の水準と社外取締役について紹...
2018/06/13掲載
本誌特別調査
2017年度労働時間総合調査(労務行政研究所)
所定・総実労働時間、休日・休暇、時間外労働等の最新実態と長時間労働削減への取り組み状況
「働き方改革」で、長時間労働削減など労働時間の見直しが叫ばれる中、労働時間の実態はどうなっているのだろうか?238社の調査結果から、有給休暇、時間外労働など、各...
2018/04/16掲載

関連する記事

「女性管理職増加」「多様性の達成」は通過点 マタハラにいち早く取り組んだプルデンシャル生命に聞く“多様性のその先”
プルデンシャル生命保険株式会社は、2008年頃には管理職の3割を女性が占めるなど、女性活躍推進に関して先進的な企業として知られます。現在は数字からは見えない、真...
2017/09/20掲載編集部注目レポート
「働き方改革」推進に向けての実務(6)育児・介護と仕事の両立
「働き方改革」の重要課題である育児・介護と仕事の両立。改正を重ねる法律と支援策について紹介する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
佐々木かをりさん:
誤解、偏見、思い込み!?
達人が教える“本当のダイバーシティ組織”とは(前編)
ダイバーシティと聞くと、反射的に「女性活用」「女性活躍推進」を連想する人事パーソンも少なくないでしょう。しかし、株式会社イー・ウーマン代表の佐々木かをりさんは「...
2016/02/24掲載キーパーソンが語る“人と組織”
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
部署や年齢、性別も超えて役員をロールモデルに――
あいおいニッセイ同和損保に学ぶ「女性管理職の育成」とは
周囲に女性の活躍モデルがないのなら、経験ある男性に学べばいい――あいおいニッセイ同和損保は、女性の管理職や経営幹部の輩出に向けて、男性役員と女性管理職がペアを組...
2013/09/30掲載となりの人事部
株式会社高島屋
意欲あるかぎり働き続けられる職場へ
ベテランを戦力化する高島屋の「再雇用制度」とは
年金の支給開始年齢の引き上げに伴い、65歳までの雇用義務化を巡る議論が高まっています。ベテランの暗黙知や熟練の技能を“戦力”として活かすには、どうしたらいいのか...
2012/03/26掲載となりの人事部
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

管理者が成長するために必要なこと 表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ます...