企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

転職希望者へどう答える?
ブラック企業かどうかの判断の難しさ

2013/8/5

転職希望者なら絶対気になるポイント

人材紹介を行う際の悩ましい現状

「ブラック企業」という言葉は、インターネットの就職・転職関係の掲示板などから広まっていったが、今では一般紙の記事で目にすることも珍しくない。それだけ、社会的にも関心が高まっているのだろう。ブラック企業は勤務環境が過酷で、離職率が高いなど、いわゆる「人材の使い捨て」というイメージが強い。就職や転職の際には「ブラック企業は絶対に避けたい」と考える人がほとんどではないだろうか。しかし、ある企業がブラックかどうかを見極めるのはそう簡単ではない。人材紹介会社にとっても、実に悩ましい問題なのである。
(1/2ページ)

この会社、ひょっとしてブラック企業?

「ご希望の条件に合いそうな企業をリストアップしました。どうぞ求人票をご覧ください」

人材紹介会社での転職相談の後半には、具体的な求人情報を見てもらいながら、転職希望者のより細かい要望を確認する。実際の企業名や仕事内容を見ると、転職希望者から思いがけない本音が飛び出すこともある。転職はきれいごとだけではうまくいかないことも多い。むしろ本音こそ大事なのだ。

「X社はどういう会社なのでしょうか」

熱心に求人票を見ていた相談者のNさんが、ふと目を上げた。すぐにピンときてフォローする。

「ご覧になっているのは、可能性のある求人を広めの条件設定でピックアップしたものです。ここからさらに絞り込んでご紹介したいと思っていますので、X社が気になるようでしたら、はずしてお考えください」

それを聞いてNさんは、ほっとしたように「じゃあ、今回はやめておきます」と言って、X社の求人票を脇によけた。実は、このX社は一部で「ブラック企業」ではないかと言われている会社だったのだ。

といっても、X社は決して得体のしれない会社ではない。株式上場も果たしている成長企業であり、経済紙などでもよく取り上げられている。中途採用にも熱心で、つい先日も人材紹介会社の担当者を集めての説明会を開催したばかりだ。

Photo

「挑戦的、意欲的な人材であれば、ビジネス経験の少ない若い人材にもどんどんチャンスを与えていくのが当社のスタイルです。ぜひ積極的にご紹介ください」

人事担当役員が説明会で自らプレゼンするほどの力の入れようだった。しかし、成長企業にはありがちだが、事業展開のスピードが速く、それについていけずに離職する人材が多いという評判が立っている企業でもある。ブラック企業という噂はそのあたりが原因なのだろう。

説明会では、中途採用で入社したという若手社員が、「入社1年目で支店を任されました。工夫して努力すれば、その分きちんと評価してくれる会社です」と仕事のやりがいを強調する体験談を語っていた。その表情はいきいきとしている。実際活躍している人材もたくさんいるのだろうという印象を受けた。「ブラック企業」と言われている会社でも、やりがいを感じて活躍している社員はいるのである。

しかし、結局私は、NさんにX社を強く薦めることはできなかった。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

  • 1

1件中 11件を表示

1. *****さん 情報サービス・インターネット関連 神奈川県
大事なのは面接の際、三現主義的な視点で企業を観ることだろう。ブラック傾向の強い会社が何か違和感があるもの。大事なのは風評を含めた情報に惑わされるのではなく、自分の価値観で判断することだろう。 

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
週末出勤や夜勤が前提の転職 社会を支える大事な仕事だが
残業が多い仕事や休日出勤が頻繁にある仕事だと言われたら、できるだけ避けたいと考えるのが、転職活動をしている人の本音だろう。では、もともと平日が休みで週末は出勤と...
2019/11/05掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
ハードワーク体験がトラウマに 年収が下がっても日系企業を希望する理由とは
世界的な外資系企業への内定が決まったにもかかわらず、あえて日系企業への転職を希望する求職者。そこにはあるトラウマが影を落としていた。
2019/10/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
何かウラがあるのでは……?と勘ぐってしまう超ポジティブな転職理由
人材紹介会社が転職支援を行う際、重視するのが「転職理由」。 妙にポジティブすぎる転職理由に、本音を隠しているのではと不安になることも。
2019/09/02掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
転職直後の夏休み 長い休暇で不安や迷いが生じてしまったら――
家族や友人と話し合ったり、自分を見つめなおす機会にもなる長期休暇。入社したばかりの人材が休暇明けにちゃんと出社してくれるのか、人事だけでなく人材紹介会社も気を揉...
2019/08/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
どうする?! 入社クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
日本進出直後の海外企業のコア人材採用 クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
2019/07/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
「あの人と一緒に働きたい」という入社動機
入社する企業を決める理由は人それぞれ。面接官の考え方などに共鳴し、「この人と一緒に働きたい」という気持ちが決め手になることもある。しかし、それだけで入社を決めて...
2019/06/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
採用時に求められる「情報の透明性」
人手不足が続く中で、自社をアピールする際に、採用の障害になるかもしれない情報をできるだけ伏せようとする企業も多いようだ。しかし、それが入社すればすぐにわかってし...
2019/05/15掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
転職失敗、 再び利用した人材紹介
人材紹介会社では、過去に転職相談を受けていた人材から、再び転職相談を受けるケースもある。前回の利用時に信頼を獲得できていた証拠でもある「再登録」だが、インターバ...
2019/04/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
【用語解説 人事キーワード】
タレントプール
オン・ボーディング
RJP
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング 研修費ゼロの人材育成

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...


ミスなく!手間なく!リスクなく!<br />
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは

ミスなく!手間なく!リスクなく!
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは

マイナンバーの個人への通知開始まで、半年を切った。企業のマイナンバー対...