企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

転職にはタイミングが重要
不況時に、あえて転職すべきか悩む人材

リーマン・ショックの前後で大違い

転職再チャレンジを阻む、景気後退

就職、転職には「縁が大事」とよく言われるが、「タイミング」もそのひとつだろう。仕事内容や社風など、自分と相性が良いと思われる企業でも、ちょうどよいタイミングで人材を募集していなければ、縁がなかったということになる。そして、採用にはその時の景気が大きく影響する。着々とキャリアアップの準備を進めていても、たまたま不況期にぶつかってしまうと計画通りにはいかないケースも発生するのだ。

2年計画でキャリアアップをめざす!

「入社してちょうど1年経ち、おかげさまで仕事にも慣れてきました。内定をもらったのがリーマン・ショックの直前で本当に良かったですよ」

N社を訪問すると、1年前に転職をサポートしたBさんと廊下でばったり出会った。ほんの少しの立ち話だったが、Bさんが元気そうに働いているのがよく分かった。そんな姿を見ると、やはり嬉しくなるものだ。

「ここにきて、うちの会社の募集、かなり少なくなっていませんか? 私のような若手の中途採用は、ほとんど行っていないですよね?」

たしかにBさんの言う通りである。N社の求人は、ごくたまに専門的なスキルを持つ人材の募集が出る程度で、経験の浅い若手人材についてはリーマン・ショックの後、ぱたりとストップしている。Bさんはまさに「滑り込みセーフ」だったのだ。

「それでは、私はこれで失礼します」

急ぎ足で廊下を歩いていくBさんを見送りながら、私は最近、転職相談にのったYさんのことを思い出していた。

「ご無沙汰しています…」

実はYさんと会うのは、その日が初めてではなかった。2年ほど前に一度転職相談に来ていたのだ。

「たしか、資格を取ってから転職に再チャレンジしたいというご意向でしたよね」

Yさんは自信のある表情でうなずいた。

Photo

「そうなんです。レジュメにも書きましたが、簿記とTOEICの資格を取りました。前回は、経理の経験が少なくて、ほぼ未経験者に近い評価になってしまう、ということでしたので…。それから約2年、経理の実務経験を積み、資格も取れたので再チャレンジしたいんです」

Yさんは、すでに結婚していることもあって、「転職するなら年収とキャリアがアップする転職しかしない」という強い気持ちを持っていた。しかし、前回は実務経験が少ないこともあり、年収は良くて現状維持にしかならなかった。幸い、当時Yさんは経理部門に配属され、実務経験を積み始めたところだった。そこで、「経験値をもっと増やし、できれば資格も取ってキャリアアップ転職を目指しましょう」という話になったのだ。

タイミングも悪いし、年齢も心配…

「ただ、ちょっと心配なのは景気の影響なんです。ウェブでいろいろ情報を集めたのですが、求人自体も少なくなっているみたいですね。年収アップを狙える募集なんて、今あるんでしょうか…」

確かにYさんの心配はもっともだ。

「来年で30歳になりますし、2年間資格の勉強をしてきたので、私としては、もうこれ以上待ちたくないという気持ちが強いです。ただ、景気が悪い時期にあえて転職しない方がいいという意見もありますし…」

もともと2年前にYさんが転職を考えたのは、勤務している企業が大手の子会社で、そこに新卒で入社した社員は一定以上の出世が望めない、という会社の風土に反発したからだ。

「部長以上は全員、親会社からの天下り。さらにここにきて、親会社の経営が厳しいので、課長クラスにまで出向や転籍の社員が増えてきているんですよ」

しかも、いつグループ再編が行われるか分からない状況が続いているという。

「今の不景気があと1年で終わると分かっていれば、待つこともできるのですが…。年収アップなど考えずに、2年前に転職しておいた方が良かったのでしょうか」

もちろん、景気がいつ上向くかなど、経済アナリストでも正確に予想することは難しい。また、就職活動は新卒の時以来というYさんは、年齢をかなり気にしていたので、私はその点を特に留意しながら、転職活動の基本的な考え方をもう一度説明した。

「30歳の大台に乗ってしまっても、中途採用の場合、1年や2年の差はそれほど重要ではないですよ。大事なのは“キャリア”ですから。焦って不本意な転職をすることだけは絶対に避けましょう。仕事内容と年収については妥協しない方がいいと思います。あとで後悔してほしくないですからね。特に、在職中の方は、条件を満たす転職先が見つかるまで、決して焦って先に退職しないことです」

Photo

おそらくリーマン・ショックの前ならば、Yさんに紹介できる求人は、「選り取り見取り」といえるくらいあっただろう。しかし、今は年収アップを確約できるかどうか分からない。

「大丈夫ですよ、どんな不況の時でも伸びている企業は絶対にありますから…」

そんな言葉で、私はYさんだけでなく自分も励ましていたのかもしれない。



記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

キャリアアドバイザーに転職経験は必要か
ちょっと変わったポイントが気になる人たち
人材紹介を進めるにあたって大切な「転職相談」。求職者の希望や条件をすりあせわるだけでなく、転職の心配事や疑問の解消にもあたる場だ。ただ、「それを聞いてどうされる...
2020/03/05掲載
自社の魅力、しっかり語れますか?
人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて...
2020/02/10掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
「入社辞退されても大丈夫」という会社
はたしてその真意は…
人材紹介会社の紹介手数料は、多くの場合、入社して初めて費用が発生する「完全成功報酬制」である。したがって内定後に辞退されても、企業側には金銭的負担が一切ない。と...
2019/12/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
何かウラがあるのでは……?と勘ぐってしまう超ポジティブな転職理由
人材紹介会社が転職支援を行う際、重視するのが「転職理由」。 妙にポジティブすぎる転職理由に、本音を隠しているのではと不安になることも。
2019/09/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載新卒・パート/アルバイト調査
人材採用“ウラ”“オモテ”
転職直後の夏休み 長い休暇で不安や迷いが生じてしまったら――
家族や友人と話し合ったり、自分を見つめなおす機会にもなる長期休暇。入社したばかりの人材が休暇明けにちゃんと出社してくれるのか、人事だけでなく人材紹介会社も気を揉...
2019/08/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
どうする?! 入社クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
日本進出直後の海外企業のコア人材採用 クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
2019/07/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

QUICK REPLY Web採用説明会でエントリー30%UP

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...