企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ”

フルタイム以外の人材紹介

単なるパートタイマーではなく
キャリアを生かしながら短時間働きたい人たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てや介護などでフルタイムは働けない人の場合、これまではパートタイマーのような簡単な仕事を選択することがほとんどだった。しかし、近年は「多様な働き方」が注目を集めており、今後、「短い時間でもキャリアを生かしたい」という企業側と人材側、双方のニーズが高まってくることが考えられる。これまで人材紹介会社では、時短勤務の案件を扱うことが基本的にはなかったが、そういった採用を支援することが今後は多くなるのではないだろうか。

フルタイムは無理、でもキャリアは途切れさせたくない

「今日はどうもありがとうございました。ところで、もう一つご相談があるのですが」

転職相談が一段落したところで、Uさんは少し遠慮がちにこう切り出した。

「実は私の家内も仕事を探しているんです。子どもがまだ小さいのでフルタイムは難しいのですが、できればパートタイマーではなく、ちゃんと経験を生かせる仕事を探したいと言っています。そういった求人を紹介してもらうことは可能でしょうか?」

私は立ち上がりかけていた腰をもう一度下ろすと、詳しい話を聞かせて欲しいとうながした。Uさんによると、奥さんは子どもが生まれるまでは食品会社で商品開発の仕事をしていたという。しかし、いろいろな事情が重なり、いったん退職してしまった。

フルタイム以外の人材紹介 Photo

「私が転職することになったので、家内も働いて家計を助けたいと言ってくれたのですが、子どものことがあるのでフルタイムでは働けません。可能なのは週に3~4日で、1日当たりの時間は6時間程度でしょうか」

奥さんには子どもに手がかからなくなったら再び以前のようにしっかり働きたいという希望があり、キャリアが途切れることなく、経験を生かせる職を求めているという。以前勤めていた会社にも復職を打診したが、フルタイム以外は難しいと断られてしまったそうだ。

子育て中の女性を中心に、いわゆる時短勤務で働くケースは増えているが、企業によって対応しきれていないところも多いのが実情だ。しかし今後は親の介護などの理由で、男性も含めて時短で働きたいという人がどんどん多くなっていくことが予想される。こうした「多様な働き方」は、まさに現代社会が求めているものなのだ。

「これからは労働人口が減っていく時代なので、奥さんが希望されているような時短勤務でも経験を生かせるような仕事は増えてくるでしょうね」

そう話すとUさんの表情はやや明るくなった。ただ、人材紹介会社としてすぐに対応できるかというと少し話が違ってくる。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

地方移住と転職
夏休みなどの長期休暇が終わると、転職希望者が増える。人材業界では、昔からそう言われてきた。長い休みの間に、旅先や帰省先で自分を見つめなおす時間を持ったり、家族や...
2017/09/06掲載
多様化する採用ルート
売り手市場が続き、人手不足に苦しむ企業が増えている。何とか打開策を見出そうと、多くの企業が「ダイレクトリクルーティング」や「リファラルリクルーティング」に取り組...
2017/08/01掲載
キャリアチェンジ転職
「売り手市場」が続く転職マーケット。とりわけソフトウェア開発を中心とする技術職は、引く手あまただ。しかし、本人がその貴重なキャリアを活かした転職を考えていないこ...
2017/07/05掲載

関連する記事

転職活動と電話
ビジネスにおいての連絡手段といえば「電話」であった時代は過去のものとなり、現在の主役は「電子メール」。近年では「いきなり電話するのは失礼だ」と考える人も少なくな...
2017/06/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
40~50代の転職も増加中
長い間、「転職するなら35歳まで」と言われてきたが、この数年で「40代、50代でも経験重視で採用したい」というケースが徐々に増えてきている。人材紹介会社としては...
2017/05/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
若手採用のパラドックス
せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。そのため“すぐにやめない人材”であることも選考のポイントとなる。人材紹介会社で...
2017/04/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
社会人教育と転職
「働き方改革」の一つとして、人材が流動化しやすい社会、つまり転職しやすい環境をいかにつくるのかという課題がある。欧米では一般的な「大学などで学び直すことでキャリ...
2017/02/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
有本隆浩さん(株式会社MS-Japan 代表取締役社長):
感性を研ぎ澄ませて時代の流れを読み、あとは行動あるのみ――
「管理部門特化型」の人材紹介で市場を創造
株式会社MS-Japanは、人材紹介会社としてはきわめてユニークな「管理部門に特化する」戦略によって、業界屈指の高収益・高付加価値を実現しています。同社の創業者...
2017/01/30掲載HR業界TOPインタビュー
組織の競争優位性を高める「成長戦略」『日本の人事部』ダイバーシティ&インクルージョン特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』管理職育成特集

管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。



『日本の人事部』ダイバーシティ&インクルージョン特集

D&I推進に取り組む企業様におすすめなプログラムをご紹介。ぜひ貴社のD&I推進にご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...


もう時間と場所に囚われない!<br />
 日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

もう時間と場所に囚われない!
日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

仕事と介護の両立支援が喫緊の社会的課題といわれるなか、時間と場所の制約...