人材採用“ウラ”“オモテ”企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

人材採用と外見。外見の良さは転職に有利か?

2016/06/02
感じのいい人、そうでない人
外見の良さは転職に有利か?
「人は見かけが8割」あるいは「9割」などと言われたりする。「人の印象は最初の数秒で決まる」という説もあるが、この場合も外見やルックスが大事だという意味を含んでいそうだ。こういった考え方からすれば、数回の面接で採否が決まることが多い中途採用の場合も、ルックスはとても重要なものということになる。もちろん、企業側が就職差別につながりかねないルックスを募集条件にすることはないが、実際のところどうなのか、誰もが気になるところではないだろうか。
(1/2ページ)

もしも能力面で差がないなら

人材紹介会社にとって、データベースは不可欠なツールである。「人が介在するサービス」が売り物なので、最後はキャリアアドバイザーの経験や気配りが決め手になるわけだが、万単位の人材情報と求人情報を、記憶を頼りにマッチングすることはほぼ不可能であり、候補を絞り込む段階ではデータベースが大いに役立っている。

ある日、システム担当のスタッフから、データベースに「ルックス」の項目を入れようか検討している、と相談を受けた。

「企業によっては『見た目のいい人材』が欲しいといった要望もありませんか? ルックスの項目を追加すれば、その条件でも検索できるようになります」

データベースにはより使いやすくなるように新しい機能が追加されていく。次の更新時に「ルックス」でも検索できるようにしたらどうか、という提案だった。

私は自分の担当企業の求人情報を思い出してみた。確かに、ルックスのいい人材を欲しがる企業はある。しかし募集条件として、はっきりとルックスを求めてくる企業は基本的にはない。その昔、新聞の求人欄に「容姿端麗な方」などと堂々と載せていた時代もあったが、コンプライアンスが厳格になっている現代では全廃されている。

Photo

ただ、公募では不可能でピンポイントな希望にも対応できるのが、人材紹介会社の強みでもある。性別や年齢などと同じく、企業側から「こういう人材を紹介してほしい」という要望があれば、担当者がその意向に沿って候補者をリストアップする。ルックスも、その一つと言えなくもない。

例えば、若手の営業職などは、見た目の感じがいい人を求める会社が多いように感じる。また、新卒採用を担当する人事などの場合は、学生に人気が出そうな爽やかなタイプがいいという要望があるし、女性秘書の募集で、「履歴書に必ず写真を貼付してください」と言われたこともあった。ルックスのいい人とは言っていないが、どう考えても書類選考時に外見を選考基準の一つにしていることをうかがわせるものだろう。

他にも、似たような話は時折耳に入ってくる。ある会社の女性社員はなぜか似たようなタイプが多い、おそらく人事部長の好みのタイプの女性を採用しているのであろうなど。もちろん、仕事ができることは前提なのだろうが、能力が同じなら見た目がいい人材を採用するということなのだろう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

出張面談とプライバシー
腹を割って本音を話してもらう「転職相談」は、人材紹介に欠かせないプロセスだ。在職中で忙しい場合、求職者の希望の場所で出張面談を行うこともある。注意しなければいけ...
2017/01/04掲載
過労死事件の死角
有名企業で起きた「過労死事件」は多くのメディアで取り上げられており、転職希望者にとっても、無関心ではいられない問題だろう。問題の過労死事件は、世間では一流企業と...
2016/12/02掲載
社会人のフリーエージェント
この時期プロ野球の「フリーエージェント(FA)」の話題が世間を騒がす。FA宣言した選手の中には、交渉の末、より良い条件を引き出して元のサヤに納まるケースも少なく...
2016/11/04掲載

関連する記事

企業におけるキャリア開発支援の実態
企業の持続的な成長・発展には、中・長期的な経営方針・ビジョンに対応した人材を育成し、活力ある組織づくりを行うことが求められる。そのために必須なのが、従業員のキャ...
2016/12/05掲載「労政時報」提携記事
転職のきっかけは人材開発
近年はどの職場でも、生産性アップのための人材開発に力を入れようになった。社内研修だけでなく、国内外の大学・大学院や研究機関などで最先端のビジネスや理論を学ぶうち...
2016/10/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
“守り”の姿勢では人が採用できない時代。
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?
企業の採用意欲が極めて高い水準にある近年、求人サイトや人材紹介会社からの応募を待つ “守り”の採用ではなく、ダイレクトリクルーティングやリファーラルリクルーティ...
2016/09/26掲載注目の記事
学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは
“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービス産業の生産性の底上げを妨げてもいます。こうした状況について、慶應義塾大学大学院特任教授の...
2016/09/13掲載注目の記事
行ってみたら事務所がない? 妙に強気の人気企業
人材採用をサポートする仕事をしていると、こちらがびっくりするような企業も時にはある。「最近の人材採用は難しい」ということがわかっている企業は、きちんとこちらのア...
2016/09/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
誰もがイキイキ働き、成果を上げる企業になるために!従業員のヘルスケア特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
TECH::CAMPのエンジニア人材紹介 マイナビならではの新入社員研修
<アンケートのお願い>副業・兼業に関するアンケート

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


従業員のヘルスケア特集

本特集では、従業員の心と身体の健康管理に役立つ多彩なプログラムをご紹介。これを機に、自社のヘルスケアの取り組みについて見直してみませんか。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...