企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事マネジメント「解体新書」

2012年 これからどうなる!?「人事」と「人事部」【後編(1/3ページ)

~「人事部」に求められる役割と10の施策・キーワード

「前編」で示した方向性を受けて、この先「人事部」はどのように課題に取り組んでいけばいいのか、また、人事部の果たす役割の変化とともに注力すべき施策や、注目されるキーワードについて解説していく。
人事部に求められる「役割」が変化してきた
◆仕事を通した「達成感」「成長の実感」が求められるようになってきた

「前編」では、経営に求められているスピード対応のために、これからは適材適所を実現する人材ポートフォリオの構築が求められていること、人材育成においてはプロセスを重視した「見える化」の仕組みを作って、現場でPDCAを回していく取り組みが大切であることを述べた。それでは、このような課題の下、人事部はどのように働きかけていけばいいのか?まずは、人事部に求められている「役割」について考えてみることにしよう。

経営資源としての「ヒト」は、「モノ」や「カネ」とは違う。同じヒトでも、働きがいを持って仕事をしている時と、そうでない時とでは成果も大きく異なる。それだけヒトは、ケアが必要な経営資源と言える。だからこそ、経営、とりわけ人事部は、ヒトに対して「働きがい」を持ってもらえるようなアプローチ、取り組みを行う必要がある。

「働きがいをどのように持ってもらうか」は、人事部の永遠のテーマでもある。事実、それは歴史とともに変化してきたように思う。かつては、カネやポストが働きがいの源という時代もあったが、現在では若い人たちを中心に、仕事を通した達成感や、自分自身の成長が感じられることを優先する人が多くなっている。

◆「働きがい」をいかに仕事の中に作り込んでいくか
photo

とはいえ、それらにつながる魅力的な仕事を、会社の中で常に提供できるとは限らない。また、等しく皆に提供できる類のものでもないだろう。よく会社の中の仕事について、コア業務とノンコア業務、企画の仕事とアドミニの仕事という比較でやりがいを論じることもあるが、ここではそういうことを言っているのではない。大事なのは、達成することの喜びと、成長を実感できる喜びを、いかに目の前にある仕事の中に作り込んでいけるか、ということだ。

困難は伴うかもしれないが、今の仕事に働きがいを持てない人でも、「これを達成できれば、能力やスキルを身に付けることができる」「この経験は、今後仕事で大きな力を発揮するための準備である」ということを実感できるような仕事にしていくことが重要だ。この場合、当人と現場の上司はもちろん、人事部が積極的に関与していくことが期待される。あるいは、異動や配置転換という形で、新しい仕事やポジションに就いてもらい、新たな目標にチャレンジしてもらうといった方法も考えられる。

社内の仕事と人員を一番よく把握しているのは、人事部である。だからこそ、そのような俯瞰した視点を持ち、なおかつ個別対応的な協働作業を行っていくためには、人事部の存在が不可欠。働きがいのある仕事を提供していくためにも、現場を巻き込み、その支援を行っていくことが、これからの人事部に求められている。

◆「働きがい」と「働きやすさ」のバランスを考える

近年は「ワークライフバランス(仕事と生活の調和)」の重要性が叫ばれており、「働きやすさ」も、人事部が対応すべき大きなテーマとなっている。いくら「働きがい」のある仕事を提供できたとしても、人には長いライフステージの折々で、プライベートを優先させなくてはならない時がある。また、仕事と生活のバランスをどう取るかも、人それぞれで違ってくる。

「働きがい」だけを追い求めていくと、オーバーワークに陥ってしまう可能性がある。メンタルヘルス的に問題となってくる場合もあるだろう。その結果、社員が疲弊し、職場を去っていくという事態にもなりかねない。その意味で「働きやすさ」は、「働きがい」を“担保”するものと位置づけることができるのではないだろうか。

思うに、これまで人事部は、経営に対していかに貢献できる人材を提供できるか、そのために必要な施策は何なのかという課題を担ってきた。一方、働く人たちは近年、コミットメント経営の名の下、目標達成のために必死になって頑張ってきたわけだが、これからの時代、それだけではモチベートされないように思う。

自分は会社から必要とされている存在であると同時に、いかに大切にされているかを感じられなければ、せっかくの「働きがい」のある仕事も魅力が減少してしまう。働く人を尊重し、「働きやすさ」を考え、今まで以上に社員とのパートナーシップを持つことが、大切となってくるのだ。

では、社員に働きやすい職場と思ってもらうためには、どういう条件や施策が必要になるのだろうか?いろいろなアプローチが考えられるが、まずは働くために多様な選択肢を用意し、一人ひとりが柔軟に選べることが大前提としてあるのではないか。それがあって初めて、人は自分が大切にされていると感じ、働きやすい職場と感じることができる。

その先に絶対的な正解はないと思うが、突き詰めて言えば、働きやすい職場と働きがいのある仕事を、いかにバランスよく提供できるか、ということになろうか。その実現を働く人の“目線”で考えていくのが、これからの人事部の重要な役割と言える。



この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます。
登録10秒!メールアドレスだけで簡単にご登録ができます
会員の方はこちら
次のページ
2012年に注力すべき、10の施策・キーワードとは?
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次のページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

  • 1

1件中 11件を表示

1. トラノスケさん 食品 東京都
参考になりました。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

人事マネジメント「解体新書」第118回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【後編】
「公的資料」を使って「働き方改革関連法」を徹底理解する
近年、労働に関する「法改正」が進展する中、人事担当者の「法律」(労働関連法令)への正しい理解と適切な対応は、需要なスキルとなっている。「後編」では「働き方改革関...
2019/11/21掲載
人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【前編】
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか
近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事...
2019/11/13掲載
人事マネジメント「解体新書」第116回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、
企業は「パワハラ防止法」にどう対応していけばいいのか?【後編】
職場での「パワー・ハラスメント(パワハラ)」の防止を義務付ける関連法が2019年5月29日、参院本会議で可決・成立した。大企業には2020年4月から、中小企業は...
2019/10/22掲載

関連する記事

タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ
【第1回】プロティアンに向かう、はじめの一歩
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2019/11/26掲載編集部注目レポート
従業員エンゲージメントを高めるヒントとソリューションサービス
企業価値の向上や良好な組織風土の形成を実現するキーワードとして、注目を集めている従業員エンゲージメントについて、「従業員エンゲージメントとは何か」をおさらいしな...
2019/04/26掲載人事支援サービスの傾向と選び方
帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~
働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を守るための施策を考えるだけが目的ではありません。従業員の健康を増進することが、仕事への活力...
2019/01/08掲載注目の記事
本誌特別調査
旧姓使用を認めている企業は67.5%
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況(労務行政研究所)~
企業で広く取り入れられている18分野・191制度の実施率と10制度の改廃状況について調査した「人事労務諸制度実施状況調査(2018年1~4月実施)」結果を抜粋し...
2018/12/10掲載人事・労務実態調査
山本 寛さん:
優秀な若手をひきつける「リテンション・マネジメント」
人が辞めない組織をつくりあげる極意とは
少子化に伴う労働人口の減少が進行する中、優秀な人材に長く組織で活躍してもらうための施策である「リテンション・マネジメント」が注目を集めています。特に企業の将来を...
2018/07/18掲載キーパーソンが語る“人と組織”
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング タレントパレット

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...