企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

「ダイバーシティ」と「経営理念・ビジョンの浸透」
ぶつかりあう二つの考え方を両立させるマネジメントとは

大阪大学大学院 経済研究科 准教授

中川功一さん

多様性のある職場は働きやすく、イノベーションを生み出すのにも効果的。もはや、企業にとってダイバーシティが重要であることを疑う人事パーソンはいないと言ってもいいでしょう。一方で多くの企業が「経営理念」や「ビジョン」の浸透に力を入れており、従業員全員が同じ方向を見てワンチームとなった企業が大きな成果をあげているのも事実です。一見、相反するように思える二つの現象ですが、どちらかを選択しなければならない、ということではありません。現代においては「多様性を認めながら、組織に中心軸をつくっていく」マネジメントが求められているのです。これからの経営や人事の根幹にかかわるこのテーマについて、大阪大学大学院准教授の中川功一先生に詳しく解説していただきました。

Profile
中川功一さん
大阪大学大学院 経済研究科 准教授

なかがわ・こういち/大阪大学を拠点に、広く志ある方にイノベーションの必要性と技法を伝え広める。YouTubeチャンネル「中川先生のやさしいビジネス研究」毎週火・木・土に配信中。経済学博士(2009年東京大学)。主な業績:Innovation in VUCA world (2017). 著書:変革に挑戦する人に贈る研究書『戦略硬直化のスパイラル』

キーワードは「クロスバージェンス経営」

「ダイバーシティ」と「経営理念・ビジョンの浸透」の両立について考えるにあたり、まずはそれぞれが企業にとってなぜ重要なのかをお聞かせください。

まず「ダイバーシティ」は、国際経営の場から発生した考え方です。国籍や人種、宗教などが異なる人たちをどう融和させていけばいいのかを研究する「異文化経営論」が原点とされています。そもそもは、多国籍な人たちの間で起きがちなコミュニケーションの障害や衝突を乗り越えるためにお互いの違いを理解しましょう、という文脈から出てきたものです。

しかし、肌の色、宗教、性の多様性に配慮しろ、というのは少し危険な考えです。そこには、同じ肌の色なら同じ考え方をするはずだ、という考え方があるからです。肌の色が違えば考え方を共有できないという発想にもつながる。多様化とは、本質的に一人ひとりが異なる価値観をもって生きることが許される企業や社会にすることです。

ですから、同じ国籍でも多様な人たちの違いを認める考え方へと発展していき、さらに近年は、そこに「インクルージョン」という考え方が加わります。違う考え方からは違うアイデアが生まれることから、多様性をイノベーションの発生源として重要視していこうという流れになっています。

一方の「経営理念・ビジョンの浸透」は、いわゆる「エクセレント・カンパニー」などが注目された1980年代の「組織行動論」から生まれました。それまでの経営は、数値目標と具体的な仕事の進め方さえしっかり指示していればうまくいく、という考え方でした。

しかし、時間が経つにつれて何のために仕事をしているのかがわからなくなり、モチベーションやエンゲージメントが低下する「労働疎外」の問題が発生します。そこで、数字やマニュアルによるハードなコントロールではなく、目標達成を目指す理由や仕事のやり方の背景、つまりビジョンを従業員に納得してもらい、心のケアをしていくソフトなコントロールの方が有効だという考え方に変わっていったわけです。企業にとっては、どちらも大変重要なものといえます。

中川先生は、この二つの考え方は全く逆のベクトルを持つものであるとおっしゃっていますね。

国際経営論から出てきたダイバーシティは、もともとは国籍や人種、宗教、あるいは性別といった表層的な多様性の議論でした。それが年月を経て、個人の価値観の多様性こそがむしろ重要で本質だとする、いわゆる「深層のダイバーシティ」という考え方に変わっていきます。これが、いろいろな価値観からいろいろなアイデアが生まれ、イノベーションにつながるというダイバーシティの魅力の根源になります。

顧客トラブルが起こったとしましょう。多様な価値観を持つ人々は多様な意見を出すことができます。現場の訓練が甘いという人もいれば、設備の問題を唱える人もいる。顧客への説明不足だと考える人もいる。そうした多様な視点が、組織に新しいアイデアをもたらします。

それに対して、経営理念・ビジョンの浸透とは、価値観をそろえて一枚岩になりましょう、ということ。顧客トラブルが起こったときには、皆の価値観がそろっているから、いち早く会社としての方針を共有でき、全員で一丸になって、会社のビジョンに沿った一つの方向性で問題解決を図れます。そのチームワークとコミュニケーションの容易さゆえに、効率性という観点からは、価値観が同一である方が優れるのです。20世紀の日本企業も、このチーム一丸の力で課題を解決し、成長を享受してきました。

こうした価値観に対するスタンスの違いを学術的にいうと、「ディバージェンス(divergence)」と「コンバージェンス(convergence)」となります。ディバージェンスは多様になっていくことで、コンバージェンスは一つになっていくこと。まさに真逆の関係なのです。しかし、イノベーションにつながるディバージェンスも、コミュニケーションやチームワークを円滑にするコンバージェンスも、企業にとっては両方あった方がいい。そこで生まれたのが、この二つを両立させる「クロスバージェンス」という考え方です。

「クロスバージェンス」は企業経営にも応用できるものなのでしょうか。

もともとは、文化人類学の研究者だったデービッド・ラルストンが提唱したものです。ラルストンは、香港のように西洋文化が根づいた地域に住む中国人は、西洋と中国という二つの価値観が、異質性を残しながら一体化している「クロスバージェンス」になっていると指摘しました。似たような例では日系ブラジル人なども、ラテンと日本という異なる行動様式を両立させています。この考え方を企業経営にあてはめ、ダイバーシティだけ、あるいは経営理念・ビジョンだけに偏るのではなく、「それぞれの違いを認めた上でここだけはしっかり共有しよう」という現実的な着地点を見出そうとするのが「クロスバージェンス経営」です。一つになるコンバージェンスと、多様になるディバージェンスの二つのベクトルが交差するという考えから、クロスバージェンスと名付けられました。

ただし、「なんとなく中間をとって無難にまとめる」ということではないので、注意が必要です。ダイバーシティとビジョン共有のジレンマを克服するためには、一回り高いレベルで、個人の価値観を認め、それを土台に共通価値観をつくり出すことが求められます。つべこべ言わずに企業の考え方を受け入れろ、ではなく。異なる価値観をもつ独立不撓(ふとう)の個人を大前提に、個の信念のもとに企業の価値観を受け入れ、団結する。そのとき、豊かな多様性と企業理念による団結とが共存する「個も、組織も強い」状態が達成されます。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった1
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
hori_tさんが参考になったでオススメしました
石川県 公共団体・政府機関 2020/11/20

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

松尾 睦さん:
部下の強みを引き出し、成長させるリーダーに求められるものは何か
「経験学習」のサイクルをまわすために重要な三つのポイント
人の成長の7割は経験によって決まる、といわれます。この「経験から学ぶ力」を体系化し、成長につながるサイクルを確立させたのが「経験学習」の考え方です。ビジネスの世...
2020/12/18掲載
有賀 誠さん:
人が輝き、組織が活性化して、力を発揮し続けるために
「人材ファースト」を掲げ、急成長企業のさらなる発展を実現する
日本の人事部「HRアワード2020」企業人事部門 個人の部 優秀賞に輝いた、株式会社日本M&Aセンター 常務執行役員 人材ファースト統括の有賀誠さん。人事として...
2020/12/09掲載
村瀬俊朗さん:
チームが心でつながる「感情的信頼」がカギ
リモートでも強いチームをつくる秘訣とは
新型コロナウイルス感染症の流行により、人々の働き方やビジネスのあり方が大きく変化しています。とくに緊急事態宣言が発出された2020年4月以降、在宅勤務をはじめと...
2020/11/24掲載

関連する記事

サトーホールディングス株式会社:
サトーホールディングスが実践する「あくなき創造」を実現するための組織づくり
自ら考え、行動し、変化を起こす人財を生み出す「三行提報」と「タレントマネジメント」
2020年10月に創業80周年を迎えたサトーホールディングス株式会社。ラベルやラベルプリンタの製造・販売、自動認識ソリューションなどを主力事業に、国内26都道府...
2020/10/14掲載となりの人事部
半数近い企業がダイバーシティを推進。取り組み開始5年以内は感じる効果が低め
『日本の人事部 人事白書2020』から、ダイバーシティの調査結果を紹介します。
2020/08/18掲載人事白書 調査レポート
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載となりの人事部
日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座
従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台で...
2019/10/21掲載イベントレポート
いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~
グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく変わろうとしている。企業もビジネスモデルの変革を余儀なくされているが、こうした環境の中にお...
2018/06/11掲載注目の記事

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

タレントパレット 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか

「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか

2015年9月に施行された「改正労働者派遣法」により、派遣社員活用のあ...