企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ガラスノガケ ガラスの崖

「ガラスの崖」(glass cliff)とは、2004年に英エクセター大学のミシェル・ライアン教授とアレックス・ハスラム教授が提唱した造語で、「ガラスの断崖」「ガラスの崖っぷち」とも訳されます。業績が低迷し、危機的な状況にある企業では、男性よりも女性が、リーダー的な役職や幹部に起用される傾向にある、という現象を指す言葉です。そうした女性が占める立場は見た目以上に危うく、マネジメントに失敗するリスクに晒されていることから、女性の昇進を阻む見えない障壁を意味する「ガラスの天井」(glass ceiling)にちなんで「ガラスの崖」と名づけられました。
(2014/3/31掲載)

ガラスの崖のケーススタディ

危機下では女性がリーダーを任される!?
失敗のリスクをとるのも性差より実力で

近年、ガラスの天井に続いて、「ガラスの崖」という言葉が注目を集めています。2012年に米・インターネット検索大手のヤフーが、ライバル社のグーグルで副社長を務めたマリッサ・メイヤー氏を最高経営責任者(CEO)に起用する、と発表したことがきっかけでした。長く業績不振にあえぎ、市場からも厳しい評価を受けているヤフーが、女性で、しかも当時は妊娠中だったメイヤー氏に、再生の舵取り役を託すかたちとなったためです。

前出のライアン教授たちによれば、女性がガラスの天井を突破してこうしたリーダー職に就いた場合、その立場が「火中の栗を拾う」ような、リスクを伴う危ういものである確率は、男性に比較して不釣り合いに高いといいます。

教授たちは83人のビジネスパーソン(約半数は女性)を被験者とし、彼らに次の二つの企業の新しい財務責任者を選ばせる、という実験を行いました。一社は着実に利益が上がっている企業、もう一社は徐々に利益が下がっている企業。それぞれの会社の新しい財務責任者の候補には、ほぼ同じ経歴の男女一人ずつと、やや経歴の劣る男性一人の計三人を提示しました。実験の結果、被験者は業績好調な企業の財務責任者には男性を選ぶ割合がやや高く、業績が低迷している企業には女性を選ぶ割合がはるかに高かったといいます。業績の悪い企業の責任者には女性を選ぶという起用パターンは、被験者が女性でも変わりませんでした。こうした傾向は現実の経営判断にもあてはまるといわれ、ライアン教授たちは「誰かがスケープゴートになって失敗の責任を取らなければならない場合、最も優秀な男性がいけにえに差し出されることはない」と述べています。

もっとも、このように「ガラスの崖」が性差別に由来するという考え方がある一方で、ある調査では、財政面での支援は期待できなくても、部下からの支援が望めるようなリーダー職なら、失敗のリスクがあっても、女性は男性より積極的に引き受ける度合いが高いという傾向も出ています。一概に、性差別の結果とは言えないようです。

いずれにせよ、日本の企業社会でもようやく女性活用、女性活躍推進の流れが本格化のきざしを見せ始めてきました。それを加速させ、本当の意味でのダイバーシティ・マネジメントへと昇華するためには、適材適所が大前提。「女性だから」「男性だから」という理由だけで、人材登用を左右するようなことがあってはなりません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

なでしこ銘柄
「なでしこ銘柄」とは、東京証券取引所(以下、東証)と経済産業省が女性人材の活用に積極的な企業を選定し、投資家に紹介する取り組み、および選ばれた東証一部上場企業を指す呼称です。名称の由来はサッカー日本女子代表のなでしこジャパンから。企業側に女性活用の推進を促すとともに、日本株の魅力をアピールし、個人...
ポジティブ・アクション
Positive Action。積極的格差是正措置。男女間の差別を解消して、働く意欲と能力のある女性が活躍できるように、企業が自主的に行う取り組みのことです。
オールド・ボーイズ・ネットワーク
伝統的に男性中心社会であった企業コミュニティーには、それぞれの組織内で培われてきた独特の文化や雰囲気、しきたりがありますが、それらは決して明文化されることなく、マジョリティーである男性メンバーの間で暗黙のうちに築かれ、共有、伝承されているのが普通です。この排他的で非公式な人間関係や組織構造を指して...

関連する記事

辛淑玉さん 女性を活用できない企業は潰れる
男女均等処遇の取り組みが始まって久しいのに、それが必ずしも現場に深く浸透していかないのは、どうしてなのか。女性が働きやすい職場環境をつくっていくために、企業がしなければならないことは何か。人権や男女差別の問題に詳しい人材育成コンサルタントの辛淑玉さんにうかがい...
2005/01/24掲載キーパーソンが語る“人と組織”
女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。 「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

女性採用の推進のための具体策
女性活躍推進法に則り、弊社では3割の女性を次期採用目標に設定しましたが、 現状は女性率1~2割弱で厳しい状況です。 応募者の割合も同等です。 効果的な対策を教えていただけないでしょうか。 ちなみに女性管理職はいません。
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
男女の制度の相違について
女性活用のために、なんらかの制度を新設しよう考えております。 最近、新聞等で「女性社員には、保育園費用として月5万円支給」とか、「男性社員が育児休暇を取得する場合には、2週間まで有給とする」等の制度をよく見かけます。 「女性には費用補助をするが、男性には補助なし」「男性は有給だけど、女性は無給」...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する 事業戦略を支える人事の挑戦

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

採用はダイレクト・ソーシングの時代へ。 求められるのは企業の「自社採用力」。

リーマンショックで冷え込んだ中途採用市場は、ここ数年で順調に回復し、完...


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...