企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】クロスカルチャー マネジメント クロスカルチャー・マネジメント

「クロスカルチャー・マネジメント」とは、国籍、民族、宗教などの文化的背景が異なるメンバーによって構成される多様性に富んだチームやグローバルなプロジェクトを、カルチャーの違いを乗り越えて成功に導くための人材マネジメントを指します。お互いを尊重し、それぞれの差異を認め合いながら、多様性をむしろ変革の推進力に変えて組織全体のパフォーマンスを最大化するのがねらいです。クロスカルチャー・マネジメントは、これからのグローバル人材に最も必要なスキルとして注目されています。
(2014/3/31掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クロスカルチャー・マネジメントのケーススタディ

多様な異文化に優劣も良し悪しもない
違うからこそ真摯に向き合える能力を

多くのビジネスパーソンにとって、異なる文化的バックグラウンドをもつ人々と接し、交渉したり、チームを組んでともに働いたりすることは、いまや日常茶飯といっても過言ではありません。海外進出や事業のグローバル展開の過程で日本企業は当初、海外拠点における中核業務を自国の人材で独占し、日本独自の経営スタイルを異文化のパートナーに押し付けていた時期もありましたが、近年では現地人材を積極登用し、「ヒトの現地化」を進めています。国内においてもビジネス環境の多様化、グローバル化の進捗は著しく、各企業の職場で人種や国籍の異なるマイノリティーの活躍が目立つようになってきました。企業間競争が激化するなか、「クロスカルチャー・マネジメント」の巧拙が勝敗を分けるといわれるゆえんです。

クロスカルチャーな組織で協業することのメリットは、メンバー間の文化的多様性から生じる視点や発想の豊富さ、幅広さにあります。チームの多様性のおかげで組織の常識や固定観念にとらわれにくくなり、偏った意見に全員が流されてしまうといった集団思考の罠に陥るリスクも低減できるでしょう。しかしそうしたメリットが得られるのは、クロスカルチャー・マネジメントがうまく機能していれば――という条件つきです。

それぞれの文化的なバックグラウンドに根差した判断や意見の違いに関して、どちらが正しいか、優れているかを論じても意味がありません。メンバー相互の違いを違いとしてそのまま受け入れ、尊重する意識がチームに浸透していないと、多様性がかえって摩擦や衝突の原因となり、基本的な信頼関係の醸成を阻害することにもなりかねないからです。

例えば日本企業で育ったビジネスパーソンにとって、「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」はあたりまえの行動。これを進出先の現地人材に指示しても、励行しないので、日本から派遣された駐在員が苦労するという話をよく聞きますが、特に中国には「先斬後奏」(まずやってみて、終わってから報告する)という考え方が根強く、例え上司といえども、報告・連絡・相談と執拗に求められると、現地の人は子供扱いされているか、自分が信頼されていないと受けとめるようです。そうした異文化への配慮もなく、一方的にホウレンソウの効用を説いたところで、相手の態度を硬化させ、コミュニケーションを難しくするばかりでしょう。

カルチャーの違いは思考の傾向やスタイルの違いだといわれます。異文化の背景をもつメンバーをより正確に理解するためには、偏見や先入観を排し、彼らの行動様式について「なぜ違うのか」「なぜそう考えるのか」を、真摯に問い続ける必要があります。自分の論理を振りかざすのではなく、違うからこそしっかりと向き合い、着地点を探しだすのがクロスカルチャー・マネジメントの要諦。一朝一夕に身につくスキルではありませんが、その地道なプロセスを踏んで初めてお互いの納得が得られるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

フォルトライン
「フォルトライン」とは、Fault(断層)とLine(線)から成る言葉で、日本語では主に「断層線」と訳されます。経営学では、一つのグループが属性の違いによって潜在的に複数のサブグループに分断されているとき、サブグループ間の境界線のことを、組織内の“断層”に例えて「フォルトライン」と呼んでいます。この...
バーチャルチーム
「バーチャルチーム」とは、メンバーがそれぞれ物理的に離れた場所にいて直接対面する機会が少なくても、ITツールなどの活用により一つのチームとして機能している集団のことです。こうした仮想組織に対し、メンバーが日常的に顔を合わせて作業を行う実組織を「リアルチーム」と呼び、区別しています。 (2012/9/...
チームビルディング
同じ一つのゴールを目指し、複数のメンバーが個々の能力を最大限に発揮しつつ一丸となって進んでいく――そうした効果的な組織づくりや、チームをまとめる手法を「チームビルディング」といいます。コーチングやファシリテーションなどとともに、リーダーに求められるマネジメント能力の一つとして注目を集めています。 ...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」 第30回 「タレントマネジメント」の時代(前編) ~ポストHRM・HCへ。いま、多様な人材の適切な配置・活用が求められている
人事マネジメント「解体新書」 第30回 「タレントマネジメント」の時代(前編) ~ポストHRM・HCへ。いま、多様な人材の適切な配置・活用が求められている
2009/10/09掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」 第31回 「タレントマネジメント」の時代(後編) ~人材の“見える化”の仕掛けを工夫し、現場のマネジメントとリンクさせていく
人事マネジメント「解体新書」 第30回 「タレントマネジメント」の時代(前編) ~ポストHRM・HCへ。いま、多様な人材の適切な配置・活用が求められている
2009/10/19掲載人事マネジメント解体新書
人材紹介ビジネスを「取り巻く環境」
当面追い風が見込まれる人材業界だが、人材紹介会社には、個々の特徴を生かしつつ市場に合わせた柔軟な対応が求められている。業界の課題と今後の展望について分析した。
2016/08/31掲載よくわかる講座

関連するQ&A

職務給と役割給の違い
職務給と役割給の違いをできるだけわかりやすく解説してください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング 研修費ゼロの人材育成

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...