無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

企業の震災対応
~住宅確保策や融資、計画停電への労働時間面の対処~

3月11日に発生した東日本大震災は、大きな被害をもたらし、その後の計画停電なども含め、日本企業の事業活動に多大な影響を与えました。民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)への対応アンケート」を実施。今回はその中から、従業員に対する住宅確保策や融資、計画停電への労働時間面の対処について取り上げます。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。

【調査要領】

◎調査名:「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)への対応アンケート」

1. 調査対象:労務行政研究所ホームページ上で「労政時報クラブ」に登録いただいている民間企業から抽出した人事労務担当者5,574人

2. 調査時期:2011年3月28日~3月31日

3. 調査方法:WEB によるアンケート

4. 集計対象:405人(1社1名)。回答者の勤務する事業所は、東京都58.1%、大阪府9.2%、神奈川県7.2%、愛知県4.5%、千葉県・京都府各2.5%、静岡県2.2%、茨城県・埼玉県各2.0%で、これらの合計で9割を超える

震災による被害・影響

被害・影響を受けている企業は83%

まず、震災による各社の被害・影響を[図表1]の選択肢で回答いただきました(複数回答)。

これによると、「(4)事業活動に大きな影響はない」とする企業は16.8%で、逆にみると83.2%の企業が被害・影響を受けていました。

具体的には、「(3)停電やガソリン不足等により、間接的な影響を受けている」が63.2%、「(2)主要な仕入先・販売先が被災地にあり事業活動に影響を受けている」が52.3%、「(1)被災地に事業所があり、直接的な被害を受けた」が46.7%です。

規模別にみると、(1)~(3)とも規模の大きい企業ほど割合が高く、広域展開している企業ほど影響を受けていることがみてとれます。

【図表1】今回の震災による被害・影響(複数回答)
【図表1】今回の震災による被害・影響(複数回答)

[注]  「(5)その他」は、「自粛や消費控えによる減収」「外国籍従業員の帰国」など。

被災従業員に対する住宅の確保策

“取り扱い決定企業”の7割が自社所有社宅などの提供、賃貸住宅の紹介などを実施

被災従業員に対する住宅確保策についてうかがったところ、「(7)住宅の確保策の対象になるような被災従業員はいない」とする企業が62.8%と多く、その割合は規模が小さい企業ほど高くなっています。

一方、「(2)賃貸住宅の紹介、または借り上げ社宅の提供を行った(行う)」が11.3%、「(1)自社所有の社宅・寮を提供した(する)」が9.5%、「(3)ホテルなど民間の宿泊施設を用意した」が7.4%など、何らかの住宅確保策を講じる企業もあります。

これを、「(6)分からない・未定」「(7)住宅の確保策の対象になるような被災従業員はいない」を除く“取り扱い決定企業”でみると、「(2)賃 貸住宅の紹介、または借り上げ社宅の提供を行った(行う)」が38.4%、「(1)自社所有の社宅・寮を提供した(する)」が32.1%、「(3)ホテル など民間の宿泊施設を用意した」が25.0%と各2~3割台の企業が何らかの策を講じており、規模別にみると、1,000人以上の大企業でその割合が高く なっています。

【図表2】被災従業員に対する住宅確保策(複数回答)
【図表2】被災従業員に対する住宅確保策(複数回答)

[注]1.(1)自社所有の社宅・寮を提供した(する)」企業の「本人負担」は「なし」が42.9%、「一部あり」が28.6%、「分からない・未定」が25.7%など。2.「(2)賃貸住宅の紹介、または借り上げ社宅の提供を行った(行う)」企業の「敷金・礼金・保証金などの負担」は、「本人負担なし」が67.4%、「一部本人負担」が18.6%など。また、「家賃の負担」は、「一部本人負担」が58.5%、「本人負担なし」が22.0%など。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
ハイブリッドワーク
スーパーフレックスタイム制度
フレックスタイム制
ジタハラ
ノー残業デー
週休三日制
つながらない権利
労働時間貯蓄制度
プレミアムフライデー
過労死白書