企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シュウキュウミッカセイ 週休三日制

「週休三日制」とは、近年、大企業を中心に導入が増えている新しい休日制度で、一般に企業などが週三日の休日を設けることを言います。現時点では、まだ厳密な定義はなく、従来の「週休二日制」と「完全週休二日制」のような区別もされていません。厚生労働省の就労条件総合調査によると、2015年には、週三日以上の休みがある企業の比率が10年前の3倍にあたる8%となっています。柔軟な働き方に対する就労側のニーズと人材確保や生産性向上を目指す企業側のねらいが合致し、「週休三日制」への注目が高まっています。
(2017/2/10掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

週休三日制のケーススタディ

休日は増えても、仕事量は変わらず?
業務の効率化による生産性向上が普及のカギに

「週休三日制」という新しい働き方が最近、にわかに耳目を集めています。きっかけは2016年秋に、インターネット大手のヤフーが2017年4月からの制度導入を発表したこと。働き方改革が叫ばれる中、反響はひときわ大きく、今後の動向が注目されています。

これに先行して「週休三日制」を行っていた企業には「ケンタッキーフライドチキン」を運営する日本KFCホールディングスや、「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングなどがあります。 「時間限定社員」制度と称して、2016年度から「週休三日制」を導入しているのが日本KFC。時間限定社員として勤務する人の労働時間を週20時間に短縮し、週三日、希望する日に休めるようにしました。育児休業から復帰した女性など、社員の離職防止のメリットが期待されています。

一方、ファーストリテイリングは、15年10月から地域正社員約1万人を対象に「週休三日制」を導入。育児・介護との両立やプライベートの充実などを支援するのがねらいですが、日本KFCのケースと異なり、労働時間の短縮=給与の減少はありません。労働時間が平均して週40時間以下であればいい「変形労働時間制」をあわせて導入し、1日10時間×週四日(土日含む)の勤務としているため、通常のフルタイム勤務(1日8時間×週五日)と労働時間は変わらず、給与も同額が支給されるしくみです。ただし、1日の労働時間が8時間から10時間に伸びても、その分の残業代は発生しません。

今ではすっかり当たり前になった週休二日制を、松下電器産業(現パナソニック)の創業者、松下幸之助氏が1965年に日本で初めて導入したとき、労働組合さえも「そんなうまい話はない」と激しく反発したといいます。労働時間の短縮が仕事量の減少を招き、会社の業績に響くと懸念されたからです。しかし、幸之助氏の真のねらいは生産性の向上にあり、その判断の正しさは同社の飛躍的な成長によって証明されました。週休二日制がそうであったように、「週休三日制」の導入もまた日本人の働き方と企業経営のあり方の転換点になるのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

在宅勤務
事業主と雇用関係にある労働者が、情報通信ネットワークなどを活用して、労働時間の全部または一部について、自宅や自宅近くの小規模オフィスで仕事に従事する勤務形態のことを言います。
短時間正社員制度
正社員でありながら、一週間の所定労働時間がフルタイム勤務より短い雇用形態を短時間正社員といいます。これを制度化することで、従来は育児や介護などさまざまな事情から仕事を続けられなかった人や就業の機会を得られなかった人でも、個々のライフスタイルに応じた多様な働き方が実現できると期待されています。
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍を...

関連する記事

テレワーク導入時、67.5%の企業が「社内コミュニケーションやマネジメントへの支障」を懸念していたが、実際に「大きな問題になった」のは1.0%
テレワーク・リモートワークの導入にあたって、人事担当者はどのような懸念をどの程度、感じていたのだろうか。「強く懸念していた」と「やや懸念していた」を足した割合が多かったのは、「社内コミュニケーションやマネジメントへの支障」(67.5%)、「時間に対してルーズさ...
2018/08/06掲載人事白書 調査レポート
「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
新企業年金制度と企業をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/04/25掲載人事・労務実態調査
業績連動型賞与制度の最新実態
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、「業績連動型賞与制度」の最新動向を3年ぶりに調査しました。2000年代以降、導入企業が増えてきた同制度ですが、経済環境が変化する中で、見直す企業も少なくありません。今回はこの中から、導入状況、導入年、過去5...
2011/06/20掲載人事・労務実態調査

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]
従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

紀尾井カンファレンス ANAの研修力

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...