企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シュウキュウミッカセイ 週休三日制

「週休三日制」とは、近年、大企業を中心に導入が増えている新しい休日制度で、一般に企業などが週三日の休日を設けることを言います。現時点では、まだ厳密な定義はなく、従来の「週休二日制」と「完全週休二日制」のような区別もされていません。厚生労働省の就労条件総合調査によると、2015年には、週三日以上の休みがある企業の比率が10年前の3倍にあたる8%となっています。柔軟な働き方に対する就労側のニーズと人材確保や生産性向上を目指す企業側のねらいが合致し、「週休三日制」への注目が高まっています。
(2017/2/10掲載)

週休三日制のケーススタディ

休日は増えても、仕事量は変わらず?
業務の効率化による生産性向上が普及のカギに

「週休三日制」という新しい働き方が最近、にわかに耳目を集めています。きっかけは2016年秋に、インターネット大手のヤフーが2017年4月からの制度導入を発表したこと。働き方改革が叫ばれる中、反響はひときわ大きく、今後の動向が注目されています。

これに先行して「週休三日制」を行っていた企業には「ケンタッキーフライドチキン」を運営する日本KFCホールディングスや、「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングなどがあります。 「時間限定社員」制度と称して、2016年度から「週休三日制」を導入しているのが日本KFC。時間限定社員として勤務する人の労働時間を週20時間に短縮し、週三日、希望する日に休めるようにしました。育児休業から復帰した女性など、社員の離職防止のメリットが期待されています。

一方、ファーストリテイリングは、15年10月から地域正社員約1万人を対象に「週休三日制」を導入。育児・介護との両立やプライベートの充実などを支援するのがねらいですが、日本KFCのケースと異なり、労働時間の短縮=給与の減少はありません。労働時間が平均して週40時間以下であればいい「変形労働時間制」をあわせて導入し、1日10時間×週四日(土日含む)の勤務としているため、通常のフルタイム勤務(1日8時間×週五日)と労働時間は変わらず、給与も同額が支給されるしくみです。ただし、1日の労働時間が8時間から10時間に伸びても、その分の残業代は発生しません。

今ではすっかり当たり前になった週休二日制を、松下電器産業(現パナソニック)の創業者、松下幸之助氏が1965年に日本で初めて導入したとき、労働組合さえも「そんなうまい話はない」と激しく反発したといいます。労働時間の短縮が仕事量の減少を招き、会社の業績に響くと懸念されたからです。しかし、幸之助氏の真のねらいは生産性の向上にあり、その判断の正しさは同社の飛躍的な成長によって証明されました。週休二日制がそうであったように、「週休三日制」の導入もまた日本人の働き方と企業経営のあり方の転換点になるのでしょうか。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

短時間正社員制度
正社員でありながら、一週間の所定労働時間がフルタイム勤務より短い雇用形態を短時間正社員といいます。これを制度化することで、従来は育児や介護などさまざまな事情から仕事を続けられなかった人や就業の機会を得られなかった人でも、個々のライフスタイルに応じた多様な働き方が実現できると期待されています。
勤務間インターバル制度
インターバル(interval)とは、英語で「合間」や「休憩時間」のことを意味します。スポーツで、「インターバルを挟んでトレーニングをする」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、仕事の場面でも、ほぼ似たような意味で用いられています。つまり、勤務間インターバル制度とは、仕事と仕事の合間に一定時...
変形労働時間制
変形労働時間制とは、時期や季節によって仕事量の差が著しい場合、従業員の労働時間を弾力的に設定できる制度。一定の期間について、週当たりの平均労働時間が労働基準法に基づく40時間以内であれば、特定の日・週で法定労働時間を超えても(1日10時間、1週52時間を上限とする)、使用者は残業代を支払わずに労働...

関連する記事

テレワーク導入率は44.8%。ワーケーションなど多様化の兆しはこれから
『日本の人事部 人事白書2020』から、テレワークの導入・活用状況の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
2007年度労働時間総合調査――年間所定労働時間、休日日数など
労務行政研究所で毎年実施している「労働時間・休日・休暇等に関する実態調査」の2007年度の調査結果がまとまりました。本記事では2007年度の年間所定労働時間、休日日数の実態を中心に取り上げました。
2008/06/02掲載人事・労務実態調査
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

週休2日制について
完全週休2日制と週休2日制の違いの定義が知りたいです。
変形労働時間制について
1ヶ月の変形労働時間制と1年の変形労働時間制について、導入するにあたり、労務管理面で注意することを教えてください。 また、それ以外に変形労働時間制を導入できる月数(3カ月など)はありますか。 また、1ヶ月と1年変形のメリットとデメリットについても教えてください。
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...